スポンサーリンク

JCBスマリボ登録でキャッシュバックキャンペーン

2019年はキャッシュレス化推進の一年間でした。日本政府が消費税増税に伴い、国を挙げてキャッシュレス推進の方針を示したため、スマホ決済に限らずカード業界でも数多くのキャッシュバックキャンペーンが打ち出されました。

カップにとって衝撃的だったものは、イオンカードの最大10万円キャッシュバックとJCBカードの最大1万円キャッシュバックのキャンペーンです。

いずれも20%還元するというものでした。

イオンカードの方が枠が大きかったので人気だったかもしれませんが、利用日がかなり狭い範囲で限定されていたこともあり、カップはJCBのスマホ決済のキャンペーンを主に利用しました。

ほぼ、20%キャッシュバック目的で作ったデルタスカイマイルテイクオフカードJCBもその一つです。

すでに、カードのキャンペーンである20万円利用でスカイマイル5,000マイルの権利を獲得(2020年4月に付与予定)していますので、あとは翌年度の年会費が徴収される前のタイミングで解約するだけのつもりでしたが、先日、JCBカードから電話を受け、個別のキャンペーンの案内を受けました。

スポンサーリンク

スマリボ登録で1000円キャッシュバック!


シークレットキャンペーン?もらえるものはもらいましょう


新年早々正月明けの土曜日(1月4日)、一本の電話がかかってきました。JCBからです。

カード所有者に対する保険の営業かな?と思い、気がなく聞いていましたが、内容は全く異なるものでした。

昨年発行したデルタスカイマイルテイクオフカードの支払い方法をスマリボに変更すると1000円のキャッシュバックを受けられるというものでした。

一般的に公開しているキャンペーンではなく個別の案内です。いわゆるシークレットキャンペーンと言ってもよいのではないでしょうか。

リボ手数料の有無にかかわらず、3月の引き落とし時に1000円の割引を受けられるというものです。

「支払いがなかったときはどうなりますか?」

と質問すると、

「そのときは4月に口座へ振り込みます。」

と回答を得られました。

スマリボとはリボ払いなので、カード利用額にリボ手数料が加算される節約志向のカップからすると悪しき制度ではありますが、カードを利用しなければリボ手数料もかかりませんので、結局のところ1000円タダでもらえるということになりますね。

断る理由もありませんでしたので、キャンペーンの登録をお願いしました。スマリボの設定も電話でお願いするだけで、設定はJCB側で行っておきますということでした。

1000円ではありますが、タダでもらえるお小遣い、大変嬉しく思いました。


相手も営業のプロ、それだけではすみません


JCBの営業の方に丁寧にお礼を伝え、電話を終えようとしましたが、相手もプロの営業です。それだけで話は終わりませんでした。

「他にもスマリボ登録で6万円のカード利用で4000円のキャッシュバックを受けられるキャンペーンも開催しています。こちらもよろしければご登録ください。」

ん?6万円利用で4千円のキャッシュバック?

4000/60000≒6.7% のキャッシュバックは魅力的に思えます。

でも、スマリボの実質年率15%を考えるとどうなるのでしょうか。ざっくり計算してみます。

仮に6万円を一括で利用すると、毎月1万円ずつ6回に分けて支払うことになります。

利用日が月末25日頃とすると初回の支払いは翌々月の10日。最後の支払いがその5か月後の10日。

つまり、初回の支払いまでは、約45日間のリボ手数料が必要、
2回目は75日、3回目は105日、4回目は135日、5回目は165日、6回目は195日間分のリボ手数料が必要です。

各支払いで10000円ずつとするなら、合計のリボ手数料は10000×15%×720日間/360日間≒3000円

まあ、一年間は360日間ではなく366日間ですから、本当は3000円余りのリボ手数料と計算すると良いのかもしれません。カード利用日を月末ではなく、締め日(15日)の直前にすれば、もっと安くなります。

例)10000円×15%×(25日+55日+85日+115日+145日+175日)/360日

でも、何が言いたいのかというと、6万円利用で4千円のキャッシュバックは、悪くないキャンペーンだということです。

カップは喜んで、コチラのキャンペーンもエントリーしました。リボ手数料の差額は、たったの数百円ですよ・・・と心配される読者様がいらっしゃったらごめんなさい。

種明かしすれば、繰り上げ返済すればリボの手数料を最小に抑えることもできます(ゼロ円はキャンペーン条件を満たしませんので1円以上の支払いは必要です。)ので、実質4千円キャッシュバックのお得なキャンペーンになるのです。

利用条件をメモしておきますと以下の通りです。

キャンペーン概要
キャンペーン参加登録したJCBカードでスマリボに新規登録のうえ、(1)または(2)の利用対象期間中に合計6万円(税込)以上利用すると、もれなく4,000円キャッシュバック!

【利用対象期間】
(1)2019年10月16日(水)~2020年2月15日(土)
(2)2020年2月16日(日)~5月15日(金)

キャンペーン賞品・特典
4000円のキャッシュバック(2020年8月)

キャンペーン参加期間
2019年11月 1日(金)~2020年3月31日(火)

注意事項|次の場合は対象外
2019年10月31日(木)時点でスマリボに登録済みの場合。
キャッシュバック日までに、スマリボを解除、またはカードを退会されている場合。
ショッピングリボ払い利用可能枠が付与されていないカードの場合。
カードのご利用状況によりスマリボに登録できない場合。
キャッシュバック時にお支払い口座が設定されていない場合。
スマリボ登録日から2020年6月お支払い時までに、一度もショッピングリボ払い手数料の発生がない場合。



6万円の集計期間がちょっと複雑ですね。カップは(2)の期間をターゲットに絞ります。

スマリボ利用の2つのキャンペーン。合わせて5千円のキャッシュバックはお得です。

新年早々、JCBに感謝(^^♪です。

デルタスカイマイルJCBテイクオフカード入会の表の理由、裏の理由公開します!

デルタスカイマイルJCBテイクオフカードを申し込みました。タイトルに表の理由、裏の理由と記載しましたが、表の理由は下記記事の通り、JCBスマホ決済20%キャッシュバックの活用が第一の理由です。お得すぎるJCBスマホ決済20%キャッシュバック!陸マイラーは見逃せないキャンペーン消費税10%への増税の影響でしょうか。増税と併せてキャッシュレス推進を目論む政府の意向もあり、各種決済業者もキャンペーン目白...

スポンサーリンク



飛行機旅行格安・身近に|ハピタスからのソラチカルートでライフチェンジング

4月は札幌に遊びに行きました。学生時代の友人に会って、飲むだけのために・・・。そして5月は沖縄に遊びに行きます。主たる目的は日頃の仕事のストレスから解放されて、リゾート気分を味わうこと。友人と二人で行きますのでいつもの節約旅行ではありません。マリオットオキナワリゾート&スパとダブルツリーヒルトンに宿泊して全力でリラックスすることを目的としています。一介のサラリーマンが毎月のように旅行しているのって...

初心者だからできるANAマイル錬金術で国際線ビジネスクラスに乗る方法

ANAマイレージクラブで国際線ビジネスクラスに搭乗するには何マイル必要でしょうか。 直行便で考えると、 東南アジアなら55,000マイル~63,000マイル 北米なら75,000マイル~90,000マイル 欧州なら80,000マイル~95,000マイル シーズンによって必要マイル数が異なります。 でも、とりあえず10万マイルあれば、好きなところに行けると思いませんか? 本日は、初心に...

 カテゴリ
 タグ
None