スポンサーリンク

オキナワマリオットリゾート&スパ

オキナワマリオットリゾート&スパには昨年5月と12月に宿泊しました。いずれも同一の予約サイトからの予約です。公式サイトよりも数千円安く取れる日が多いのですが、マリオットボンヴォイの会員にとっては、他サイト予約ということもあり不都合なこともあります。でもカップが滞在したときは、ポイント付与以外ほとんどのプラチナエリートの特典を受けることができました。

ただし、他サイト予約でもプラチナエリートの特典をポイントと宿泊履歴を除いて利用できた実績はありますが、あくまでもホテル独自のサービスと理解しており、安いという理由で予約して、カップと同様、上級会員のサービスを受けられるかどうかは保証できません。ということで他サイト予約で上級会員のサービスを期待しまう読者様がいざ宿泊したときにサービスを受けられないといけないと思い、具体的にその予約サイトを公開することは控えてきました。個別にメールをくださった方には返信してましたけど(^^;

けど、カップ同様に裏技的にマリオットプラチナの資格を得られた方の上級会員の期限は今月末です。もちろんマリオットのプラチナチャレンジを行うことでプラチナエリートの資格を再度取得するということも考えられますが、数は多くないのではないでしょうか。他サイト予約で上級会員のサービスを受けようという需要も少なくなると思いますので、今回情報提供したいと思います。

スポンサーリンク

オキナワマリオットリゾート&スパで受けたプラチナサービス


エグゼグティブフロアへのアップグレード


最上階の部屋にアップグレード

プラチナ会員で最も嬉しいサービスと言えばラウンジアクセスと宣うカップですが、同行者がいるときはアップグレードの方が嬉しいかも(^O^)

低層階の予約ではありましたが、オキナワマリオットでは、いつも、最上階の部屋にアサインしていただいています。予約した日に空室があるという条件下ではありますが、おもてなしの心配りを嬉しく思います。特に5月は連泊にも関わらずです。レセプションでエリート会員ですから部屋をアップグレードさせていただきましたと声をかけてくださると同行者が大喜びしてくれます。上級会員のメリットをシェアできるというのは嬉しいものですね。ちなみにアサインされる部屋はいつもこの向き。オーシャンラウンジからの眺めと角度は同じですけど、一番素敵な眺望なのではないでしょうか。

部屋からの眺め

オキナワマリオットリゾート&スパは海沿いの立地ではありませんが、高台から海を臨む立地はカップは気に入っています。5月はプールでも泳ぎましたよ。残念ながら水深2.5mのプールは有料の扱いでした。以前宿泊したときは無料だったのですが、残念ですね。

オキナワ マリオット リゾート&スパ最上階15階に宿泊|ラウンジで無料の朝食

先月の沖縄旅行ではオキナワマリオット リゾート&スパに宿泊しました。本当はマリオットの会員になったのが4月なので、120日以内にマリオットに2泊すればカテゴリー5以下のホテルに無料で宿泊できる特典を狙うために公式サイトから予約しようと考えていたのですが、120日間以内に2滞在する予定がありませんので、特に2滞在で1泊無料の特典を狙わずに純粋に安く予約できるサイトを探しました。結果、すべての条件を勘案すると公...

↑ 以前の記事ではSPGアメックスを持てばそれだけでラウンジアクセスできるようなことが書いてありますが昔の情報です。現在はSPGアメックス所有で得られるゴールド資格ではラウンジ等利用できませんのでご注意ください(^^;


【ウエルカムギフト】ロビーラウンジでのパフェ


5月にはなかったと思われるウエルカムギフトのオプションです。受付時に選択するのですが、ボーナスポイントやドリンクサービスの他に、ロビーラウンジ『海音』の海音パフェがありました。

21:00までに利用できる方であれば、最もお勧めできる特典です。当然一番人気だということ。でも、カップたちが利用したときはロビーラウンジは貸し切り状態(16:00)。やはりオフシーズンだからでしょうか。

ロビーラウンジ海音①ロビーラウンジ海音②

パフェなんて普段は食べませんがリゾートだと気分も盛り上がります。すべて食べましたよ。

海音パフェ

エグゼグティブラウンジでのカクテルタイム


オキナワマリオットリゾート&スパにはフォレストとオーシャンという2つのラウンジがありますが、17:30-21:30まではいずれもアルコールの提供があります。皆さまが寛いでいるところ写真を撮るのは好きではありませんが、オーシャンから眺める夕日は美しかったです。

オーシャンから眺める夕日

アルコールは一通りの種類が揃っていますし、食事やデザートもカップ的には充分な種類と量でした。下の写真は17:30にフォレストにあったものを撮ってみました。

フォレスト②フォレスト①
フォレスト④フォレスト⑤


レイトチェックアウト


12月の沖縄は一泊だけでしたが、午後4時までのレイトチェックアウトの適用をうけることができました。2泊目に宿泊したはダブルツリーbyヒルトン那覇には午後3時ごろチェックアウトして向かったと記憶しています。

旅程の組み方によっても異なりますが、レイトチェックアウトは大きな意味を持つこともありますので、他サイト予約でも適用を受けられたのはありがたく思いました。

おまけ(朝食)


朝食が括弧書きなのは、もともとのプランに含まれているからです。上級会員でなくても次に紹介するサイトから予約すれば当然受けられるサービス。朝食については時間内にレストランを訪れれば必ず提供されるでしょう。カップは利用しませんでいたが、プラチナ会員なら、レストランとエグゼグティブラウンジ、両方で食べられますから、朝7時と10時の2回食すという方法もあります。まあ、そんなことして楽しいと思える年齢ではありませんので控えましたが食欲旺盛な20代方など実践してみても面白いのではないでしょうか。

5月は改装中だった1階のレストランでいただきました。

Qwachi

オキナワマリオットリゾート&スパ|公式サイトよりも安い予約サイト


公式サイトのレート(2020年1月)


マリオットの公式サイトから予約するととても高い(最安でも20,000円?)するので、オキナワマリオットのページから1月の価格を調べてみます。

オキナワマリオットリゾート&スパ(2020年1月)

スーぺリアツイン(食事なし)2名1室予約の1人分料金ですから最安は7500円×2=15000円ですね。


他サイト最安のレート(2020年1月)


一方でカップが昨年5月と12月に利用した予約サイトの最安値は下記の通り。朝食付きのスーペリアルームプランです。

ベネフィットステーションのプラン

如何でしょうか。例えば1月24日の予約であれば、最安値は下記のレートになります。

  1. マリオット公式アプリ スーペリアツイン中層階食事なし 30,000円

  2. オキナワマリオット公式サイト  スーペリアツイン(5~9階、食事なし) 21,000円

  3. 他サイト最安値 スーペリアツイン朝食付 14,000円


驚くべきことに他サイトでは朝食付きと条件が良いにもかかわらず、圧倒的に安いです。マリオット公式アプリの最安値30,000円の半分以下の価格って信じられませんね。上級会員のサービスを確実に受けられるかは保証しかねますが、沖縄への旅行を考えている方必見の情報だと思います。

で、その他サイトってどこの予約サイト?と質問が来ると思いますので、お知らせしますね。

それは、ベネフィットステーションというサービスです。

企業の福利厚生を担うサービスですが、ありがたいことにクレジットカードの特典でも利用ができます。カップが利用しているのはJACCSカードの付帯サービスで利用できるJ’sコンシェルというサービスです。昨年5月には2人予約平日は5000円×2=10000円ということもあり、大変重宝しました。たった10,000円で上記のサービスをすべて受けることができたのですから。

今後もマリオットの上級会員でいらっしゃるあなたには必見のサービスだと思います。公式サイトにこだわらず最もお得なプランを選択してくださいね。(繰り返しになりますが常に上級会員のサービスを利用できるわけではないと思います。)


マリオットプラチナだからエグゼグティブフロア&ラウンジアクセス

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いします。新年最初の記事は、先月沖縄に遊びに行ったときに利用したマリオットリゾート&スパの宿泊について書きたいと思います。陸マイラーの評判高いSPGアメックスの情報と併せて情報提供します。...

スポンサーリンク



飛行機旅行格安・身近に|ハピタスからのソラチカルートでライフチェンジング

4月は札幌に遊びに行きました。学生時代の友人に会って、飲むだけのために・・・。そして5月は沖縄に遊びに行きます。主たる目的は日頃の仕事のストレスから解放されて、リゾート気分を味わうこと。友人と二人で行きますのでいつもの節約旅行ではありません。マリオットオキナワリゾート&スパとダブルツリーヒルトンに宿泊して全力でリラックスすることを目的としています。一介のサラリーマンが毎月のように旅行しているのって...

初心者だからできるANAマイル錬金術で国際線ビジネスクラスに乗る方法

ANAマイレージクラブで国際線ビジネスクラスに搭乗するには何マイル必要でしょうか。 直行便で考えると、 東南アジアなら55,000マイル~63,000マイル 北米なら75,000マイル~90,000マイル 欧州なら80,000マイル~95,000マイル シーズンによって必要マイル数が異なります。 でも、とりあえず10万マイルあれば、好きなところに行けると思いませんか? 本日は、初心に...

 カテゴリ
 タグ