スポンサーリンク

JCB|スマホ決済で最大10,000円キャッシュバック

10月1日に消費税が原則10%に改悪された日本。財政健全化のためとはいえ財布に厳しいですよね。でも同時進行でキャッシュレス決済が推進されていることは満更悪くありません。

なぜなら、キャッシュレス決済による消費を活性化させるためのキャンペーンが官民一体となって盛り上がりを見せているからです。

いわゆるスマホ決済ですね。数あるキャンペーンの中でもカップが気に入っているのがJCBスマホ決済20%キャッシュバックキャンペーンです。QuickPayが使えるお店ならどこでも20%バックの対象になります。

せっかくの大型キャンペーン。上手に利用している方は1万円のキャッシュバックを複数回受けるようです。まだまだ間に合う20%の複数回どり。あなたも参戦してみませんか。

スポンサーリンク

JCBでスマホ決済!全員に20%キャッシュバックキャンペーン!の条件


忘れてはいけない3つの条件


最高5万円までの利用で20%キャッシュバックということは1万円のキャッシュバックを受けることができるキャンペーンです。しかし、適用条件を間違えてはなにももらえません。まずは、基本となる3つの条件を確認してみましょう。

  1. JCBカードをApple Payまたは Google Pay(TM)に設定
  2. キャンペーンに参加登録
  3. Apple Payまたは、Google Payを利用


以上、基本的な条件は3つありますが、スマホ決済で利用するわけですから正直①と③は忘れようがありません。注意すべきは②のキャンペーンエントリー。忘れてはいないと思いますが、もう一度確認してみましょう。すでにキャンペーンエントリ-済の場合は、以下のメッセージがでるだけですのでお気軽に試してみましょう。二重エントリーで不正と判断されてしまった!?なんてことにはなりませんのでご安心ください。エントリーページのリンクも張っておきますね。

JCBスマホ決済エラーメッセージ

エントリーページ


重複適用が許される条件


一枚のJCBカードをスマホ決済設定してエントリーすれば、あとは、スマホ決済でキャンペーン期間に利用した金額の20%相当の金額が、以下の時期にキャッシュバックされます。

キャンペーン期間
2019年 8月 16 日(金)~2019年 12月 15 日(日)


  • JCBクレジットカード
    2020年3月10日(火)お支払い時にキャッシュバック

  • JCBデビットカード
    2020年4月10日(金)お支払い時にキャッシュバック

  • JCBプリペイドカード
    2020年3月31日(火)までに対象カードのバリューに加算


あと気になることと言えば、どのようにして複数回利用するかということです。それに関する疑問をまとめてみます。


Q1 一枚のJCBカードをApplePayとGooglw Payそれぞれに登録すれば、最高2万円のキャッシュバックを受けられますか?

A1 いいえ。その場合もカード一枚につき最高1万円のキャッシュバックになります。


Q2 家族カードを発行すれば、本人分+家族分で、最高2万円のキャッシュバックを受けられますか。

A2 本人カード、家族カードそれぞれでスマホ決済に登録、エントリー、利用すれば、それぞれのカードで最高1万円のキャッシュバックを受けることができます。家族カードを2枚発行なら最高3万円、3枚発行なら本人カードと合わせて最高4万円までキャッシュバックを受けられます。


Q3 JCBカードを複数枚持っている場合、カードごとに最高1万円キャッシュバックを受けられますか?

A3 一人で複数枚のカードを持っている場合は、カードごとに最高1万円のキャッシュバックを受けることができます。
 ANA JCBスーパーフライヤーズとソラチカカードの2枚をお持ちの方なら、それぞれで最高1万円のキャッシュバックを受けられますので、合わせて最高2万円となります。
それぞれで家族カード1枚発行されている方なら、最高4万円のキャッシュバックを受けることができます。



Q4 すでに持っているJCBカードでスマホ決済5万円を達成してしまいました。キャンペーン期限の12月15日までもう少し枠を増やすにはどうすればいいですか。

A4 既存のJCBカードで家族カードを発行できないか検討してみましょう。または、新たに20%キャッシュバックの対象となるJCBカードを発行してみましょう。その際には、そのカードで適用される入会キャンペーンの条件も達成すれば更にお得です。



Q4は、変な質問になってしまいましたが、JCBでスマホ決済!全員に20%キャッシュバックキャンペーン!はこれから新規入会するカードに対しても適用されるということは重要な情報ですね。12月15日までに無駄遣いすることは不要ですが、戦略的にカードを新規発行してキャンペーンを併用することは賢明な判断ではないでしょうか。


陸マイラーの皆さまなら同時にマイルを獲得したいと思いますよね?マイルを貯めるカードでキャンペーンの適用になるものをまとめてみました。


JCBスマホ決済20%キャッシュバック併用でお得にマイルを貯める


ANAマイルを貯める


ANA

ANAマイルを爆発的に貯められるキャンペーンを開催してますが、申込するならJCBスマホ決済のキャッシュバック目的の5万円利用ではなく腰を据えて取り組みたい内容です。でも、初年度年会費無料は魅力。候補からは外せません(*^-^*)

JALマイルを貯める


JAL

JTB旅カードJMBを利用しても直接JALマイルは貯まりませんが、JTB旅カードJMBホルダーなら、JTBトラベルポイントからJALマイルへ5000pt⇒JAL2500マイルに交換できますので、今回の候補に挙げさせていただきました。

ダイナスティフライヤーを貯める


チャイナエアライン

チャイナエアラインのマイレージプログラムです。以前貯めていたこともありますが失効してからは付き合いがありません。今回は候補から外します。

スカイマイルを貯める


デルタ航空

言わずと知れたデルタ航空スカイマイル。3万マイルあれば韓国往復ビジネスクラスを発券できます。普通カードだと初年度年会費無料。20万円利用で計5,500マイルをキャンペーンで獲得できます。なかなか魅力的です(*^-^*)

マイレージプラスを貯める


ユナイテッド航空

こちらもクラッシックカードはお手頃ですね。年会費は本人1,250円(税別)、家族400円(税別)必要ですが、入会キャンペーンで1,000マイル、10万円利用で4,000マイルのプレゼントは魅力的。夫婦でスマホ決済5万円ずつで2万円のキャッシュバックとANA国内線片道特典航空券発券可能なマイルプレゼント。魅力的ですね(*^-^*)

スターリンクを貯める


スターフライヤー

アシアナクラブを貯める


アシアナ航空

スカイパスを貯める


大韓航空

クリスフライヤーを貯める


シンガポール航空

フライングブルーを貯める


エールフランス航空

ロイヤルオーキッドを貯める


タイ航空

数あるマイレージプログラムの中から何を選ぶ?その基準は?


JCBスマホ決済20%キャッシュバックキャンペーンに利用できそうなカードは何種類もあることが分かりました。複数枚のカードを取得することで、1万円のキャッシュバックを1万円×カードの枚数と掛け算で増やすことも分かりました。

しかし、キャンペーンの期限は2109年12月15日です。残り2か月余りでそれほど決済をすることもありません。ここは、カップのライフスタイルに合わせてカードを選ぶ必要があります。どのように選ぶかその基準を下記のように設定してみました。

  • 現在貯めているマイルから選ぶ
  • 原則JCBスマホ決済専用
  • 12月15日後は死蔵して後日解約
  • 年会費は必要最小限



基準を明確にすると選びやすいですね。いくつか候補を挙げると、

  • ANA JCBカード
  • JTB旅カードJMB
  • デルタスカイマイルテイクオフカード
  • マイレージプラスJCBクラシックカード


の4つに絞ることができました。今回は、ゴールドカードなど年会費が高いものはカットしました(^^;

スポンサーリンク



飛行機旅行格安・身近に|ハピタスからのソラチカルートでライフチェンジング

4月は札幌に遊びに行きました。学生時代の友人に会って、飲むだけのために・・・。そして5月は沖縄に遊びに行きます。主たる目的は日頃の仕事のストレスから解放されて、リゾート気分を味わうこと。友人と二人で行きますのでいつもの節約旅行ではありません。マリオットオキナワリゾート&スパとダブルツリーヒルトンに宿泊して全力でリラックスすることを目的としています。一介のサラリーマンが毎月のように旅行しているのって...

初心者だからできるANAマイル錬金術で国際線ビジネスクラスに乗る方法

ANAマイレージクラブで国際線ビジネスクラスに搭乗するには何マイル必要でしょうか。 直行便で考えると、 東南アジアなら55,000マイル~63,000マイル 北米なら75,000マイル~90,000マイル 欧州なら80,000マイル~95,000マイル シーズンによって必要マイル数が異なります。 でも、とりあえず10万マイルあれば、好きなところに行けると思いませんか? 本日は、初心に...

 カテゴリ
 タグ