スポンサーリンク

昨日紹介しました デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス(R)・カードの入会キャンペーン の条件、皆さま覚えていらっしゃいますか?

通常の入会条件よりもマイルプレゼントが100%増量される条件は、

スポンサーリンク

「対象ページから入会すること」 です。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード入会キャンペーン

これの何が面白いかというと、少し前に、次のような記事を書いたからです。

スカイトラベラーカードの入会キャンペーンのワナに気をつけろ!

リンク先を見てくださった方は分かると思いますが、マイル増量のコピーは「今ならさらに」というものですね。

上の記事を公開したときは、ハピタスやライフマイルを経由してスカイトラベラーカードを申し込むと、カードの入会キャンペーンの対象とならなかったので、アメリカンエキスプレスに対して批判的に書いてみました。

そして、ポイントサイトとカードの両方のキャンペーンを併用できるサイトとして、

スカイトラベラーカードの裏口入会はココがお得!

という記事でA8.netのセルフバックをおススメしました。

また、

カード発行だけで35,000マイル、更に14,280円分以上のポイントが!

では、同じくキャンペーン併用可能なポイントタウンを紹介しました。

でも、別にカップが、ポイントサイトとカードのキャンペーン併用ができなかったことを批判したことが理由となったわけではないと思いますけど、スカイトラベラーカードの入会キャンペーンのワナに気をつけろ! の記事を書いた翌週には、ハピタスやライフマイルから申し込んでもキャンペーンの併用が可となっていました。

キャンペーンの併用が可能かどうかということへ、カードを申し込むページが入会ポイント増量のキャンペーンの内容が書いてあるかどうかで判断しています。

実際、カードデスクで確認すると、「その通りです。」と回答を得られました。

そのときに、多くのウェブサイトでカードの増量キャンペーンを紹介しているので、誤解して、あとでがっかりする申込者がたくさん出ると思いますよと軽く意見しておきました。

他のお客様からも同様の意見があったのか、アメリカンエキスプレスがカップの意見を聞いてくれたのかは分かりませんが、今回のデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードの入会キャンペーン条件は、非常に分かりやすくなっています。

だって、

「本ウェブサイト限定ご入会ボーナス」

ですから(^u^)

一応、今回のデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードのキャンペーンでは多くのポイントサイトでキャンペーン併用可となっていますが、カップがサイドバーで紹介しているポイントサイトの中では、ライフマイルが14,000円分のポイント獲得でお得でした。

クレジットカード案件にはめっぽう強いライフマイル。

まだ登録されていない方は是非上記バナーから、ご登録ください。

昨日の記事でハピタスから入会された方、ごめんなさい。複数のポイントサイトのチェックをしたのが本日だったのです。

でも、ハピタスの12,000ptも充分お得だと思いますよ。

※ライフマイルは終了しました。

スポンサーリンク



飛行機旅行格安・身近に|ハピタスからのソラチカルートでライフチェンジング

4月は札幌に遊びに行きました。学生時代の友人に会って、飲むだけのために・・・。そして5月は沖縄に遊びに行きます。主たる目的は日頃の仕事のストレスから解放されて、リゾート気分を味わうこと。友人と二人で行きますのでいつもの節約旅行ではありません。マリオットオキナワリゾート&スパとダブルツリーヒルトンに宿泊して全力でリラックスすることを目的としています。一介のサラリーマンが毎月のように旅行しているのって...

初心者だからできるANAマイル錬金術で国際線ビジネスクラスに乗る方法

ANAマイレージクラブで国際線ビジネスクラスに搭乗するには何マイル必要でしょうか。 直行便で考えると、 東南アジアなら55,000マイル~63,000マイル 北米なら75,000マイル~90,000マイル 欧州なら80,000マイル~95,000マイル シーズンによって必要マイル数が異なります。 でも、とりあえず10万マイルあれば、好きなところに行けると思いませんか? 本日は、初心に...

 カテゴリ
 タグ