スポンサーリンク

ヒルトンダイヤモンドの近道

ヒルトンのダイヤモンドステータスを手に入れる方法は、オーソドックスに一暦年に30滞在または60泊、あるいは12万ヒルトンポイントの獲得が基本的な条件になっています。

ただ、その他にも6月30日(火)で入会受付が終了するヒルトンオナーズVISAプラチナカードを保有し、年間10滞在か20泊、あるいは120万円決済をすると翌年度末までのダイヤモンド資格を得られます。

また、他のホテルや航空会社などの上級会員になっているとステータスマッチでダイヤモンド資格を得られます。子のステータスマッチを利用した紹介制度のようなものがヤフオク!等で売られてたりもしています。

カップは現在ダイヤモンド資格を得ていますが、それは、2番目のヒルトンオナーズVISAプラチナカード(2019年11月に解約済)を利用して獲得した資格です。

年会費が非常に高いカードではありますが、ヒルトンには年に10回ほど宿泊していますが、それで元は取っていると感じてします。

そんなヒルトンオナーズVISAプラチナカードの新規受付が6月30日に終了してしまいますが、もし、あなたがヒルトンダイヤモンドに興味があるのならば、終了前に申し込みしてみてはいかがでしょうか。

行動を起こさず7月1日になってしまって後悔することになっても後の祭りですから・・・

スポンサーリンク

ヒルトンオナーズVISAプラチナカードをお奨めする理由


持っているだけでヒルトン・ゴールド


カップは7月に沖縄に行きます。沖縄には毎年何回か飛んでいますが、今回は天気が許せば久しぶりに慶良間諸島に潜ってきたいと思います。

マイルを貯めていると航空券は気軽に発券できるのはいいですね。

でも、もう一つ、ヒルトンのゴールド以上のステータスを持っていると、那覇にあるダブルツリーbyヒルトン那覇で嬉しいサービスをうけることができます。

ヒルトンダイヤモンド|ダブルツリーbyヒルトン那覇のラウンジサービス

オキナワに行ってきました。2泊3日の旅行です。2泊目は那覇市内になるダブルツリーbyヒルトン那覇に宿泊しました。ヒルトンダイヤモンド資格を有している現在、受けられたサービスについての情報を提供します。...


ダブルツリーbyヒルトン那覇では、ダイヤモンドでなくても、ゴールド以上の資格でラウンジサービスっぽいサービスをしてくれます。

もし、あなたが、ヒルトンオナーズVISAプラチナカードの年間10回の宿泊でダイヤモンド到達を狙うなら、那覇での10滞在または20泊に挑戦してみるといいでしょう。ヒルトンオナーズVISAプラチナカードは持っているだけでゴールド資格を得られますからダブルツリーbyヒルトン那覇では、ダイヤモンドへの修行中でありながら、まるでダイヤモンド会員のようなおもてなしを受けることができます。ただし、ラウンジもどきのサービスは1滞在に1度と聞いていますので、連泊だとちょっと厳しいですね。

那覇に3泊するのなら、ダブルツリー那覇とダブルツリー首里城を交互に泊まると3滞在の実績を得ることができるうえ、ダブルツリー那覇で2回もラウンジっぽいサービスを受けることができます。


120万円カード利用を選択してもよい


もちろん、カードが発行されたらとりあえず120万円の決済をしても構いません。カード利用額を増やすには無駄遣いをしなくても、例えば、先日紹介した記事のように太陽光発電所建設に出資して配当を受け続ければ、上手くいけば、最短でダイヤモンド資格を得られるうえ、20年間で約50%の利回りを受けることができます。120万円の出資で20年間で180万円の回収なら投資としてもメリットがありますし、加えてヒルトンダイヤモンド資格獲得ならいうことなしではないでしょうか。(しつこいようですが投資にはリスクはつきものですから自己判断でお願いします。)

ANAマイルを稼ぐ投資法|太陽光発電で一撃5万マイル

マイルを投資で稼ぐ方法についての情報です。太陽光発電に投資して、数万マイルのマイルを稼いでみませんか?50万円の投資を一年間続けたら5万マイルもらえるなんて投資法があったらどうでしょう。なんだ、その怪しげな情報は!?という気持ちになりますよね?でも、少なくとも先月までは実施できた方法で、将来、同じような条件でできる可能性のある投資法です。投資なので100%確実とまではいえませんが、再現性の高い方法...




ヒルトンプレミアムクラブジャパンの宿泊料金なら10滞在7万円以内も可能


ところで、ヒルトンオナーズVISAプラチナカードをお持ちの方の多くは、年間120万円の決済でヒルトンダイヤモンド資格を得ている気がします。せっかくのプラチナカードですからヒルトン宿泊はダイヤモンドになってからが良いという考え方があるのでしょう。

カップもこのカードを約2年間所有しましたが、最初の年度は、120万円決済でダイヤモンドになりました。しかし、次年度目は、年間10滞在で資格継続しています。理由は、ヒルトンダイヤモンド資格を得ているため、ヒルトンに宿泊のコストパフォーマンスが非常に高かったからです。海外のヒルトンにも宿泊したこともありますが、地元名古屋ヒルトンには、友人と2人で飲むときにも積極的に利用させていただきました。安く宿泊して、スポーツクラブ、ラウンジ、宿泊、朝食、そしてレイトチェックアウトと非常に優雅に遊べるからです。街中の居酒屋でも二次会もいけば一晩1万円くらい使ってしまうことがあります。タクシーで帰宅なんてことになったら更に5千円の無駄遣い。そう考えると、2人で1万5千円の出費で1泊2日遊べることは高コスパであるとカップは感じます。

実は、4月、5月の自粛疲れをいやすために今月も名古屋ヒルトンにお邪魔してしまいました。料金は13,100円くらいだったのではと記憶しています。2人で割り勘で約6500円。とても安いと思いませんか?

安く宿泊できる理由は、ヒルトンプレミアムクラブジャパンの料金で宿泊できるからです。ヒルトンオナーズVISAプラチナカードを発行すると、ヒルトンプレミアムクラブジャパンにも無料で入会できますから、国内のヒルトンには安く泊まれるのです。

以下の表は、2020年7月のダブルツリーbyヒルトン那覇の宿泊料金です。

【HPCJ】ダブルツリーbyヒルトン那覇の2020年7月宿泊料金


どうでしょうか。思っている以上に安く感じませんか?

実際には、税金やサービス料が必要になりますので、5,250円のときの合計額は、6,526円になります。

那覇在住の方なら、ヒルトンオナーズVISAプラチナカードを発行して6,526円×10回の滞在でヒルトン・ダイヤモンドに到達できますね。


ヒルトンオナーズVISAプラチナカードの効能はいつまで持続するか


もし、あなたが、ヒルトンオナーズVISAプラチナカードを発行したら、10月15日までに120万円決済で2022年3月末までダイヤモンド資格を得ることができます。

カードに付随するサービスは、2022年2月28日(月)でサービス提供が終了となりますので、2021年11月16日~2022年2月末までに120万円決済するば、さらに一年間、2023年3月末までダイヤモンド資格を得られるのではないでしょうか、

カードのサービスが2022年2月末で終了だからダイヤモンドもそれまでであろうと考える方もいらっしゃると思いますが、ダイヤモンドになる条件さえクリアすれば、その期限は通常のダイヤモンド会員と同じではないかとカップは考えます。

実際2019年11月にカードを解約したカップは現在も問題なくダイヤモンド資格を継続していますからね。

年間10滞在程度のカップの感想としては、ダイヤモンド資格で宿泊すれば多くの場合プラス1万円程度のメリットを感じることができますから、年に5回程度の宿泊でもヒルトンオナーズVISAプラチナカードの年会費分くらいはペイしていると考えます。

まとめ


ヒルトンダイヤモンドへの近道であるヒルトンオナーズVISAプラチナカードの申し込み期限は2020年6月30日(火)です。

秋には新しいヒルトンの提携カードが登場すると考えられていますが、そのカードを持ってもダイヤモンド資格を得られるかどうかは分かりません。ヒルトンダイヤモンドに興味のある方は、6月30日までにヒルトンオナーズVISAプラチナカードにお申込みください。

ヒルトン・オナーズVISAカード

スポンサーリンク



飛行機旅行格安・身近に|ハピタスからのソラチカルートでライフチェンジング

4月は札幌に遊びに行きました。学生時代の友人に会って、飲むだけのために・・・。そして5月は沖縄に遊びに行きます。主たる目的は日頃の仕事のストレスから解放されて、リゾート気分を味わうこと。友人と二人で行きますのでいつもの節約旅行ではありません。マリオットオキナワリゾート&スパとダブルツリーヒルトンに宿泊して全力でリラックスすることを目的としています。一介のサラリーマンが毎月のように旅行しているのって...

初心者だからできるANAマイル錬金術で国際線ビジネスクラスに乗る方法

ANAマイレージクラブで国際線ビジネスクラスに搭乗するには何マイル必要でしょうか。 直行便で考えると、 東南アジアなら55,000マイル~63,000マイル 北米なら75,000マイル~90,000マイル 欧州なら80,000マイル~95,000マイル シーズンによって必要マイル数が異なります。 でも、とりあえず10万マイルあれば、好きなところに行けると思いませんか? 本日は、初心に...

 カテゴリ
 タグ