スポンサーリンク

今年の重大ニュースの一つと言えば、UAマイレージプラス特典航空券必要マイル数の大改悪。

自称UA陸マイラーのカップも大ショックでした。

もともとマイレージプラスと言えば、数年前までは、バンコクなどの東南アジア往復航空券がエコノミークラス20,000マイル、ビジネスクラス30,000マイルで発券できるマイレージプログラムでした。

しかし、現在では、

スポンサーリンク

マイレージプラス必要マイル数

上記、青で表示されている地域(出発地の日本を除く)は、マイレージプラスでは、南アジアに区分されていますが、日本からの出発の特典航空券で必要マイル数は、

マイレージプラス特典航空券必要マイル数

一覧の通り、セーバー特典で往復航空券を発券すると、エコノミークラスで45,000マイル必要です。

サーチャージ不要とはいえ、2014年1月以前は、30,000マイルで発券できたのに残念ですね。

例えば、ANAマイレージプラスでタイ航空バンコク往復エコノミークラス特典航空券を発券するには、38,000マイル必要です。(別途サーチャージが必要です。)

一般には、サーチャージ代と差額7,000マイルの比較が必要になるところですが、もっと良い方法があるのです。

それは、例えば下記旅程を選択してみましょう。なんと40,000マイルで発券できます。

バンコク往復航空券の必要マイル数は40,000マイル

何かのキャンペーンですかね?

マイレージプラスのニュース&キャンペーンのページを見てもちょっと分かりませんでした。

でも、実際に40,000マイル(ビジネスクラスは70,000マイル)で発券できるので、マイルdeチケットの読者様へ情報提供です。

利用者にとって良いニュースなわけですからもう少し広く広報して欲しいと思います。

苦労して貯めたマイル、少しでもお得に利用したいですから。

カップが調査したところ、とりあえず2015年3月までの旅程なら40,000マイルで発券できそうです。

いずれにしても良いチャンスですから、東南アジアへの旅行を考えている方は、マイレージプラスのご利用をご検討ください。

スポンサーリンク



飛行機旅行格安・身近に|ハピタスからのソラチカルートでライフチェンジング

4月は札幌に遊びに行きました。学生時代の友人に会って、飲むだけのために・・・。そして5月は沖縄に遊びに行きます。主たる目的は日頃の仕事のストレスから解放されて、リゾート気分を味わうこと。友人と二人で行きますのでいつもの節約旅行ではありません。マリオットオキナワリゾート&スパとダブルツリーヒルトンに宿泊して全力でリラックスすることを目的としています。一介のサラリーマンが毎月のように旅行しているのって...

初心者だからできるANAマイル錬金術で国際線ビジネスクラスに乗る方法

ANAマイレージクラブで国際線ビジネスクラスに搭乗するには何マイル必要でしょうか。 直行便で考えると、 東南アジアなら55,000マイル~63,000マイル 北米なら75,000マイル~90,000マイル 欧州なら80,000マイル~95,000マイル シーズンによって必要マイル数が異なります。 でも、とりあえず10万マイルあれば、好きなところに行けると思いませんか? 本日は、初心に...

 カテゴリ
 タグ
UA