スポンサーリンク

VISA LINE PAYカード

マイルとは直接関係のないカードという認識を持ちつつ、Visa LINE Payカードを申し込みました。

正直、LINE Payは、ポイント還元のルール変更が激しくついていけないところもありますが、初年度3%還元の高還元率に惹かれ申し込み手続きをしてしまいました。

2020年5月1日から既存のサービスも大幅変更になります。まだまだ未知数なところもありますが、現在リリースされている情報をまとめてみました。

スポンサーリンク

VISA LINE PAYカードのスペック


期間限定!初年度年会費無料なのにLINEポイント3%還元


Visa LINE Payカード最大の魅力は3%という高いポイント還元率。ポイントの還元にはLINE Payアカウントへのクレジットカード登録が必要となります。でも、これって期間限定の2021年4月30日までとアナウンスされています。延長すると嬉しいのですが、現在ですと逆に、「3%還元の期間は、予告なく変更・終了となる可能性がございます」と但し書きがある始末。期待薄かもしれませんね。

正直、入会キャンペーンでポイント大量獲得というメリットもありませんので入会をそれほど急ぐ必要はないと考えていました。でも、3%還元は初年度というより、2021年4月30日までとされていますし、東京2020オリンピックエンブレムデザインは数量限定、先着順という文句に惹かれて申し込んでしまいました。すでに一年間の延長が決まっているのに2020オリンピック限定ってなんかシュールだと思いませんか?

年会費は初年度無料、2年目以降も年1回以上(カード発行月より翌カード発行月末まで)のご利用で年会費は無料ということですから実質無料と考えることもできます。発行が三井住友カードですから4月中に発行されたらVISAタッチのキャンペーンの対象になるかもしれません。

申し込みはスマホ限定みたいです。カップもスマホから入会手続きを行いました。


Visa LINE Payカード3つの特長


Visa LINE Payカードの特長といえば、以下の3点は外せません。

チャージ&ペイ

事前チャージ不要でLINE Pay加盟店でのお支払いもよりスムーズに

※チャージ&ペイは、5月1日よりサービス提供開始予定です

おトクなクーポンがもらえる

LINEポイントクラブの会員ランクに応じてLINE Pay加盟店でのお支払いに使えるクーポンがもらえる

お支払い通知はすぐに「LINE」で届く

LINE Pay加盟店での利用について通知いたします
Visa加盟店でのカードショッピング利用時の通知サービスは準備中です
サービス提供開始時にお知らせいたします

※クレジットカード情報のLINE Payアカウントへの登録を完了されていないと、ポイント還元などの特典を受けられませんのでご注意ください


個人的に2番目のオトクなクーポンは興味津々。カードの発行枚数が少ない間は、ひょっとしたらものすごくお得なクーポンかもしれないという期待があります。期待外れという結果にならないことを願いましょう( ´艸`)

ちなみに4月17日現在の情報は、LINE公式サイトで公開されていますのでご確認ください。

コンビニやドラックストアの100円割引クーポン、利用条件が特になければ、プラチナステータスなら、毎月1000円分の割引を受けられることになります(*^▽^*)

マイカラー終了、新たなランク制度LINEポイントクラブ誕生


LINE Payには、4月30日までマイカラー制度というものが存在し、前月のLINE Pay利用歴によって当月のLINE Payの還元率が変わってました。

最高還元率の2%を得るためには、前月に10万円以上のLINE Pay利用歴が必要でした。

しかし、5月からは、Visa LINE Payカードを発行すれば、一律3%還元となります。一年間の期間限定といえども見方によっては素晴らしい制度改善といえなくもありません。せっかくですのでLINEポイントクラブのランク制度について紹介させていただきます。

LINEポイントクラブ|マイランク制度の概要


5月から始まるLINEポイントクラブでは、マイランク制度というランク制度が適用されます。マイリンクは4つのステータスに分かれており、過去6か月間のLINEポイントの獲得ポイントによって変動します。ランクは以下の通り。

プラチナ


【条件】過去6か月5000P以上獲得
【メリット】特典クーポン10枚/月獲得、チャージ&ペイ利用時の還元率3%

ゴールド


【条件】過去6か月500P以上獲得
【メリット】特典クーポン6枚/月獲得、チャージ&ペイ利用時の還元率2%

シルバー


【条件】過去6か月100P以上獲得
【メリット】特典クーポン3枚/月獲得、チャージ&ペイ利用時の還元率1.5%

レギュラー


【条件】過去6か月0P以上獲得
【メリット】特典クーポン1枚/月獲得、チャージ&ペイ利用時の還元率1%


カップは今月すでに5000P獲得していますので、10月まではプラチナステータスを獲得したものと考えています。

ちなみにチャージ&ペイとは、 Visa LINE Payカードのクレジットカードを直接使用するのではなく、LINE Payのコード支払い、請求書支払い、オンライン支払いの3つのパターンで支払いをすることです。ただし、すでにLINE Pay残高をお持ちの方は残高利用分については5月以降はポイント付与対象外になりますので、注意が必要です。4月中なら、現在のマイカラー制度による還元率でポイント還元されます。

ぶっちゃけ、これまで、楽天銀行からLINE PayにチャージしてLINE PayカードJCBやコード払いで支払いしてきた方は、同じように利用していたら例え、現在のマイカラー制度で最高位のグリーンのステータスを有していても5月以降はポイント還元0になりますので注意が必要です。5月以降は、Visa LINE PayカードとLINE Payを紐づけてLINE Payを利用しなければポイント還元0になります。

逆にVisa LINR Payカード支払いは一年間はポイント還元率3%ですから、もはやコード払いやオンライン払いにメリットはほとんどないということになります。

実質的なメリットは、税金や公共料金をLINE Payで支払い可能な自治体にお住いの方が受けられるだけではないでしょうか。税金は、クレジットカード払いですと手数料が高い自治体がほとんどですが、カードではなく、請求書払い等であればほとんどの自治体で手数料はかかりません。そちらにお住まいの方であれば、新しい制度では、是が非でもプラチナステータスを獲得したいですね。

※注)Visa LINE Payカードによるクレジット払いで納税をするときは、3%ポイント還元の対象外になるようですのでご注意ください。


LINEポイントクラブのマイランク制度(2020年5月以降)とマイカラー制度(4月以前)の違い


現在、マイカラー制度を活用されている方は、新しく始まるマイランク制度との違いは気になると思います。

マイカラー制度は前月のLINE Pay利用状況によって決まるものですが、新しいマイランク制度は、過去6か月間のLINE Payの利用状況によってランクが決まります。

いろいろ違いはありますが、正直、まったく新しい制度として理解したほうが賢明です。現在ですと、LINE Payオンライン払いで例えばワンコイン投資をしている方は、毎週ポイント獲得をされていると思いますが、その恩恵も今月末まで。5月以降は、ポイント付与対象外になりますのでご注意ください。


■Visa LINE PayカードをLine Payに紐づけた場合の特典

支払い方法・支払い手段ごとの還元やクーポンなどの特典内容については、下記の図表をご覧ください。 20200421_visa_chart_1200x1086_re7
図中※1…下記LINEサービスのお支払いにはご利用いただけません。
・LINE証券
・LINE Pocket Money
・BITMAX
・スマート投資(ワンコイン投資)


図中※2…下記はポイント還元の対象外となります。
・電子マネー/プリペイドカード/Walletサービス等へのチャージ
   (WAON,Edy,Suica,PASMO,Kyash等)
・金融商品の購入(投資信託、証券等)
・税金/保険において、1回あたりの支払につき5万円を超える分
・国民年金保険料
・寄付
・年会費(クレジットカード年会費、ETC年会費等)
・手数料(リボ払い・分割払い手数料等)
・キャッシング
・その他、当カードの利用において指定するポイント対象外の商品/サービス


要するに、2020年5月以降、LINE Payの利用でポイント還元を受けようとすると、Visa LINE Payカードは必須ということになります。

それでは、これまで、クレジットカードのように利用できたLINE Payプリペイドカード(JCB)の存在はどうなるのでしょうか。

答えは、ポイント獲得という視点からみると意味のないカードになります。つまり、廃棄決定ということ。マイカラーがグリーンの人にとっては、4月までは2%還元のカード、5月以降は例え新しいマイランク制度で最高位のプラチナであっても、0%還元のゴミ同然になってしまうのです。

この変化、カップは、心情的についていけないという気持ちがあります。


まとめ


新たに申し込んだVISA LINE PAYカード。年1回以上の利用で年会費無料、初年度ポイント還元率3%の神カード誕生である反面、これまでのマイカラー制度は完全廃棄、プリペイドカードのLINE Payカードはゴミ同然に変わる恐ろしい改悪も同時進行です。

新しいLINE決済制度も利用したいと思われるかたには、必須のカードになります。

一方で、LINE決済から離れるという選択肢も真剣に考える必要があるかもしれません。

Visa LINE Payカードのポイント還元も、マイランク・プラチナでのLINE Pay利用におけるポイント還元も、ポイント付与対象外になる決済も激増しますので、しっかり勉強が必要になります。

カップは、勉強の意味も含めて新しいVisa LINE Payカードを申し込みましたが、ご利用は皆さまそれぞれでご判断いただくと良いと思います。

スポンサーリンク



飛行機旅行格安・身近に|ハピタスからのソラチカルートでライフチェンジング

4月は札幌に遊びに行きました。学生時代の友人に会って、飲むだけのために・・・。そして5月は沖縄に遊びに行きます。主たる目的は日頃の仕事のストレスから解放されて、リゾート気分を味わうこと。友人と二人で行きますのでいつもの節約旅行ではありません。マリオットオキナワリゾート&スパとダブルツリーヒルトンに宿泊して全力でリラックスすることを目的としています。一介のサラリーマンが毎月のように旅行しているのって...

初心者だからできるANAマイル錬金術で国際線ビジネスクラスに乗る方法

ANAマイレージクラブで国際線ビジネスクラスに搭乗するには何マイル必要でしょうか。 直行便で考えると、 東南アジアなら55,000マイル~63,000マイル 北米なら75,000マイル~90,000マイル 欧州なら80,000マイル~95,000マイル シーズンによって必要マイル数が異なります。 でも、とりあえず10万マイルあれば、好きなところに行けると思いませんか? 本日は、初心に...

 カテゴリ
 タグ