スポンサーリンク

アラスカ航空マイレージプラン改悪

来るべきものが来たということでしょうか。マイルdeチケットでもご紹介してきたアラスカ航空マイレージプランが改悪されました。といっても特典航空券の必要マイル数の改悪ではなく、抜け道を防がれたというニュース。

公式サイトでの発表は確認していませんが、巷(といってもネットですが・・・)の噂になっていますので確認してみました。

スポンサーリンク

アラスカ航空マイレージプラン特典航空券必要マイル数


JAL特典航空券のAsia to Asiaがスイートスポット


アラスカ航空マイレージプランがマイレージ通の間で話題にあがる理由は、いわゆるスイートスポットがあるからです。

しかも、日本在住の方に利用しやすいJALの特典航空券です。

まずは、マイルチャートをご紹介します。

Japan AirlinesEach way*
Asia to Asia
Economy 15,000
Business 25,000
First 30,000


アラスカ航空マイレージプランでJAL便のアジア内の空港から同一地域内(アジア地区)への特典航空券必要マイル数は上記の通り。

  • エコノミークラス 15000マイル(まぁ、普通))
  • ビジネスクラス 25000マイル(お得!)
  • ファーストクラス 30000(これは破格!でも対象便がない

エコノミークラスの15,000マイルは、普通と言っては普通ですが、実は、15,000マイルでアジア各国を飛び回れるマイレージプログラムってあまりありませんから、むしろお得です。

ましては、アラスカ航空が考えるアジア地域って広範囲です。そのマップは以下の通り。

アラスカ航空マイレージプランのアジア域内

南アジアのインドなどもアラスカ航空にかかればインドですから、エコノミー15000マイル、ビジネス25000マイル、ファーストクラス30000マイルで飛ぶことができます。もっともJAL便でファーストクラスは現在ありませんから、もし、あったらという話ですけどね。数年前までは、ジャカルタ(インドネシア)線にファーストクラスの設定があり、カップも登場したことがあったのですが、現在はなくなってしまいました。

それでも、アジア内のフライトで片道エコノミークラス15000マイル、ビジネスクラス25000マイルはお得です。30,000マイルで乗れるはずのファーストクラスは現在のところ事実上ない状況ですが、もしあったら、たったの3万マイルで搭乗できるのはかなりお得です。

もちろん、仮定の話をしても無駄ですので、現状は、エコノミークラス15000マイル、ビジネスクラス25000マイルがお得と言うところまでが限界ではありますが・・・。

【裏技】JAL便のストップオーバー


これまでアラスカ航空マイレージプランでは、スイートスポットという言葉では済まされないバグといってもよいような裏技がありました。

それは、JAL便のストップオーバーです。

ストップオーバーとは、経由地に24時間以上滞在することをいいます。これまで、アラスカ航空マイレージプランでは、次のような発券の仕方もストップオーバーを利用した片道航空券と認識していたのです。

例:バンコク⇒東京(24時間以上滞在)⇒香港

極端な話、デンパサール(インドネシア)⇒東京(24時間以上滞在)⇒デリー(インド)のような旅程も片道航空券として発券できましたので、たったの15000マイル(エコノミークラス)もしくは25000マイル(ビジネスクラス)で発券ができたのです。

これを上手に利用すれば、片道の特典航空券を、実質往復航空券として、アジア旅行をビジネスクラスで楽しむことができました。実践例として次のプランを上げます。

  1. とりあえずLCCで香港に往く
  2. 香港⇒東京(数か月滞在)⇒デンパサールのビジネスクラスを25000マイルで発券
  3. デンパサール⇒東京(数か月滞在)⇒香港のビジネスクラスを25000マイルで発券


    年に数回のアジア旅行をされる方なら、実質25,000マイルでビジネスクラス往復航空券を発券できる手法をご理解いただけたでしょうか。

    しかし・・・

    このような特典航空券の発券が先日できなくなってしまったようです。カップも何度か試してみましたが全然ダメでした。恐らく、不適正な特典航空券としてシステム上制限がかかったのだと考えます。

    アラスカ航空マイレージプランは終了?


    裏技好きの間では今回の現象をアラスカ航空マイレージプランの改悪としてネット上で拡散されています。カップが気づいたのも決して毎日特典航空券を発券できるか検索していたわけでなく、ネットで広まる噂を見て確認したからです。

    アラスカ航空公式サイトでもアジア域内のストップオーバーに制限をつけたとアナウンスしました。

    恐らく、アラスカ航空の立場からみれば、今回の現象は、制度改定というものではなく、エラーの修正ということなのかもしれませんね。

    マイレージの世界では時にこういったバグは起こりうるものです。一部継続的に利用してきた方にとっては改悪と呼ぶのも理解はできます。しかし、実質アジア内往復ビジネスクラス特典航空券をたったの25000マイルで発券できること自体が、正常なものではないということを気づかずに利用していた方は、むしろ稀少であったのではないでしょうか。多くの方はバグと気づきつつも黙って利用していたと考えるならば、今回の改正(というか適正化)は受け入れざるをえないと思います。

    カップもアラスカ航空マイレージプランを10万マイル以上保有しています。アジア内のビジネスクラス特典を目的として貯めてきたものですが、今回の実質改悪を受けてもアジア域内では片道25000マイルでビジネスクラスのJAL便を発券できることに感謝しつつ、今後もアラスカ航空マイレージプランの使い方を考えていこうと思います。

    アラスカ航空マイレージプランBuy Mileボーナスキャンペーン


    アジア域内のJAL片道ビジネスクラス特典航空券をたったの25000マイルで発券できるアラスカ航空マイレージプラン。現在Buyマイルのボーナスキャンペーンを開催しています。ユーザーによっては最大50%ボーナスという話ですが、残念ながらカップのアカウントでは最大40%ボーナスにとどまっています。

    アラスカ航空マイレージプラン40%」ボーナスキャンペーン

    現在、新規発行した、とあるクレジットカードの利用額を稼ぎたいと思っていますので、アラスカ航空マイレージプランのマイルも是非買い足したいと考えますが、人によっては50%ボーナスのキャンペーンと聞くと、ちょっと躊躇してしまいます。

    最大84,000マイル(60000マイル+Bounes24000マイル)を1,650米ドルというオファーは魅力的ではありますが、さて、どうしたものか熟慮を要します(*^。^*)

    スポンサーリンク



    飛行機旅行格安・身近に|ハピタスからのソラチカルートでライフチェンジング

    4月は札幌に遊びに行きました。学生時代の友人に会って、飲むだけのために・・・。そして5月は沖縄に遊びに行きます。主たる目的は日頃の仕事のストレスから解放されて、リゾート気分を味わうこと。友人と二人で行きますのでいつもの節約旅行ではありません。マリオットオキナワリゾート&スパとダブルツリーヒルトンに宿泊して全力でリラックスすることを目的としています。一介のサラリーマンが毎月のように旅行しているのって...

    初心者だからできるANAマイル錬金術で国際線ビジネスクラスに乗る方法

    ANAマイレージクラブで国際線ビジネスクラスに搭乗するには何マイル必要でしょうか。 直行便で考えると、 東南アジアなら55,000マイル~63,000マイル 北米なら75,000マイル~90,000マイル 欧州なら80,000マイル~95,000マイル シーズンによって必要マイル数が異なります。 でも、とりあえず10万マイルあれば、好きなところに行けると思いませんか? 本日は、初心に...

     カテゴリ
     タグ