スポンサーリンク

nanacoチャージ改悪の前にすべきこと

陸マイラーにとっての裏技ツール、電子マネーnanacoの改悪のニュースが飛び込んできました。



nanacoに新規登録ができなくなるというのです。突然のニュースでびっくりですが改悪までわずかに残された期間がありますので今しかできない対策は施しておきたいと考えます。

おっとそのまえに、今回の改悪の内容は以下の通りです。

nanacoクレジットチャージサービス一部変更のお知らせ

nanacoクレジットチャージサービスにつきまして、2020年3月12日より事前登録(新規登録)対象カードを以下のとおり変更致します。

【事前登録(新規登録)対象カード】
・セブンカード・プラス【一体型・紐付型】
・セブンカード・プラス(ゴールド)【一体型・紐付型】
・セブンカード
・セブンカード(ゴールド)

なお、上記クレジットカード以外でnanacoクレジットチャージサービスをすでにご登録済みのお客様につきましては、これまでどおり継続してご利用いただけます。

スポンサーリンク

nanacoクレジットチャージサービス一部変更


セブンカード以外の事前登録(新規登録)が3月11日に終了


これまで、一部といえどもかなり多くのクレジットカードでチャージができた電子マネーnanacoですが3月12日から以下のカード以外の事前登録(新規登録)が不能になります。

  • セブンカード・プラス【一体型・紐付型】
  • セブンカード・プラス(ゴールド)【一体型・紐付型】
  • セブンカード
  • セブンカード(ゴールド)


陸マイラーとしてはマイルを貯められる還元率の高いカードでnanacoチャージをしてきたと思いますが、今後は、新しいカードを登録できなくなってしまいます。

カップも、nanacoを、新規入会したカードを登録して、入会キャンペーン(カード発行後〇か月以内に〇〇万円利用でボーナスポイントというようなもの)攻略に活用してきましたので、今回の改悪を大変残念に思います。


救済措置!?登録済のカードは今後も継続して利用可能


セブンカード以外のチャージができなくなるとこれまでお世話になったnanacoですが魅力半減。でも3月11日までに登録したカードであれば、今後も利用可能ということですので、これからもnanacoと良いお付き合いを続けたい方は怠らずに準備をしておきましょう。


改悪はお宝カードが誕生する契機に


年会費無料のダイナースクラブカード


改悪はもちろんありがたくないニュースですが、過去の改悪をみると、それを契機にいわゆるお宝カードが誕生するということもありました。改悪前のメリットを一部の方のみ既得権として利用し続けられるということですね。

カップの場合は、CITIBANKと提携していた頃のダイナースクラブカードがそれに該当します。

現在でも年間60万円以上のカード決済が条件になりますが、通常年会費24,200円のダイナースクラブカードを無料で利用し続けられています。家族カードの年会費も無料になりますので貴重ですよね。

もちろん改悪前は、誰でも一定の条件で持てたカードではありますが、今となっては新規申込できませんのでお宝カードになっています。


対象外カードでnanacoのチャージが可能に


同じようにnanacoの今回の改悪でも3月11日以前に事前登録(新規登録)したカードであれば、今後も利用し続けることができるということ。3月12日以降では作れないお宝nanacoをつくるチャンスと考えてみませんか?

nanacoのチャージに関していえば、多くのクレジットカードが改悪されてポイント取得不可になってきましたが、発想を逆転すれば、今回のnanaco改悪は、これ以上クレジットカード側の改悪を推進しない効果を生むかもしれません。


最後のnanacoクレジットカード事前登録で選ぶべきカード


ポイント還元率の高いカード


もし、あなたが現在リクルートカードをお持ちであるならば、登録しておくことをお勧めします。もちろん、今後、リクルートカードによるnanacoチャージがポイント獲得対象から外れるリスクがなくなったわけではありませんが、nanacoチャージで1.2%のポイント還元を受けられるお宝nanacoをつくることができます。


年間利用額の足しにnanacoを今後も利用する


クレジットカードの中には、年間の決済額が〇〇万円以上で優遇サービスを受けられるカードがあります。例えばヒルトン・オナーズVISAプラチナカード。

年間120万円以上の決済をすると、それだけでヒルトンホテルのダイヤモンドステータスを得ることができます。ポイント還元率は低いですが、ヒルトンダイヤモンドの資格を考えれば、得らえるメリットを大きいですよね。

カップも以前持っていたカードです。現在は解約しており、nanacoの事前登録(新規登録)はできませんが、初めてヒルトン・オナーズVISAプラチナカードを持った時は、2か月間ほどでnanacoチャージ120万円いた記憶があります。nanacoは一枚につき月間チャージ額の上限がありますが、複数枚のnanacoを渡り歩くことで短期間で120万円のチャージをすることができました。

今後は、複数枚のnanacoを渡るということはできなくなりますが、一定期間の間にカードの利用額を調整する手法としては限定的であっても利用価値は高いと考えます。

nanacoのチャージも年間決済額としてカウントされますのでヒルトン・オナーズVISAプラチナカードをお持ちの方はとりあえずでも登録しておくとよいのではないでしょうか。


nanacoチャージで還元率6%超?最後の一撃


1回だけしか利用できない技ですが、nanacoチャージで6~7%のキャッシュバックを得られる方法があります。現在開催されているクレジットカードのキャンペーンを利用する方法です。

例えば、皆さままだお持ちですか?

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)。

ソラチカカードもJCBカードですから3月11日まではnanaco事前登録(新規登録)可能です。ソラチカカードでnanacoチャージしてもポイントやマイルを貯めることはできませんが、JCBカードのキャンペーンでの利用額の条件にはカウントされます。

何が言いたいかというと、以下の記事で紹介しているキャンペーンを上手く利用すれば、6万円チャージで4千円のキャッシュバックを受けることができます。一回きりの裏技ですが、nanacoで税金払いを考えている方なら活用できますね。

JCBのキャッシュバックキャンペーンは続く(個別案内のシークレットキャンペーンもあり!)

2019年はキャッシュレス化推進の一年間でした。日本政府が消費税増税に伴い、国を挙げてキャッシュレス推進の方針を示したため、スマホ決済に限らずカード業界でも数多くのキャッシュバックキャンペーンが打ち出されました。カップにとって衝撃的だったものは、イオンカードの最大10万円キャッシュバックとJCBカードの最大1万円キャッシュバックのキャンペーンです。いずれも20%還元するというものでした。イオンカー...

ソラチカカードに限らず死蔵しているJCBカードをお持ちの方は、最後のnanacoと割り切って6万円チャージを実践してみましょう。


意外?ANA VISA スーパーフライヤーズゴールドカード


nanacoカードを複数枚持っている方にお勧めする事前登録カードですが、三井住友カードから選ぶことも一つの方法です。

三井住友カードは、マイペイすリボの利用で年会費の優遇を受けられるものがあります。現在はリボ手数料の有無までは問われませんが、2021年2月以降の年会費お支払い分からは、前年のリボ払い手数料のお支払いが条件になります。

カップの手持ちのカードでいうと、ANA VISA スーパーフライヤーズゴールドカードになりますが、これまではマイペイすリボ登録&年1回の利用で年会費の優遇を受けられましたが、2021年2月以降は1年に1円以上のリボ手数料を支払わなければいけません。

そんなときnanacoは便利です。リボ設定額が1万円であるならば、年に1回11,000円チャージすれば、10円程度の手数料で年会費優遇をうけることができます。死蔵カードの管理には便利ですね。

MUFGカードの楽Payに年会費優遇のサービスも同様です。

以上、思いつくままに書いてみましたがセブンカード以外でnanacoクレジットチャージの事前登録(新規登録)できるのは3月11日が最後の日です。この改悪をお宝カード誕生の契機とするためにもこの週末は熟慮を重ねてください。


まとめ


nanacoは3月12日以降、セブンカード以外のカードでクレジットチャージの事前登録(新規登録)ができなくなるので3月11日までに必要な対策をすべき。

3月11日までに事前登録(新規登録)すべきカードの候補は、以下の点に留意して選ぶと賢明です。

  • ポイント還元率の高いカード
  • 年間利用額の算定に利用
  • クレジットカードのキャンペーンに活用できるカード
  • リボ手数料発生のためのツールとして利用



スポンサーリンク



飛行機旅行格安・身近に|ハピタスからのソラチカルートでライフチェンジング

4月は札幌に遊びに行きました。学生時代の友人に会って、飲むだけのために・・・。そして5月は沖縄に遊びに行きます。主たる目的は日頃の仕事のストレスから解放されて、リゾート気分を味わうこと。友人と二人で行きますのでいつもの節約旅行ではありません。マリオットオキナワリゾート&スパとダブルツリーヒルトンに宿泊して全力でリラックスすることを目的としています。一介のサラリーマンが毎月のように旅行しているのって...

初心者だからできるANAマイル錬金術で国際線ビジネスクラスに乗る方法

ANAマイレージクラブで国際線ビジネスクラスに搭乗するには何マイル必要でしょうか。 直行便で考えると、 東南アジアなら55,000マイル~63,000マイル 北米なら75,000マイル~90,000マイル 欧州なら80,000マイル~95,000マイル シーズンによって必要マイル数が異なります。 でも、とりあえず10万マイルあれば、好きなところに行けると思いませんか? 本日は、初心に...

 カテゴリ
 タグ