スポンサーリンク

陸マイラーにとってクレジットカードのポイント還元率は重要な問題です。
カップは現在、楽Pay登録で100円あたり2マイル獲得できるマイレージプラスMUFGゴールドプレステージVISAをメインカードとして利用しています。
しかし、今夜はその還元率を超えるクレジットカードの利用方法を紹介します。

スポンサーリンク

DCカードJizile(ジザイル)でポイントを貯める


リボ専用カードでポイント2倍と一世を風靡したDCカードジザイル。
長い間新規入会受付停止となっていました(よね?)が現在入会キャンペーンを実施しています。
しかも、1,000円利用でDCハッピープレゼント3P獲得できるカードとしてグレードアップして帰ってきました。

DCカードジザイルはポイント3倍、これはすごい。

MUFGカードプラチナアメリカンエキスプレスカードのグローバルポイントに交換


そして、このDCハッピープレゼントは100PごとにMUFGプラチナアメリカンエキスプレスカードのグローバルポイントに交換することができます。

例えば、DCカードジザイルで100万円利用して得た3,000PをMUFGカードプラチナアメリカンエキスプレスカードのグローバルポイント3,000Pに等価交換することができます。

MUFGカードプラチナアメリカンエキスプレスカードのマイレージプログラム


MUFGカードプラチナアメリカンエキスプレスカードは、グローバルポイントを下記4つのマイレージプログラムに1Pあたり8マイルに交換することができます。

JALマイレージバンク
シンガポール航空クリスフライヤー
デルタ航空スカイマイル
大韓航空スカイパス


つまり、DCカードジザイルで100万円利用して得た3,000Pを、24,000マイルに交換できるということです。
100円あたり2.4マイルの還元率を実現させることができました。

MUFGカードプラチナアメリカンエキスプレスカードのマイレージプログラムのコストに注意


ただし、コストは高くつきますので注意が必要です。
DCカードジザイルは年会費無料と問題はありませんが、MUFGカードプラチナアメリカンエキスプレスカードは年会費21,000円必要です。
また、ポイントをマイレージに交換するためには、参加年会費3,150円のほか、1回あたりの移行手数料6,300円が必要です。

しかも、クリスフライヤー以外には1回あたりの移行手続きに上限があります。
一番厳しいのがJALの1,900Pです。

例えば、3,000PをJALマイレージに交換すると、
参加年会費3,150円
移行手数料2回分12,600円
の合計15,750円必要です。

DCハッピープレゼント→MUFGグローバルポイント→JALマイレージの交換ルートはカップも数年前利用していましたが、コストが高いので現在はMUFGカードプラチナアメリカンエキスプレスカードは解約済みです。
(当時は一度に8回分程度のポイント交換しましたので、3,150+6,300×8≒53,550円使いました。)
参考記事:衝撃:ANAマイラーに超お得!!

興味のある方は費用対効果を考慮した上で利用してくださいね。

スポンサーリンク



飛行機旅行格安・身近に|ハピタスからのソラチカルートでライフチェンジング

4月は札幌に遊びに行きました。学生時代の友人に会って、飲むだけのために・・・。そして5月は沖縄に遊びに行きます。主たる目的は日頃の仕事のストレスから解放されて、リゾート気分を味わうこと。友人と二人で行きますのでいつもの節約旅行ではありません。マリオットオキナワリゾート&スパとダブルツリーヒルトンに宿泊して全力でリラックスすることを目的としています。一介のサラリーマンが毎月のように旅行しているのって...

初心者だからできるANAマイル錬金術で国際線ビジネスクラスに乗る方法

ANAマイレージクラブで国際線ビジネスクラスに搭乗するには何マイル必要でしょうか。 直行便で考えると、 東南アジアなら55,000マイル~63,000マイル 北米なら75,000マイル~90,000マイル 欧州なら80,000マイル~95,000マイル シーズンによって必要マイル数が異なります。 でも、とりあえず10万マイルあれば、好きなところに行けると思いませんか? 本日は、初心に...