スポンサーリンク

昨日に続いてダイナースグローバルマイレージの情報です。

本日は注意事項についてお知らせします。

スポンサーリンク

注意事項】
※ ポイントからマイルへの移行の有無に関わらず年間参加料が毎年必要です(ただし、ダイナースクラブ プレミアムカード会員様は無料。また、コーポレートカードはご契約企業様とのお取り決めにより別途年間参加料をご案内しております)。
※ 年間参加料は、参加登録日を基準として一年ごとに請求させていただきます。なお、退会のお申し出がない限り毎年自動更新となります。
※ カード種別やカード番号が変わられた場合は、再度ダイナースグローバルマイレージの入会手続きが必要です。
※ ANAマイレージクラブ(全日空)には年間(12月21日~翌年12月20日)80,000ポイント(=80,000マイル)までの移行制限があります。12月16日~20日のお申し込みにつきましては、次期間のマイル移行となる場合がありますのであらかじめご了承ください。
※ マイル移行のお申し込み後、これをキャンセルしてポイントにお戻しすることはできません。
※ ダイナースグローバルマイレージにご登録のご本人様以外へのマイル移行は承れませんので、あらかじめご了承ください。
※ 本サービスを通じてポイントをマイルに移行するには、都度の移行手続きが必要です(自動移行制ではありません)。
※ お客様ご自身がご加入されていないマイレージサービスには移行できません。各マイレ-ジサービスに関するご質問や積算マイル数のご照会、および特典航空券などの特典のお申し込みは、各マイレージサービス主催の航空会社へ直接お問い合わせください。
※ ホテルへのポイント移行につきましてはダイナースグローバルマイレージ参加料はかかりません。
※ 以前ダイナースグローバルマイレージに入会しており、再度入会もしくはエラーで進めない場合はコールセンターにご連絡ください。0120-074-024

注目すべきは、「ホテルへのポイント移行につきましてはダイナースグローバルマイレージ参加料はかかりません。」 でしょうか。

でも、ホテルへのポイント移行は、spgが含まれていません。

これまで通りグローバルマイレージとは別に交換は可能ですが、レートが1,000ptでないのは惜しいですね。

もちろんspgスターポイントに等価交換できるということは、spg経由でマイレージに交換するときにつくボーナスを考慮すると、20,000pt→25,000マイルになるわけですから、実現は難しいでしょうね。

いずれにしても、シティオンラインの中だけで案内されている新生グローバルマイレージ。

何かの間違いでしたということにならないと良いのですけど。

本当に新しく更新されたのならグローバルマイレージのページでも案内してくれるとおもうのですが・・・。

ダイナースクラブカードは以前、ウェブサイトでのカード申込が相当期間できなくなったりしていたこともあったので心配です。

今の時代、調べ物はネットが基本。ウェブ担当チームの強化を望みます。
(少なくとも、シティカードオンラインの内容と整合性ととるくらいの配慮は欲しいですね。)

ちなみに当ブログでは詳細は触れませんが、ポイント商品もいろいろリニューアルされているようです。

ダイナースクラブカード

マイレージにしか興味がないので仕方ありませんね(^^ゞ
 カテゴリ