スポンサーリンク

世界中で流行の新型コロナウィルス。WHO(世界保健機関)もパンデミック(世界的流行)とみなし、感染抑制のため各国が緊急事態宣言を出しています。

日本では昨夜、安倍総理が現時点での緊急事態を否定しましたが、各イベントに対しては中止・延期を要請しています。

観光業界は大打撃。経営が行き詰まるエアラインやホテルも発生するでしょう。

そんな中、旅行の楽しみ、空港やホテルのラウンジサービスも縮小している状況です。が、中にはヒルトン名古屋のようにエグゼグティブラウンジのサービスを一旦ロビーラウンジに移行して結果的にサービス拡充になっているところもあります。
2020年3月2日より、一時的にエグゼクティブラウンジのサービスを1階「インプレイス3-3」および「ハイドアウェイ3-3」にてご提供させていただきます。エグゼクティブラウンジのゲスト特典はすべてご利用いただけます。ご理解・ご協力の程よろしくお願いいたします。
ヒルトン名古屋エグゼグティブラウンジ
わざわざというわけでもありませんが、カップもヒルトン名古屋に宿泊してきましたのでレポートします。

スポンサーリンク

ヒルトン名古屋プレミアムエグゼグティブフロア宿泊(2020年3月)


27階プレミアエグゼグティブツインルームにアップグレード


ホテル遊びは好きですが、目的はスポーツクラブやラウンジの利用です。今回の宿泊も地元名古屋。カップはヒルトンダイヤモンドの資格と持っていますので、どの部屋に泊まってもエグゼグティブラウンジを利用できます。今回も比較的安いプランで予約を入れました。

ヒルトンプレミアムクラブジャパンのプランでスタンダードな部屋を17000円弱で予約。しかし、チェックイン時にプレミアエグゼグティブルームに無償アップグレードしていただけました。

ヒルトン名古屋の部屋のランクはスイートルームを除くと以下のようになっています。

  1. プレミアエグゼグティブ
  2. エグゼグティブ
  3. デラックス
  4. スタンダード

④→①の3段階アップグレードということになります。部屋の広さも変わらず(むしろバスルームが広くなっている分狭くなっているのかもしれません。)、スタンダードといえどもそれなりに高層階ですので、カップは、アップグレードには興味ありません。

でも、最上階27階にアサインしていただけたことには感謝。予約プランも1-BEDの部屋でしたがツインルームに変更していただけました。

部屋の様子は以下の通り。ヒルトンのプレミアエグゼグティブルームといえども普通の部屋です。過度な期待は禁物です。

ROOM01

チェックインで27階(最上階)のプレミアエグゼグティブルームをアサインされました。

ROOM02

部屋は東向き、夜景を見てロマンチックな気持ちになりたいなら西向きがおススメしますが今回のお客様はそんな相手ではありません。、

ROOM03

プレミアエグゼグティブルームは確かに嬉しいのですが・・・

ROOM04

バスルームが丸見えになるのでちょっと恥ずかしいです。デラックスルームはこんなスケスケではなかったのではと記憶しています。カップはデラックスルームで充分満足ですよ。フロントのお姉さんに理由を話すのは恥ずかしいので、せっかくプレミアエグゼグティブルームにアサインしてくださっているのに、あえてデラックスルームをリクエストすることはありませんが・・・。


インプレイス3-3のラウンジサービスが凄すぎ!!


新型コロナウィルスで旅行は自粛ムード。カップも鹿児島に遊びに行く予定がありましたがキャンセル。送別会の時期ですが職場でも控えるようお達しがあり、なかなか退屈な1か月でした。多少は遊ばないとやってられませんので、今回ヒルトン名古屋にお世話になります。

いつもと違って26階のエグゼグティブラウンジは閉鎖されていましたが、すべてのサービスは「インプレイス3-3」および「ハイドアウェイ3-3」で受けられるとWEBで確認していましたが、実際行ってみてびっくり。

チェックイン後7階のスポーツクラブで汗を流した後、1階のハイドアウェイ3-3に訪れました。カップは初めての利用ですが、隠れ家的な雰囲気のあるバーです。アフタヌーンタイムですからアルコールの注文はできませんけどね。

ハイドアウェイ3-3③

ハイドアウェイ3-3②

ハイドアウェイ3-3①

いつも利用する26階のエグゼグティブラウンジもお気に入りの場所ですが、ハイドアウェイ3-3も負けていません。というより、高層階からの景色が楽しめないということ以外はむしろ勝っているかも!26階のラウンジはトイレがないという唯一の弱点がありましたが、1階ロビーにはトイレもありますからこの問題も解決です。

ただ、本当に驚いたのはカクテルタイムです。

インプレイス3-3①

インプレイス3-3②

インプレイス3-3のすべてのブッフェをいただけるのです。通常のエグゼグティブラウンジの数倍のメニュー。もちろんドリンクも飲み放題です。飲み物はおとなりのハイドアウェイ3-3(ロビーバー)で調達します。カップはスパークリングワイン、赤ワインを何杯かいただきましたが、普段ラウンジでは提供されていないドリンクも注文できたかもしれませんね。ヒルトン名古屋は1~2か月に1回のペースで利用していますが、今月はもう一度くらい行ってみたいなと思いました。


ダイヤモンドでなくてもOK!ヒルトンエグゼグティブラウンジを利用する裏技


ラウンジサービスはエグゼグティブルーム宿泊でOK


こんなに充実しているヒルトン名古屋のラウンジサービス。あなたも利用してみたいと思いませんか?

カップは、ヒルトンオナーズメンバーのダイヤモンド会員ですので利用ができましたが、エグゼグティブラウンジを利用するのにダイヤモンド資格は要りません。

エグゼグティブルームに宿泊すればそれでOKです。

当たり前のことですが意外に盲点ではありませんか?

唯一気になるのは、その宿泊料金ですね。

ヒルトンオナーズメンバーであれば、以下の割引プランで予約することができます。

ヒルトン名古屋エグゼグティブルーム①

2人宿泊で31,574円。朝食付きのプランではありませんが、エグゼグティブルームの特権であるラウンジサービスで朝食も利用可能。現在は、朝食も1階のインプレイス3-3でいただけるわけですから、逆に朝食付プランで予約するメリットはゼロではないのでしょうか?なんで朝食付きプランも存在しているのでしょう。まるで詐欺ではないかと思ってしまうところがカップの悪い癖です。素直に知ってる人だけが得する裏技と思っておけばいいのですよね(^O^)/


一方、とあるクラブのメンバーであれば、以下のプランで予約することもできます。通常のヒルトンオナーズメンバーでは予約できません。5千円以上も安い25,171円で予約するにはどうすればよいかご存知ですか?

ヒルトン名古屋エグゼグティブルーム②

その秘密はHPCJ(ヒルトンプレミアムクラブジャパン)に入会することです。


ヒルトンプレミアムクラブジャパンなら格安で利用可能


通常のヒルトンオナーズメンバーよりも5千円以上安く予約ができるHPCJ(ヒルトンプレミアムクラブジャパン)は、通常入会時に2万5千円、毎年更新時に1万円の費用が必要です。

しかし、毎年1万円分の宿泊割引チケットをもらうこともができますから、実質入会負担1万5千円で更新料は無料ということになります。

さらに、現在、通常2万5千円の入会金が5千円割引の2万円のキャンペーンが開催されていますので実質1万円の負担でヒルトンプレミアムクラブジャパンに入会が可能です。

HPCJ入会キャンペーン

ちなみに今回カップが予約したプランもHPCJ(ヒルトンプレミアムクラブジャパン)のプランです。ヒルトンオナーズプラチナカードは解約してしまいましたがHPCJ(ヒルトンプレミアムクラブジャパン)は引き続き、更新しています。その理由はお分かりですよね?答えはもちろん”お得だから"です(*^-^*)


まとめ


新型コロナウィルス流行防止のため、全世界、多方面で自粛ムードが漂っています。

ラウンジやビュッフェのサービスもその一つですが、その補填でヒルトン名古屋のエグゼグティブラウンジのように、通常期よりもお得にサービスを受ける方法もあります。

自粛自粛では息が詰まってしまいますので、上手に息抜きをしましょう。


ヒルトン・オナーズVISAプラチナカードはすごいカード?

ヒルトン・オナーズVISAプラチナカードというものがあります。すごいカードです。何がすごいかというと年会費が66,500円(税込)もするのです。すごいですよね。年会費66,500円。SPGアメックスでさえ33,480円(税込)なのに約2倍もします。それなのに・・・...

スポンサーリンク



飛行機旅行格安・身近に|ハピタスからのソラチカルートでライフチェンジング

4月は札幌に遊びに行きました。学生時代の友人に会って、飲むだけのために・・・。そして5月は沖縄に遊びに行きます。主たる目的は日頃の仕事のストレスから解放されて、リゾート気分を味わうこと。友人と二人で行きますのでいつもの節約旅行ではありません。マリオットオキナワリゾート&スパとダブルツリーヒルトンに宿泊して全力でリラックスすることを目的としています。一介のサラリーマンが毎月のように旅行しているのって...

初心者だからできるANAマイル錬金術で国際線ビジネスクラスに乗る方法

ANAマイレージクラブで国際線ビジネスクラスに搭乗するには何マイル必要でしょうか。 直行便で考えると、 東南アジアなら55,000マイル~63,000マイル 北米なら75,000マイル~90,000マイル 欧州なら80,000マイル~95,000マイル シーズンによって必要マイル数が異なります。 でも、とりあえず10万マイルあれば、好きなところに行けると思いませんか? 本日は、初心に...

 カテゴリ
 タグ