スポンサーリンク

nanacoの裏技

7PAYが発表されたとき、電子マネーnanacoは衰退の一途を辿るものと考えていました。それを裏付けるようにnanacoのポイント還元率は半減し、また、nanacoでの支払い対象も縮小されるかのようなアナウンスも6月下旬にされました。

しかし、なくなるのは7PAYの方だったというのは非常に興味深い事実です。もちろん7PAYがサービス終了するのは不正ログインの被害が相次いだことが原因です。セブン&アイ・ホールディングスの経営方針がnanaco重視へシフトするわけではありません。それでも、生きながらえる可能性が増したことについてはカップとしては大歓迎です。

電子マネーnanacoはクレジットカード支払いができないものを支払いすることができますので、カップだけではなく陸マイラーにとってはnanaco延命の可能性が増したことについては、大歓迎なのではないでしょうか。

この記事では電子マネーnanacoのちょっと変わった使い方についての情報を提供します。

スポンサーリンク

クレジットカードで支払い不能でもnanaco払いなら可能なもの


ANA JCBプリペイドカード


ANA JCBプリペイドカードはご存知でしょうか。JCBが発行するプリペイドカードの一つです。使用によって0.5%相当のANAマイルを貯められる、あるいは0.5%相当のキャッシュバックというポイント還元を受けることができる特長を有します。


また、ANA JCBプリペイドカードは事前にチャージすることによって利用が可能になりますが、チャージ方法は以下の4つがあります。


  • クレジットカードでチャージ(JCBカードのみ)
  • コンビニエンスストア(LAWSON)店頭でチャージ
  • WEBコンビニでチャージ
  • 銀行口座からチャージ



このうち、WEBコンビニでチャージとは、事前にチャージ金額を申し込みしたうえでコンビニで支払いをすることでチャージができるようになるのですが、セブンイレブンでの支払いには電子マネーnanacoを利用することができます。しかも1万円以上のチャージであればチャージ手数料は無料です。


ポイント1

ANA JCBプリペイドのチャージは電子マネーnanacoで可能


nanacoへのチャージ可能なクレジットカードはJCBに限られない


何が言いたいかというと、ANA JCBプリペイドのチャージはクレジットカードで直接するよりも、nanacoを通すことでメリットが生じるケースがあるということです。


そして裏技思考では、そのメリットによって得られる利益のために、中継地点としての役割をnanacoに担ってもらおうということになります。


では、具体的にどのようなメリットがあるのか考えてみましょう。


もともと直接ANA JCBプリペイドにチャージできるクレジットカードに対してはメリットを感じませんが、例えば、VISAやMASTERなどANA JCBプリペイドにチャージできないけどnanacoにはチャージできるカードに対してはメリットがありますね。ポイントの二重取りです。


リクルートカードVISA(1.2%)⇒nanaco⇒ANA VISAプリペイド(0.5%)


上記のようにして1万円を利用すると、リクルートカードからnanacoへのチャージで1.2%のポイント獲得、そしてANA JCBプリペイド使用で0.5%のキャッシュバック(もしくはANAマイル獲得)を受けられます。


ひと工夫することで還元率を合わせて1.7%に増やすことができました。


ポイント2

nanacoがあれば、nanacoチャージ可能なクレジットカードでANA JCBプリペイドにチャージできる。


JCBでスマホ決済!全員に20%キャッシュバックキャンペーン


このテクニックがどこに活かされるかというと、現在JCBで開催しているJCBでスマホ決済!全員に20%キャッシュバックキャンペーン!に利用できるということです。スマホ決済はGoogle Pay(TM)に限りますけどね。Apple Payはプリペイドカードには対応していないからです。

スマホ決済JCBカード


最高1万円のキャッシュバックキャンペーンはANA JCBプリペイドもその対象です。このキャンペーンは、所定のJCBカードのみの特典ですが、nanacoを使ったANA JCBプリペイドへのチャージ技を使うことで、一部のVISAカードやMASTERカードでも適用可能になります。


ポイント3

nanacoがあれば、VISAやMASTERでもJCBでスマホ決済!全員に20%キャッシュバックキャンペーンに参加可能。


三井住友カード新規入会&Vpassアプリログインで最大1万2千円プレゼント


三井住友カード入会キャンペーンとJCBスマホ決済の合わせ技で40%還元


ところで、三井住友カード新規入会&Vpassアプリログインのキャッシュバックキャンペーンってご存知ですか?

三井住友カード


簡単に説明すると、三井住友カードに入会して、Vpassアプリログインしてカードを6万円利用すると20%相当の12,000円が現金還元されるというキャンペーンです。


詳細は、引用元を見てください。

キャンペーン詳細

対象

以下の条件すべてを満たした本会員

  1. キャンペーン期間中に、新規にクレジットカードにご入会
  2. カードご入会月の2ヵ月後末までに、Vpassアプリへログイン
  3. カードご入会月の2ヵ月後末までに、クレジットカードまたはiDでお買物利用

特典

ご利用金額の20%(最大12,000円)プレゼント

注意事項

毎月のご利用金額に20%を乗じた金額をカード利用月+2ヵ月後末までに毎月プレゼントします。

特典の最大金額は12,000円となります。

特典金額12,000円は2019年6月1日より実施しているキャッシュレスプラン8,000円、期間限定(2019年9月2日~12月27日)キャンペーン4,000円の合算金額になります。

特典金額は小数点以下切り捨てにて算出します。

例)期間中に

5,000円ご利用された方→1,000円プレゼント

40,000円ご利用された方→8,000円プレゼント

33,333円ご利用された方→6,666円プレゼント

60,000円以上は12,000円のプレゼントとなります。

パソコンでのVpassログインとアプリログインは異なりますのでご注意ください。

Vpassアプリのご利用にはインターネットサービス「Vpass」のご登録が必要です。

Vpassアプリはカード到着後にログインができます。




キャッシュバックの上限が12,000円ということですから、5万円利用のときは10,000円キャッシュバックされます。かなりお得なキャンペーンですよね。


今、三井住友カードに入会して、nanacoチャージして、それをANA JCBプリペイドに更にチャージして5万円利用すると、


  1. 三井住友カードから1万円キャッシュバック
  2. JCBカードから1万円キャッシュバック


合わせて2万円のキャッシュバックを受けることができます。


5万円のショッピングで2万円のキャッシュバック。

20%+20%=40%


ものすごいキャンペーンだと思いませんか?


誰が何と言ってもお得なキャンペーン、あなたも今すぐ参加してみてください。


三井住友VISAカード年会費永年無料のエブリプラスを作成してANA JCBプリペイドに5万円チャージしてみましょう。それをGoogle Pay(TM)で利用するだけで2万円はあなたのものになりますよ(*^▽^*)







電子マネーnanacoのクレジットカードチャージ改悪

電子マネーnanacoのクレジットカードチャージ制限が2019年9月19日より改定されました。言うまでもなく改悪です。nanacoと言えば、6月に「2019年6月下旬より、順次セブン‐イレブン店舗において物品またはサービス以外は「nanaco」でお支払いいただけない場合がございますのでご了承ください。」とアナウンスされて以来、改悪がいつ来るか!?と気にされているユーザー様も多かったと思いますが、その余波がクレジットカードチャージ...

永久機関がまた一つ消滅|ドコモ口座コンビニチャージ改定

永久機関の定義はいくつかありますが、陸マイラー的にはある一定の工程を繰り返すことでマイルを増産する方法といえるかもしれません。古くは、クレジットカード使用分の支払いを電子マネーEdyでコンビニ払いすることができました。Edyのチャージをクレジットで行ったとしたら、Edyチャージ→支払いをEdyでコンビニ払いを繰り返すことで若干の手数料でクレジットカードのポイントをタダどりできた時代もありました。もちろんこれは...

スポンサーリンク



飛行機旅行格安・身近に|ハピタスからのソラチカルートでライフチェンジング

4月は札幌に遊びに行きました。学生時代の友人に会って、飲むだけのために・・・。そして5月は沖縄に遊びに行きます。主たる目的は日頃の仕事のストレスから解放されて、リゾート気分を味わうこと。友人と二人で行きますのでいつもの節約旅行ではありません。マリオットオキナワリゾート&スパとダブルツリーヒルトンに宿泊して全力でリラックスすることを目的としています。一介のサラリーマンが毎月のように旅行しているのって...

初心者だからできるANAマイル錬金術で国際線ビジネスクラスに乗る方法

ANAマイレージクラブで国際線ビジネスクラスに搭乗するには何マイル必要でしょうか。 直行便で考えると、 東南アジアなら55,000マイル~63,000マイル 北米なら75,000マイル~90,000マイル 欧州なら80,000マイル~95,000マイル シーズンによって必要マイル数が異なります。 でも、とりあえず10万マイルあれば、好きなところに行けると思いませんか? 本日は、初心に...

 カテゴリ
 タグ