スポンサーリンク

陸マイラーならANAマイレージがお得!

もちろんANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)を使ったポイント交換のレートがエグイからです。

東京メトロポイントとANAマイレージの交換比率が10:9なんて、すごくお得ですよね。

でも、マイレージを使った錬金術ってこれだけじゃないんです。

スポンサーリンク

錬金術とは何か?


そもそも、錬金術ってなんでしょうか。

錬金術の定義は、最も狭義には、化学的手段を用いて卑金属から貴金属(特に金)を精錬しようとする試みのことを言うことでしょうが、ANA陸マイラーにとっての錬金術はもう少し広義で考えます。

すなわち、「利殖」を目的とするイメージですね。

10万円分のポイントをANA9万マイルに交換できるのなら、これはもう錬金術と言っても良いのではないでしょうか。

なぜならANA9万マイルあれば、135,000円の価値がある135,000スカイコインに交換することができるからです。元の10万円分のポイントを35%増の利殖に成功したようなものですよね。

ポイントはメトロポイントからANAマイルへの交換? or ANAマイルからの交換?


ソラチカカードを使った交換ルートでは、前者の東京メトロポイント→ANAマイルの交換比率が注目されます。

これまで、10:6程度だった交換比率が10:9と1.5倍に跳ね上がったのですから無理はありません。

しかし、本当に注目するところは、マイルからの交換なんですよね。

なぜならANAマイルの交換先が楽天Edyなどですと、結局10万円分のポイントが楽天Edy9万円分と目減りしてしまうわけですから。

高い割合でANAマイルに交換できても、マイルの使い方に失敗すると結局、損をしてしまいます。

ポイントは、マイレージへの交換ルートというよりもマイレージからの交換が大事であるということが分かっていただけたと思います。

1マイルの価値を高めるマイルの使い方


そこでマイラーにとっての課題は、どのように1マイルの価値を高めて利用するかということになります。

カップは、国際線ファーストクラス、ビジネスクラスの利用がお得だと考えています。

参考までに9月にカップが利用するJALファーストクラスのジャカルタ往復は、サーチャージ等を除くと875,000円ほど必要らしいです。

それがたったのJAL8万マイルで利用できるのですからお得ですよね。

カップは、3年前にJAL8万マイルを50,000円分のポイントと、40,950円の交換手数料と実質13,000円のクレジットカード年会費で手に入れました。

合計103,950円の負担で875,000円の航空券を取得したことになります。

ソラチカカードを超える錬金術といえるのではないでしょうか。

特典航空券でも取りやすいJALジャカルタ線ファーストクラス


このような芸当ができたのも、JALジャカルタ線のファーストクラスの取りやすさです。

お得な航空券といえば、かつてUAマイレージプラスで、ニュージーランド、フィジー、タイと3カ国周遊したこともありますが、正直、限られた日程で特典航空券を取ることは困難です。(フライトスケジュールの変更でオークランドの滞在時間が24時間超になりましたので3カ国周遊とさせていただいています。)

それに比べJALのジャカルタ線はファーストクラスでも、とっても取りやすいです。

必要マイル数も少ないですから、頑張ればペアでファーストクラス旅行というのも夢ではないかもしれませんよ。

マイレージを使った錬金術、あなたもチャレンジしてみませんか?
 カテゴリ