スポンサーリンク

陸マイラー人気No.1ポイントサイト

ハピタス

今日もお手軽に大量ポイント獲得できる案件があります。

その内容とは、

スポンサーリンク

「保険の選択」の無料保険コンサルティングを受けるだけで10,000pt獲得できるのです。

ハピタス登録はこちらから
保険の無料相談で1万円獲得

ハピタス10,000ptは、ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)をお持ちの方なら、

ハピタス→PeX→東京メトロポイント→ANAマイレージ

のルートででANA9,000マイルに交換することができます。

保険の無料相談を受けるだけで、ANA9,000マイル獲得できるなんてお得ですよね。

保険の無料相談はカップも受けたことがありますが、決して押し売り的な雰囲気ではありませんでした。

数社の相談を過去に受けていますが、新たな保険加入を断っても嫌な顔をされることはありませんでしたよ。

でも、ほとんどの会社が最初の面談だけでなく二回目の面談を求めてきました。

最初の面談では、個人データやライフスタイルに対する考えなどを聞かれたりしました。

そして、二回目の面談でプランを提示されるということが多かったです。

カップのおススメは、ポイント目的に面談だけ受けて断るのではなく、最初の面談で陸マイラーらしく、クレジットカードの利用額を増やすプランを考えてもらうことです。

別に陸マイラーをアピールするってことではありませんよ。

でも、積立保険で、

① 保険料をクレジットカード払いできる。

② 解約返戻金が100%になるまでの期間をできるだけ短くする。

の2点を押さえたプランを紹介してもらうのです。

数年間待てば、クレカ払いした保険料が戻ってくるのなら、実質カード利用のポイントを配当として受け取るってことになるじゃないですか。

途中で解約しなくても考え方としては、同じです。

ちょうど、三井住友海上様のウェブページに分かりやすいイメージ図がありましたので転載しますね。

積立年金保険

上記の例だと40歳から60歳までに480万円を預けて、60歳以降、65歳到達までの間、約23万円の利子をつけて返してもらうという感じです。

その間、480万円をクレカ払いしているとするなら、例えば100円で2マイル貯めることができるマイレージプラスMUFGカードゴールドプレステージVISA利用なら、96,000マイル稼げるということですね。

カップが、解約返戻金が100%となる期間ができるだけ短くと条件を述べたのは、一時払いをして、例えば7年ほどで解約して100%戻る保険があるのなら、クレジットカードの入会キャンペーンと組み合わせると爆発的にマイルを貯められるのではと考えているからです。

クレジットカードの利用額を増やす裏技として皆さまもメモしておいてくださいね。

例えば、ANAアメリカンエキスプレスゴールドカード。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

入会後3カ月以内に50万円のカード利用をすると、ANA30,000マイルを貯めることができます。

でも、3カ月で50万円なんて、なかなかハードルが高いですが、例えば、一時払いの保険の保険料をカード払いするといった技を使えばANAアメリカン・エキスプレス・カードの入会キャンペーンもグっと身近に感じられますよね。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ハピタスへの登録がまだの方は上記バナーからお願いします。

ちなみにANAアメリカン・エキスプレス・カードもハピタス経由でつくるとハピタス11,000pt獲得できます。

そして、ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)の発行でも5,500pt獲得できます。

ということは、ハピタスで保険の選択とANAアメックスとソラチカカードの案件をこなして、50万円をカード払いできる保険に加入すると、

保険の無料相談でハピタス10,000pt

ANAアメックス発行でハピタス11,000pt

ソラチカカード発行でハピタス5,500pt

ハピタス合計26,500pは、ソラチカカードの交換ルート利用でANA23,850マイルになります。

そして、

ANAアメックス発行&50万円利用でANA30,000マイル

ソラチカカード入会キャンペーンで最大ANA7,000マイル獲得。

全部合わせてANA60,850マイル。

ポイントサイトとクレジットカードの入会キャンペーンに保険の無料相談を加えると、いつの間にかANA陸マイラーデビューにおススメプランになっていました。


 カテゴリ
 タグ