スポンサーリンク

驚く猫

すでに世界で1万人以上の死者を出してしまっている新型コロナウイルスの流行。各国政府が出入国を制限したり緊急事態宣言を出して外出の自粛要請をしているなか、我らがANAマイレージクラブも特別対応を始めました。

カップ個人としてはありがたい対応と思う反面、ちょっとどうなのかな・・・と疑問に思うこともありましたので感想などを記してみたいと思います。

スポンサーリンク

新型コロナウイルスの感染拡大に伴うANAマイレージクラブの特別対応


マイル・ANA SKY コインの有効期限延長


今月末から来年2月末に有効期限を迎えるマイルやスカイコインの期限が、2021年3月末に延長する措置が取られました。

カップ自身のマイレージ口座の残高を見てみると、

ANAマイレージクラブ有効期限

今月末で407マイルほど有効期限を迎えようとしていましたが、このマイルの有効期限は2021年3月末まで12か月間延長されます。来月有効期限を迎えるマイルは11か月間、再来月の期限は10か月間自動的に延長。マイルを貯めたは良いが使い方に迷っている方にとっては素直にありがたいお話であるといえます。


マイル・ANA SKY コイン口座残高照会の表示


今月末が有効期限のマイルやスカイコインは、いったんは消えてしまうようですが、翌月下旬頃に、2021年3月31日(水)の有効期限として同数のマイル・スカイコインとして以下の表示で復活するとのことです。

マイル口座残高照会の表示


  • ご利用日:2018年3月付
  • 明細内容:新型コロナウイルス特別対応による調整マイル / コイン


ANA SKY コイン口座残高の表示


  • ご利用日:2020年3月付
  • 明細内容:新型コロナウイルス特別対応による調整マイル / コイン



この辺までは、ANAの対応に異議はまったくありません。不要不急な外出の自粛を要請する政府の方針にも合致していると考えます。しかし・・・


プレミアムポイントの特別倍率での積算


新型コロナウイルスの感染拡大に伴うANAマイレージクラブの特別対応にはもう一つ大きな柱があります。それがすなわち、プレミアムポイントの特別倍率での積算です。

内容は、2020年1月1日(水)から2020年6月30日(火)までのANAおよびANAグループ運航便のご搭乗で獲得されたプレミアムポイント数を通常の2倍とするものです。

ネットでも話題になっていますが、この措置には評価が分かれると思います。

すでにフライトを終えた1月1日から3月19日までのプレミアムポイント数については純粋にサービスとして受け取りがでできます。

しかし、本日以降のフライトについては、不要不急のフライトを促進するのではないかという危惧があります。

すなわち、プレミアムポイント数を2倍にするということは、いわゆるステータス修行を誘発する契機になるということです。

例えば、SFC修行を考える方にとっては今回の特別措置は、チャンスです。これから6月末までのANA便を発券して登場すれば通常の半分の時間と費用で目標のプレミアムポイントを獲得することができます。

もともとプラチナ取得の5万ポイントを目標にしている方ですでに2万ポイント獲得している方なら、

すでに獲得済の2万ポイント⇒特別措置で2倍の4万ポイントに増加

残り1万ポイントは、6月までのANA便なら通常期5千ポイント相当を獲得すれば、×2倍で1万ポイントになる。

本来5万ポイント必要であったプレミアムポイントであったが、実質2万5千ポイント獲得で修行完了となる。


今後1万ポイント求めて飛ぼうと思っていた方が、実質5千ポイント分だけ飛べばよいということであれば、不要不急のフライトを減らすことができる施策といえます。

しかし、中には、プレミアムポイント2倍の機会に修行をしてしまおうと考える方もいます。

もともと、いつかはSFC修行をと思っていた方にとって、今回の特別措置はチャンス以外の何者でもありません。これからチケットを購入しても6月末までに実質2万5千のプレミアムポイントを獲得すれば2倍で5万ポイントとなりANAプラチナに、実質5万ポイントのプレミアムポイントを獲得すれば、2倍で10万ポイントとなりANAダイヤモンドになることができます。

ステータス修行を不要不急の旅行といってしまうと、お怒りになる方もいらっしゃる方もいると思いますが、今回のANAによるプレミアムポイント2倍の特別措置は、不要不急のフライトをいたずらに増やしてしまう結果になることにもなりかねません。

世界各国が一丸となって新型コロナウイルスの感染を抑制するために様々な移動の制限を加えているときに、今後のフライトについてもプレミアムポイントを2倍とする特別措置をどう評価すべきなのかは難しいですね。

カップ自身、自らの行動すべてを自粛しようとは考えてしません。旅好きですので、ときには旅行をしたりホテルに泊まったり、遊びは続けたいと思います。

ただ、プレミアムポイント2倍の特別措置には少し違和感を覚えました。今のご時世、キャンセル手数料を無料にするといった措置の方が好感を持てるかなと考えます。

スポンサーリンク



飛行機旅行格安・身近に|ハピタスからのソラチカルートでライフチェンジング

4月は札幌に遊びに行きました。学生時代の友人に会って、飲むだけのために・・・。そして5月は沖縄に遊びに行きます。主たる目的は日頃の仕事のストレスから解放されて、リゾート気分を味わうこと。友人と二人で行きますのでいつもの節約旅行ではありません。マリオットオキナワリゾート&スパとダブルツリーヒルトンに宿泊して全力でリラックスすることを目的としています。一介のサラリーマンが毎月のように旅行しているのって...

初心者だからできるANAマイル錬金術で国際線ビジネスクラスに乗る方法

ANAマイレージクラブで国際線ビジネスクラスに搭乗するには何マイル必要でしょうか。 直行便で考えると、 東南アジアなら55,000マイル~63,000マイル 北米なら75,000マイル~90,000マイル 欧州なら80,000マイル~95,000マイル シーズンによって必要マイル数が異なります。 でも、とりあえず10万マイルあれば、好きなところに行けると思いませんか? 本日は、初心に...

 カテゴリ
 タグ
ANA