スポンサーリンク

陸マイラーにとってクレジットカードのポイント還元率は重要な問題です。
カップは現在、楽Pay登録で100円あたり2マイル獲得できるマイレージプラスMUFGゴールドプレステージVISAをメインカードとして利用しています。
しかし、今夜はその還元率を超えるクレジットカードの利用方法を紹介します。

スポンサーリンク

DCカードJizile(ジザイル)でポイントを貯める


リボ専用カードでポイント2倍と一世を風靡したDCカードジザイル。
長い間新規入会受付停止となっていました(よね?)が現在入会キャンペーンを実施しています。
しかも、1,000円利用でDCハッピープレゼント3P獲得できるカードとしてグレードアップして帰ってきました。

DCカードジザイルはポイント3倍、これはすごい。

MUFGカードプラチナアメリカンエキスプレスカードのグローバルポイントに交換


そして、このDCハッピープレゼントは100PごとにMUFGプラチナアメリカンエキスプレスカードのグローバルポイントに交換することができます。

例えば、DCカードジザイルで100万円利用して得た3,000PをMUFGカードプラチナアメリカンエキスプレスカードのグローバルポイント3,000Pに等価交換することができます。

MUFGカードプラチナアメリカンエキスプレスカードのマイレージプログラム


MUFGカードプラチナアメリカンエキスプレスカードは、グローバルポイントを下記4つのマイレージプログラムに1Pあたり8マイルに交換することができます。

JALマイレージバンク
シンガポール航空クリスフライヤー
デルタ航空スカイマイル
大韓航空スカイパス


つまり、DCカードジザイルで100万円利用して得た3,000Pを、24,000マイルに交換できるということです。
100円あたり2.4マイルの還元率を実現させることができました。

MUFGカードプラチナアメリカンエキスプレスカードのマイレージプログラムのコストに注意


ただし、コストは高くつきますので注意が必要です。
DCカードジザイルは年会費無料と問題はありませんが、MUFGカードプラチナアメリカンエキスプレスカードは年会費21,000円必要です。
また、ポイントをマイレージに交換するためには、参加年会費3,150円のほか、1回あたりの移行手数料6,300円が必要です。

しかも、クリスフライヤー以外には1回あたりの移行手続きに上限があります。
一番厳しいのがJALの1,900Pです。

例えば、3,000PをJALマイレージに交換すると、
参加年会費3,150円
移行手数料2回分12,600円
の合計15,750円必要です。

DCハッピープレゼント→MUFGグローバルポイント→JALマイレージの交換ルートはカップも数年前利用していましたが、コストが高いので現在はMUFGカードプラチナアメリカンエキスプレスカードは解約済みです。
(当時は一度に8回分程度のポイント交換しましたので、3,150+6,300×8≒53,550円使いました。)
参考記事:衝撃:ANAマイラーに超お得!!

興味のある方は費用対効果を考慮した上で利用してくださいね。