スポンサーリンク

迷走したシティバンク個人部門ですが、来年10月に三井住友銀行に売却されることになりました。

スポンサーリンク

以下、時事通信 12月24日(水)17時0分配信分からの引用です。

 米金融大手シティグループは24日、日本法人のシティバンク銀行(東京)の個人部門を三井住友銀行に売却することで同行と最終合意した。関係者によると、売却額は450億円で、譲渡日は2015年10月1日。海外のシティの現金自動預払機(ATM)で現地通貨を引き出せるサービスについては、譲渡後も3年間、利用できるようにする。25日にも発表する。
 三井住友銀は、子会社のSMBC信託銀行(東京)をシティの個人部門の受け皿にする。さらに、グループのSMBC日興証券などと連携し、資産運用ビジネスを強化する。

カップがシティバンクを利用している理由は、海外のシティATMの利用目的ではありません。

海外ATMといえば、クレジットカードのキャッシングで利用するくらいですから。

まあ、キャッシングの話はまたの機会にして、カップがシティバンクを利用している理由は、CITIBANKダイナースクラブカードの引き落とし口座がシティバンクに限定されているからです。

CITIBANKダイナースクラブカードは、実質年会費永年無料になるカードなのですから、マイルdeチケットでもおススメしてきましたね。

でも、シティバンク個人部門が三井住友銀行に売却後、カードがいつまで現在のサービスのまま継続するかは、わかりません。

それでも、例えば、今年の1~3月にダイナースクラブカードを発行してカードを継続するかどうか悩んでいる方にとっては使いようがあるのではないでしょうか。

シティバンク ダイナースクラブカード オンライン入会申し込み のページは生きていますし、ダイナースクラブカードからCITIBANKダイナースクラブカードの切替も継続中です。

要は、来年10月にシティ個人部門が三井住友銀行に売却されることが決まったからと言って今すぐCITIBANKダイナースクラブカードなくなるというわけではありません。

先のことについては、現在まだ決まっていないのですから。

カップのCITIBANKダイナースクラブカードは毎年6月更新です。

少なくともあと一回は更新するつもりですので、年会費無料となる条件である年間30万円以上の決済額はクリアするつもりです。

ちなみに、ダイナースクラブカードからCITIBANKダイナースクラブカード切替の場合、初年度年会費無料の条件は、切替後3カ月以内に10万円以上のカード利用ですから、ダイナースクラブカードを1年以内に解約するつもりだけど、ホントはもう少し継続したいと言う方には、まだまだおススメなカードですよ。
 カテゴリ