スポンサーリンク

ショックで声も出せない介護士さん

dポイント20%増量キャンペーン、どれくらい活用されました?

20%増量といっても増量で還元されるポイントは、2020年2月下旬に進呈される有効期限は2020年4月下旬(進呈から60日間)の期間・用途限定ポイントです。

あらかじめ、利用する目的を計画してポイント交換された方は問題ありませんが、お得!飛びついたはいいけど、上手に使えなくて60日間経過、結果的に限定ポイントが消滅して20%増量の恩恵を受けられなかったと後悔することもあるでしょう。使い道については今からしっかり計画しておいてくださいね。

でも、すでにやらかした(交換しすぎた)方のために、dポイントの現金化について考えてみます。

(参考記事)

dポイント20%アップ増量キャンペーン!え?25%じゃないの?

dポイント20%増量キャンペーンのお知らせです。2019年11月15日~2020年1月15日の2か月間、所定のポイントからdポイントへのポイント交換を行うと、20%増量になるチャンスがあります。これって、例年行われていたdポイントの交換キャンペーン?と思ったら、そうでもありません。2016年や2017年には25%増量キャンペーンを実施していましたし、2018年はドコモ口座に25%分の金額が振り込まれていました。カップとしては少々残...

スポンサーリンク

dポイント20%増量キャンペーン正しい使い方


いつもより20%アップグレード


dポイント20%増量キャンペーンを計画的に活用できる方なら、例えば、ポイント付与される2月下旬から有効期限である4月下旬の間に、dポイントを使って商品やサービスと利用するとき、いつもより20%分多く買い物をしたり、いつもよりアップグレードしたサービスの提供を受けるでしょう。

例えば、dトラベルで1万円のホテルを予約するときにランクの高い部屋やサービスをつけて1万2千円で予約するといった方法です。

個人的にはdポイント20%増量キャンペーンで最もお得な使い方かなと思っています(*^_^*)


いつもより約17%節約


反対に節約志向の方であれば、1万2千円の商品・サービス購入のために20%増量キャンペーンを利用すれば、1万円分のポイントで1万2千円分の買い物ができます。

1万2千円のモノを1万円で購入できるということですから、

10,000/12,000×100≒83.3%と約17%割引で購入できたことになりますね。

約17%のお得!増量キャンペーンを上手に活用できました(*^▽^*)


限定ポイントは使わなければ消滅、それを防ぐ方法は現金化?


【実践例】Amazonでせどり!リスクを最小限に抑える方法


期間・用途限定で最もネックとなるものは2か月間という限定期間です。その間に買いたいモノがあれば問題ありませんが、無理して不要なモノを買うことは賢明でありません。ショッピングの楽しみは好きなときに好きなものを買うことです。dポイント(期間・用途限定)もそんな当たり前のことができるようにしたいですよね。

そのために最も有効な方法はdポイントを現金化することです。期間・用途限定のdポイントを直接現金に交換することはできませんが、例えばある物を経由して現金化する方法ならあるかもしれません。

その方法の一つは転売です。

実はカップは2019年5月にdocomoの契約をした際に、期間・用途限定のdポイントを1万ポイントほどいただきました。そのときの記録は以下の記事でご確認ください。

docomo with(ドコモウィズ)回線増でiPhone7が完全無料

NTT docomoの月々サポートとdocomo withが5月31日に終了します。巷では新しいプランである「ギガホ」や「ギガライト」と比べてどっちがお得かという議論がありますが、現時点でその議論は有意とは思いません。なぜなら、ギガホやギガライトが始まる6月1日以降の端末にかかる割引がどうなるかわからないからです。現在分かっているのは、月々サポート(スマホの実質割引)と端末サポートが(スマホ本体の割引)がなくなるという...

いただいたdポイント(期間・用途限定)の有効期限が今月末ということに気づき、12月6日に開催されたAmazonサイバーマンデーで家電せどりを行ってみました。

Amazonではdocomoユーザーなら、d払いを使うことができます。その際に期間・用途限定ポイントも使うことができます。ただし、アマゾンギフト券を保有している場合は、それが優先して利用されますから、dポイントを使うには保有しているアマゾンギフト券+利用したいdポイント以上の商品を仕入れなければいけません。

また、購入した商品を現金にするには誰かに転売しなければいけません。売却時の手数料や送料が必要な時は、相当安く商品を仕入れなければならなくなります。電脳せどりに長けた方なら何の問題もないでしょうが、カップは素人です。それほど簡単にせどりできる商品を見つけることはできません。

しかし、素人でも簡単にできる方法はあります。以前、ご紹介させていただいた方法ですが、換金性の高い商品を購入し、業者に買取していただくのです。

転売を試して小遣い稼ぎ|LINE Payの活用

マイルを貯める方法はいろいろありますが、陸マイラーにとってもっとも簡単に貯める方法は、クレジットカードとポイントサイトの活用ではないでしょうか。マイルだけでなく小遣いかせぎにも応用できます。先日カップは夫婦それぞれ三井住友カード”エブリプラス”を申し込みましたが、記事で紹介した「カードの10,000円キャッシュバック」だけでなく、とあるサイト紹介での申し込みでしたから、その他に「20,200円ものキ...

今回カップが選んだ商品は、Apple iPad (10.2インチ, Wi-Fi, 32GB) ゴールド 第7世代 MW762J/A 送料無料 【SK09596】です。

リンク先を見ていただければ分かると思いますが、通常37,000~38,000円する商品です。それが、2019年12月に開催されたAmazonサイバーマンデー時には、破格の32,730円で販売されていましたので思わず購入してしまいました。

Amzaonサイバーマンデー

支払いはもちろんd払いです。dポイント(期間・用途限定)を利用することが目的ですからね。12月8日時点での業者の買取価格は33,000円でしたので、1台当たり210円の利益がでました。しかし、供給が増えたからでしょうか。同じ業者で本日現在の買取価格を聞いてみたところ30,000円に下がっていました。タイミングが難しいですね。一方のアマゾンでの価格は38,270円に高騰しています。今なら、アマゾンで37,000円程度で出品しても現金化できるかもしれませんね。

Apple iPad (10.2インチ, Wi-Fi, 32GB) - ゴールド

新品価格
¥38,270から
(2019/12/28 15:04時点)




カップの場合は、事前にAmazonでの販売価格帯 < 買取業者での買取価格を確認したうえでの転売でしたから、リスクを最小限に押させることができましたが、運が悪いと商品を購入後、手元に届くまでに価格が変わることもあります。その場合でも差額をポイントの現金化の手数料と割り切れるのなら、転売は有用な方法であると考えます。


フリマアプリで転売


決してお勧めできる方法ではありませんが、d払いができるフリマサイトの複数のアカウントを利用すると、一定の手数料はかかりますが、理論上はdポイントを現金化できます。

例えば、アカウントA、アカウントBの2つのフリマアプリを利用して期間・用途限定のdポイント2,000Pを現金化しようとすると、

【実践例】フリマアプリでdポイント現金化
  1. アカウントAで2,000円で商品を出品
  2. アカウントBでd払いで購入(dポイント(期間・用途限定)使用)
  3. アカウントAに(2,000円-手数料)が入金

の手順に従っていけば一部手数料が差し引かれるもののdポイントの現金化が理論上可能になります。繰り返しますが決してお勧めできる方法ではありませんけどね(^^;

フリマアプリは複数ありますが、使いやすさといえばメルカリではないでしょうか。スマホ決済メルペイも合わせて利用できます。

メルカリ

メルカリ

Mercari, Inc.無料posted withアプリーチ



人よりお得にメルカリを始めたければ登録時にマイルdeチケットの紹介コードを入力してください(^^;

紹介コード PAKZFY


まとめ


dポイント(期間・用途限定)の現金化考えるなら以下の方法が考えられます。100%のレートというのはなかなか難しいかもしれませんね。

  • amazonでせどり

  • フリマアプリで転売

スポンサーリンク



飛行機旅行格安・身近に|ハピタスからのソラチカルートでライフチェンジング

4月は札幌に遊びに行きました。学生時代の友人に会って、飲むだけのために・・・。そして5月は沖縄に遊びに行きます。主たる目的は日頃の仕事のストレスから解放されて、リゾート気分を味わうこと。友人と二人で行きますのでいつもの節約旅行ではありません。マリオットオキナワリゾート&スパとダブルツリーヒルトンに宿泊して全力でリラックスすることを目的としています。一介のサラリーマンが毎月のように旅行しているのって...

初心者だからできるANAマイル錬金術で国際線ビジネスクラスに乗る方法

ANAマイレージクラブで国際線ビジネスクラスに搭乗するには何マイル必要でしょうか。 直行便で考えると、 東南アジアなら55,000マイル~63,000マイル 北米なら75,000マイル~90,000マイル 欧州なら80,000マイル~95,000マイル シーズンによって必要マイル数が異なります。 でも、とりあえず10万マイルあれば、好きなところに行けると思いませんか? 本日は、初心に...

 カテゴリ
 タグ