スポンサーリンク

アラスカ航空マイレージプラン


oneworldは、アラスカ航空が2021年夏までにアライアンスに加盟する予定であると発表しました。

アラスカ航空といえば、これまで提携関係のJAL便の特典航空券を発券する際、裏技的利用が可能と日本在住の陸マイラーにも人気なマイレージプロラムを有しています。

カップも過去、関空→バンコク→名古屋といったバンコク24時間以内滞在のビジネスクラス往復プランを25,000マイルで利用したことがあります。一日のプランといえども、早朝バンコク着、深夜バンコク発というタイムスケジュールです。

現在でも、日本-東南アジアの片道ビジネスクラスを25000マイルで発券できるのはお得です。しかもサーチャージも無料なのですから。

そんなアラスカ航空マイレージプランは、ワンワールド加盟するとどのように変わるのでしょうか。アラスカ航空マイレージプランを利用する戦略も含めて考えてみます。

スポンサーリンク

ワンワールド加盟でマイレージプランはどうなるか


特典航空券対象航空会社・路線の増加


アラスカ航空マイレージプランがワンワールドに加盟すると、マイレージプランで利用できる特典航空券の対象航空会社は増えるでしょう。現在提携中のものに加えて、ワンワールドに加盟している航空会社が特典航空券の対象になることは当然に考えられます。

一方で、現在独自に提携している航空会社との関係が終了する可能性もあります。

アラスカ航空提携航空会社
  • エアリンガス
  • ブリティッシュエアウェイズ
  • アメリカンエアライン
  • キャセイパシフィック
  • コンドル
  • エミレーツ
  • フィジーエアウェイズ
  • フィンエアー
  • 海南航空
  • アイスランドエアー
  • 日本航空(JAL)
  • 大韓航空
  • LATAM Airlines
  • PenAir
  • カンタス航空
  • レイヴンアラスカ
  • シンガポール航空

大韓航空やシンガポール航空等、ワンワールド以外のアライアンスに属している航空会社との提携がどうなるのか、気になるところですね。

若干利用対象航空会社は減る可能性はありますが、ワンワールド加盟により利用対象航空会社は増えるのでないでしょうか。

また、現在、JALは提携航空会社にありますが、JAL便については日本-オーストラリアの路線などは特典航空券の対象になっていません。また、例えば香港まで、JAL、それ以遠はキャセイといった予約を取る際には、それぞれの路線で発券する必要がありましたが、ワンワールド特典航空券として発券できるようになれば便利です。この辺が改良されるのではないかと期待してしまいますね。


必要マイル数の改定


一方で改悪の恐れがあるのが必要マイル数です。現在アラスカ航空マイレージプランでは日本から東南アジアまでのJALビジネスクラスなら片道25,000マイルで発券できます。また、アメリカまでのJALファーストクラスを片道70,000マイルで発券できるのもスイートスポットとなっています。しかし、このマイル数がいつまで続くのか分かりません。

理屈で言えば、これまで通りのマイル数を改定することは必ずしもしなければならないものではありません。しかし、実際問題、ワンワールド加盟によりアラスカ航空マイレージプランは、これまで以上に使い勝手の良いマイレージプログラムになります。つまり、人気上昇することが予想されます。

そうすれば、黙っていても利用者も増えるでしょうから、マイレージプログラム自体を多少改悪した方がバランスが取れるのかもしれません。

アラスカ航空の裏技的利用(他のマイレージプログラムよりも少ないマイル数で発券できるスイートスポットを狙うこと)は、塞がれる可能性が高まると考えます。

ということは・・・

マイレージ利用戦略とすれば、現在までに貯めたアラスカ航空マイレージプランのマイルは、早めに使った方が良さそうです。

特に・・・

東南アジア→日本→アメリカのようなルートは、まだ経由地である日本でもストップオーバーは可能ですから改悪前に利用してしまいましょう。

実践例

バンコク➡羽田、成田➡ホノルル

例えば、上の旅程はビジネスクラスで65000マイルと87米ドルで予約できます。東京でストップオーバーをしていますが、日本在住の私たちにとって、考えようによってはバンコク➡羽田と成田➡ホノルルの2つのチケットを取ることができるということです。

【4月】バンコク➡羽田(タイからの帰国便)

【10月】成田➡ホノルル(ハワイへの往路便)

JALマイルで予約すると、それぞれ40,000マイル以上必要ですから最低でも80000マイル必要になります。

できれば、カップも上記のような路線をファーストクラスやビジネスクラスで利用してみたいなと考えています。


まとめ


アラスカ航空がワンワールドに加盟すると、アラスカ航空マイレージプランは次のように変わります。

メリット

特典航空券の対象航空会社および路線が増加する。


デメリット

必要マイル数の改定リスクが高くなる。


今後の方針

貯めたマイルは早めに利用する。←結局のところ、マイルは使ってナンボ。貯めるだけで終わらないように気をつけましょう(^。^)

アラスカ航空マイレージプランに登録

日本-東南アジア、南アジアのJALビジネスクラス片道特典航空券を25,000マイル(往復50,000マイル)で発券できるアラスカ航空のマイレージプランが注目されています。アラスカ航空のマイレージプログラムマイレージプランは、スターアライアンス、ワンワールド、スカイチームなどのアライアンスには加盟していませんが、日本航空、キャセイパシフィック航空、フィンランド航空など19の航空会社と提携していますか...

スポンサーリンク



飛行機旅行格安・身近に|ハピタスからのソラチカルートでライフチェンジング

4月は札幌に遊びに行きました。学生時代の友人に会って、飲むだけのために・・・。そして5月は沖縄に遊びに行きます。主たる目的は日頃の仕事のストレスから解放されて、リゾート気分を味わうこと。友人と二人で行きますのでいつもの節約旅行ではありません。マリオットオキナワリゾート&スパとダブルツリーヒルトンに宿泊して全力でリラックスすることを目的としています。一介のサラリーマンが毎月のように旅行しているのって...

初心者だからできるANAマイル錬金術で国際線ビジネスクラスに乗る方法

ANAマイレージクラブで国際線ビジネスクラスに搭乗するには何マイル必要でしょうか。 直行便で考えると、 東南アジアなら55,000マイル~63,000マイル 北米なら75,000マイル~90,000マイル 欧州なら80,000マイル~95,000マイル シーズンによって必要マイル数が異なります。 でも、とりあえず10万マイルあれば、好きなところに行けると思いませんか? 本日は、初心に...

 カテゴリ
 タグ
AS