スポンサーリンク

ANA HD傘下のLCC、エアアジア・ジャパンの新ブランドは「バニラ・エア」となります。
成田空港中心のリゾート路線に特化して国際路線を充実させる方針のようです。

バニラ・エアは11月上旬に航空券の販売を始め、12月下旬に運航を開始する予定です。

さて、何かと話題のLCCですが、本日は、LCCを上手に活用する方法について考えてみます。 

スポンサーリンク

メルマガ登録でキャンペーンを見逃さない。


LCCといえどもいつでも安いというわけではありません。やはりお得なチケットを目指すならキャンペーン情報にアンテナを張り巡らしましょう。
細かくサイトをチェックするよりもおススメなのは、メールマガジンの登録です。
お得な情報が配信されますので見逃すことがないですよ。

荷物は必要最小限


せっかく安くチケットを購入しても追加料金がいろいろかかって思ったよりお得でなかったという話をよく聞きます。
LCCに搭乗するなら各会社の規則を確認して追加料金のかからないように荷物はなるべく持たない(もしくは減らす)ように心掛けましょう。

遅れや空港の遠さというデメリットを割り切って受け入れる


LCCに限らず安いものには理由があります。
LCCは、飛行機をフル稼働させているため、故障や遅延に対する代替機がないことが多いです。
また、LCCが使用する空港は、都市から離れている小さな空港であることがあり、アクセスに不便を感じることがあります。
そういうことがあるから料金が安いと割り切って不測なことが起きても慌てず事態を受け入れることを心掛けましょう。

デメリットを補うクレジットカードを持つ


最後はマイルdeチケットが得意とするクレジットカード情報です。
LCCを愛用される皆さまにこそ持っていただきたいクレジットカードというものがあります。
ポイントは、
① プライのオリティパスの発行が可能
② 航空機遅延補償付帯

の2点に着目します。

①はもちろん、せめて空港内では寛いで過ごしましょうという提案です。LCCといえどもプライオリティパスで入室可能なラウンジのある空港を利用しているケースは多いです。
②はLCC利用者には抜群の威力を発揮するかもしれませんね。航空便の遅延により臨時に出費したご宿泊料金やお食事代を補償してくれるサービスです。

LCCのデメリットはクレジットカードである程度カバーできます。皆さまもLCCとクレジットカードでお得に賢く旅行を楽しんでください。
 カテゴリ
 タグ
LCC