スポンサーリンク

ふるさと納税

ふるさと納税は陸マイラーにとっても魅力的な制度です。わずか2000円の負担で様々な返礼品を受けられるふるさと納税。今年は総務省主導の大幅な主導があり、その当不当の議論もありましたね。反発精神旺盛なカップとしては国批判の姿勢をみせたこともありました。

ふるさと納税|泉佐野市の変

ふるさと納税に興味を持って数年。国と地方自治体の思惑のすれちがいがニュースになることがあります。主たるものが寄付金のお礼に対する規制。自治体が独自の発想を持ってふるさと納税を活用しようとすると国から横やりが入るというのがカップの印象です。制度の悪用防止という観点から国の指導には一定の理解はできますが、裏技好きとしては、自治体のユニークな発想をもう少し任用してあげてもいいのかなとも考えます。そんな中...



とはいっても2019年ももうすぐ終わりを迎えます。今、カップが思うことは一年の締めくくりとしていろいろ調整したいという思いだけです。具体的には、年末調整後、2019年の納税額も計算できるようになりましたので、見込みで行ったふるさと納税の追加分の実践です。幸いカップには2万円余りふるさと納税額の枠が残っていましたのでさっそく実践してみました。

スポンサーリンク

ふるさと納税を2千円の負担で行える金額の計算方法


最もお得にふるさと納税を実践したいと思う方が気になることと言えば、一体いくらまでの寄付金額であれば、実質2千円の負担で済むのかということだと思います。その計算式をマスターすれば誰でも最もお得なふるさと納税を実践できますね。

もっとも、一番大事なことは、寄付金控除の計算の他に、どの自治体にいくら寄付すれば何を返礼してもらえるのかということですけどね。でも、それを考えるうえでも、寄付金控除の計算方法は重要な情報になります。
控除額の計算は、基本控除額と特例控除額の合計によって求められます。これだけ言うと簡単に思えますよね?実際にはそれを求めるために、(給与所得金額-所得控除額)の額が必要になります。所得控除額を確定するために年末調整後に計算する必要があるのですけどね。

寄附金税額控除額(基本控除額)


(ふるさと納税額の合計(総所得金額の30%が限度)-2,000)×10%

寄附金税額控除額(特例控除額)


(ふるさと納税額の合計-2,000)×下表の割合

課税総所得金額-人的控除ごとに定められた金額の合計額割合
0円未満90%
195万円以下84.895%
195万円を超え330万円以下79.79%
330万円を超え695万円以下69.58%
695万円を超え900万円以下66.517%
900万円を超え1800万円以下56.307%
1800万円を超え4000万円以下49.16%
4000万円超44.055%


【実践例】ふるさと納税で追加寄付をしてみた


カップはすでに2019年のふるさと納税を実践していました。しかし、それは2019年の見込みの所得によって計算した実質負担2千円で済む金額を限度とした額です。

12月の年末調整を終え、改めてふるさと納税限度額(実質の負担を2千円で押さえられる額)を計算してみるとすでに寄付した額よりも2万円ほど多かったです。

何をもらおうかなと考えますが、2019年末までそれほど時間はありません。娘が欲しいといった”いくら”で決定です。



北海道白糠町はカップが2年前に寄付した自治体です。第二のふるさとは泉佐野市としましたので、差し詰め第三のふるさとでしょうか。

いわゆるふるさと納税の年末調整は、実質二千円の負担で済む限度額をある程度正確に計算したほうが良いと思いますが、税制は複雑です。大体の金額しかわからなくても、限度額にいくらか余裕があれば果敢に攻めてみても良いのではないでしょうか。

参考までに限度額の計算のシミュレーションのリンクを貼っておきます。カップもふるなびは信用できるサイトだと考えます。

ふるなび(控除上限額の目安)

スポンサーリンク



飛行機旅行格安・身近に|ハピタスからのソラチカルートでライフチェンジング

4月は札幌に遊びに行きました。学生時代の友人に会って、飲むだけのために・・・。そして5月は沖縄に遊びに行きます。主たる目的は日頃の仕事のストレスから解放されて、リゾート気分を味わうこと。友人と二人で行きますのでいつもの節約旅行ではありません。マリオットオキナワリゾート&スパとダブルツリーヒルトンに宿泊して全力でリラックスすることを目的としています。一介のサラリーマンが毎月のように旅行しているのって...

初心者だからできるANAマイル錬金術で国際線ビジネスクラスに乗る方法

ANAマイレージクラブで国際線ビジネスクラスに搭乗するには何マイル必要でしょうか。 直行便で考えると、 東南アジアなら55,000マイル~63,000マイル 北米なら75,000マイル~90,000マイル 欧州なら80,000マイル~95,000マイル シーズンによって必要マイル数が異なります。 でも、とりあえず10万マイルあれば、好きなところに行けると思いませんか? 本日は、初心に...

 カテゴリ
 タグ