スポンサーリンク

シティバンクCITI GOLDってご存知ですか?

スポンサーリンク

月間平均総取引高1,000万円以上ある方が電話や窓口で申込できるようです。

カップは、CITI GOLDのステイタスがありますが、確か口座開設後3カ月の平均取引量でボーナスがもらえるキャンペーンの時に自動的に申込がされました。

当時は、3カ月間の平均取引量(残高)で手続き不要でGOLDのステイタスを得ることができました。
(今も同じかもしれません。すみません、未確認です。)

でも、CITI GOLDを維持するには裏技があります。

裏技ということでもないですが、一度CITI GOLDになりますと、平均取引高が1,000万円に満たなくても簡単には、ダウングレードしません。

噂では、一度警告の連絡が来るようですから、そのとき慌てて対策しても間に合うかもしれません。

さて、本日の話題はCITI GOLDの特典を一つご紹介します。

それは、各種手数料が優遇されること。

カップが最近受けた優遇措置は、外貨現金の取扱手数料を優遇です。

具体的には、来月行くジャカルタのビザ手数料35ドルをシティバンクから引き出しました。 

シティバンクを含む多くの銀行では、ドル預金を米ドルとして引き出す時に手数料が必要です。

例えば、1ドルにつき2円。35ドルですと70円必要です。

しかしCITI GOLDですとその手数料が無料です。

35ドルではあまりメリットを感じませんが、例えば海外旅行へ行く際に500ドルくらい小遣を持っていくと1,000円お得です。

渡航先がアジア各国であっても100ドル札の両替レートはなかなかGoodだと思います。

シティバンクに口座をつくった副産物ですが、なかなか重宝していますよ。

スポンサーリンク



飛行機旅行格安・身近に|ハピタスからのソラチカルートでライフチェンジング

4月は札幌に遊びに行きました。学生時代の友人に会って、飲むだけのために・・・。そして5月は沖縄に遊びに行きます。主たる目的は日頃の仕事のストレスから解放されて、リゾート気分を味わうこと。友人と二人で行きますのでいつもの節約旅行ではありません。マリオットオキナワリゾート&スパとダブルツリーヒルトンに宿泊して全力でリラックスすることを目的としています。一介のサラリーマンが毎月のように旅行しているのって...

初心者だからできるANAマイル錬金術で国際線ビジネスクラスに乗る方法

ANAマイレージクラブで国際線ビジネスクラスに搭乗するには何マイル必要でしょうか。 直行便で考えると、 東南アジアなら55,000マイル~63,000マイル 北米なら75,000マイル~90,000マイル 欧州なら80,000マイル~95,000マイル シーズンによって必要マイル数が異なります。 でも、とりあえず10万マイルあれば、好きなところに行けると思いませんか? 本日は、初心に...

 カテゴリ
 タグ