スポンサーリンク

ヒルトンアメックス

アメリカンエキスプレスとヒルトンホテルの提携カードが新しく誕生しました。以下の2種類があります。

  • ヒルトン・オナーズアメリカン・エキスプレスR・カード

  • ヒルトン・オナーズアメリカン・エキスプレスR・プレミアム・カード

ヒルトンホテルの会員ステータスを求める方には魅力のあるカードです。

ヒルトン・オナーズアメリカン・エキスプレスR・プレミアム・カードが上位クラスのカードになり、ヒルトンのダイヤモンドステータス獲得の為の抜け道が用意されています。

スポンサーリンク

ヒルトン・アメックの詳細


それでは、2つのカードのスペックについて説明します。

ヒルトン・オナーズアメリカン・エキスプレスR・カード


年会費

基本カード 16,500円(税込)

家族カード1枚無料、2枚目以降 1枚6,600円(税込)

ポイント還元

日々の利用で100円につき2ポイント
ヒルトンでの利用で100円につき3ポイント

特典

ヒルトン・オナーズ・ゴールドステータスを付与

カード更新時、ウィークエンド無料宿泊特典1泊分プレゼント
※カード利用額150万以上の条件あり

ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパンの年会費25000円が10000円に割引

ヒルトン・オナーズアメリカン・エキスプレスR・プレミアム・カード


年会費

基本カード 66,000円(税込)

家族カード3枚無料、4枚目以降 1枚13,200円(税込)

ポイント還元

日々の利用で100円につき3ポイント
ヒルトンでの利用で100円につき7ポイント

特典

ヒルトン・オナーズ・ゴールドステータスを標準付与、カード利用額200万円以上でダイヤモンドステータス付与

カード更新時、ウィークエンド無料宿泊特典崔ぢあ2泊分プレゼント
※1泊目は標準装備、2泊目カード利用額350万以上の条件あり

ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパンの年会費が初年度無料


ヒルトン・アメックスの落とし穴


ヒルトンアメックスの是非は、結局のところカードの利用額とヒルトンを年に何回利用したらお得かということにつきます。損益分岐点をどこに持ってくるかは、他のカードとの兼ね合いもありますので、人によって価値観が異なるのでしょうが・・・


ヒルトン・オナーズアメリカン・エキスプレスR・カード


ヒルトンアメックスについては、カード利用額年間150万円以上で元が取れます。

それは、カード更新時ウイークエンド無料宿泊特典1泊分を受けられるからです。

週末にヒルトンの宿泊費っていくらかご存知ですか?

ほとんどのヒルトンで年会費相当額16,500円以上します。沖縄のリゾートに宿泊するなら倍の33,000円以上するのではないでしょうか。1回の更新で初年度年会費と併せて元をとることができます。

しかも、ヒルトンゴールドステータスの待遇で宿泊できますので、朝食無料・レイトチェックアウトありと贅沢な時間を過ごすことができます。

年間のカード利用額150万円以上はネックになるかもしれませんが、家族カードも1枚無料ですから夫婦で協力すればなんとかなるのではないでしょうか。

ちなみに年間150万円以上のカード利用条件をクリアできないなら、ほぼヒルトンゴールドステータスの特典のみで元を取らなくてはなりません。

ヒルトンに1回宿泊してどれくらいお得なのかということですが、朝食代2人分が無料になるとして、年間5回以上宿泊できるのなら年会費分の元を取れると評価します。

とはいってもヒルトンアメックスには致命的な欠点があります。それはポイント還元率の低さです。

通常利用で100円2ポイント、ヒルトン施設内利用で3ポイントとありますが、ヒルトンポイントの価値ってそもそもご存知ですか?

一般的に0.3円~0.7円と言われていますが、その価値は毎年のように逓減していきます。ヒルトン宿泊時に利用するポイント数が増加傾向にあるからです。

昨年の夏、新型コロナの悪影響でホテルの稼働率が低下していることもあったのでしょうが、カップは113,000ポイントで名古屋ヒルトンに5泊することができました。ダイヤモンド特典のおかげでラウンジも使えましたのでお得感は高かったです。

けど、ヒルトンポイントについてはお得な使い方をするのは難しいというのがカップの所感です。とはいっても持ち続けていても価値は逓減していく一方ですので、1ポイント当たりの価値にこだわらず、Pay with Points&Moneyでマメに使っていくべきかもと思います。

以上からヒルトン・オナーズアメリカン・エキスプレスR・カードは、年間150万円以上のカード利用は必須のカードであると考えます。逆に考えれば年間150万円のカード決済が難しそうであるなら無理して発行する必要はないのではと思います。

なお、ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパンの年会費特典は、初年度10,000円の割引は他のキャンペーンでも割と良く見かけますし、一度入会してしまえば、ほぼ確実に更新は10,000円で行えますので大きなメリットとは考えていません。


ヒルトン・オナーズアメリカン・エキスプレスR・プレミアム・カード


一方でヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレスR・プレミアム・カードについては、年会費66,000円と高いですが、年間200万円のカード決済でダイヤモンドステータス付与という大きなメリットがあり魅力的です。

カード更新時のメリットも年間利用額300万円以上でウィークエンド無料宿泊特典2泊ですが、標準でも1泊分ついているため、ダイヤモンドステータス目的の方なら、カード決済額300万円に満たさなくても200万円を目標に利用するというのも一つの方法です。決済額をプラス100万円増やせるなら、ウィークエンド無料宿泊特典をプラス1泊の合計2泊にできますが、無理に増やさなくても、このカードは、ダイヤモンドステータス目的で所有するというのも一つの考え方です。

カード利用額のポイント還元も、ヒルトン・オナーズアメリカン・エキスプレスR・カードに比べ優遇されていますが、突出しているというわけではありませんから。

ヒルトン・オナーズアメリカン・エキスプレスR・プレミアム・カードについては、ダイヤモンドステータス目的でカップもいつか申し込みする予感があります。

とはいっても、2023年3月まではダイヤモンド維持できますから実際に申し込むのはもう少しあとになるかもしれません。現在のところは興味あり!といった感じです。


まとめ


ヒルトンアメックス持つなら以下のカード利用額を意識して利用しましょう。

ヒルトン・オナーズアメリカン・エキスプレスR・カード

年間150万円(カード更新時にウィークエンド無料宿泊特典を獲得)

ヒルトン・オナーズアメリカン・エキスプレスR・プレミアム・カード

年間200万円(ダイヤモンドステータスを獲得)

年間300万円(ウィークエンド無料宿泊特典が2泊に増加)

スポンサーリンク



飛行機旅行格安・身近に|ハピタスからのソラチカルートでライフチェンジング

4月は札幌に遊びに行きました。学生時代の友人に会って、飲むだけのために・・・。そして5月は沖縄に遊びに行きます。主たる目的は日頃の仕事のストレスから解放されて、リゾート気分を味わうこと。友人と二人で行きますのでいつもの節約旅行ではありません。マリオットオキナワリゾート&スパとダブルツリーヒルトンに宿泊して全力でリラックスすることを目的としています。一介のサラリーマンが毎月のように旅行しているのって...

初心者だからできるANAマイル錬金術で国際線ビジネスクラスに乗る方法

ANAマイレージクラブで国際線ビジネスクラスに搭乗するには何マイル必要でしょうか。 直行便で考えると、 東南アジアなら55,000マイル~63,000マイル 北米なら75,000マイル~90,000マイル 欧州なら80,000マイル~95,000マイル シーズンによって必要マイル数が異なります。 でも、とりあえず10万マイルあれば、好きなところに行けると思いませんか? 本日は、初心に...

 カテゴリ
 タグ
None