スポンサーリンク

年3~4回のアジアへの海外旅行を楽しむ方にとってデルタスカイマイルアメリカンエキスプレスゴールドカードは最高のパートナーとなっているようです。

本日は、【事例研究】アジア番長Kさんのデルタスカイマイルアメリカンエキスプレスゴールドカード で紹介したKさんのその後の旅行ライフを聞いてみました。

その内容とは、マイレージランキングをチェック

スポンサーリンク

デルタスカイマイルアメリカンエキスプレスゴールドカードのメリット


カード利用の目的は節約にあらず、愉しみを増やすこと


「デルタスカイマイルアメリカンエキスプレスゴールドカード?相変わらず愛用しているよ。デルタ航空なんてほとんど乗らないけどね。」

確かチャイナエアラインやコリアンエアーを利用することが多いといってましたね。

「最近は、チャイナエアラインで行くことが多いかな。ちょっと奮発してビジネスクラスを利用しているよ。」

ビジネスクラスですか、なかなか良い生活をしていますね。
スカイマイルで発券したチケットなのでしょうか?

「いやいや、きちんと購入しているよ。でもチャイナエアラインのバンコク往きビジネスクラスは、今ならサーチャージ込で10万円で購入できるんだぜ。」

ビジネスクラスなのに10万円ですか、なかなかお得なチケットですね。

「実は、チャイナエアラインのエコノミークラスは6万円で購入できるんだけど、マイルの積算率が50%でさ、ゴールドメダリオンのボーナスマイルを加えても合わせて100%加算なんだ。大体6000マイル足らず貯まるから悪くないんだけどな。でも、ビジネスクラスだと、積算率125%、ボーナスマイルと合わせると225%で約13,000マイルも貯まるんだよ。」

ショッピングマイルなどと合わせればそれだけで韓国へ行けちゃいますね。

「うん、実際はタイへ2回ビジネスクラスで行って、特典航空券でフィリピンに行くっていうパターンかな。タイではゴルフ、フィリピンではダイビングを楽しんでるよ。このカードを持って逆に出費は増えたけど、コスト以上に楽しみも得ているから良かったと思うよ。」

なるほど、節約のためというよりも楽しみを増やすためにマイレージやクレジットカードを利用しているのですね。なんとなくカップの価値観に似ているなと思いました。
これからもデルタスカイマイルアメリカンエキスプレスゴールドカードをうまく使いこなして休暇を楽しめるといいですね。

スポンサーリンク



飛行機旅行格安・身近に|ハピタスからのソラチカルートでライフチェンジング

4月は札幌に遊びに行きました。学生時代の友人に会って、飲むだけのために・・・。そして5月は沖縄に遊びに行きます。主たる目的は日頃の仕事のストレスから解放されて、リゾート気分を味わうこと。友人と二人で行きますのでいつもの節約旅行ではありません。マリオットオキナワリゾート&スパとダブルツリーヒルトンに宿泊して全力でリラックスすることを目的としています。一介のサラリーマンが毎月のように旅行しているのって...

初心者だからできるANAマイル錬金術で国際線ビジネスクラスに乗る方法

ANAマイレージクラブで国際線ビジネスクラスに搭乗するには何マイル必要でしょうか。 直行便で考えると、 東南アジアなら55,000マイル~63,000マイル 北米なら75,000マイル~90,000マイル 欧州なら80,000マイル~95,000マイル シーズンによって必要マイル数が異なります。 でも、とりあえず10万マイルあれば、好きなところに行けると思いませんか? 本日は、初心に...