スポンサーリンク

nanacoクレジットチャージ改悪

電子マネーnanacoのクレジットカードチャージ制限が2019年9月19日より改定されました。言うまでもなく改悪です。nanacoと言えば、6月に「2019年6月下旬より、順次セブン‐イレブン店舗において物品またはサービス以外は「nanaco」でお支払いいただけない場合がございますのでご了承ください。」とアナウンスされて以来、改悪がいつ来るか!?と気にされているユーザー様も多かったと思いますが、その余波がクレジットカードチャージにまで及ぶとはびっくりですね。この記事ではクレジットカードチャージの何が改悪されたのか情報提供します。

スポンサーリンク

nanacoのクレジットカードチャージ、3つの制限


クレジットカードチャージは1日1回(改悪)


今回の改悪の最たるものはクレジットカードチャージは1日1回しかできないということです。これまでは、3回できていたのに残念です。ヘビーユーザー様にとっては寝耳に水な改悪だったのではないでしょうか。


2回目のチャージ手続きをしようとすると、次のエラー画面が出て先に進めることができません。(サーバーエラー:PGSE15

サーバーエラー:PGSE15


ご存知の通り、クレジットカードチャージの1回あたりの上限は3万円。nanaco自体は、1度に5万円までチャージ(センター預かり分除く)できますから、5万円の利用をしようとすると、2日間に分けてチャージしなければなりません。


カップは複数枚のnanacoを利用していますが、1枚につき、2万5千円ずつ2回チャージすることで5万円利用できるようにいつも準備しています。1日でできていたその作業が、2019年9月19日から2日かかるようになってしまいました。残念な改悪ですね。


月間の制限は10回まで(改悪)


1か月間あたりのチャージ回数もこれまで15回だったのが10回に変更されました。こちらについては、そもそも15回もチャージすることありませんでしたから大きな痛手にはなりません。nanacoの使い方によっては15回という枠を重要視している方もいらっしゃるのかもしれませんが、月間回数制限を最大限に活かすnanacoの活用法は残念ながらカップは把握していません。


nanacoカードへのチャージは月間20万円までが上限


nanacoカードへのチャージ金額にも月間20万円という上限があります。こちらは、これまで通りの制限であり、今回改悪されたものではありません。


ちなみにカップの電子マネーnanacoへのチャージ方法は、次の通りでした。


  1. 2万5千円×2回(計5万円)チャージ

  2. 月間20万円チャージ(チャージ回数は合計8回)


今回2つの改悪がありましたが、お分かりの通り②の作業には何ら影響はありません。しかし、①の作業をこれまでは、1日(というか合わせて数分間)でできていたものを日付をまたいで行う必要がでてきました。作業としては大変面倒になってしまいました。改悪の趣旨はどういうものなのでしょうか。


クレジットカードの変更をしたときの利用は24時間後から


nanacoのクレジットカードチャージ、3つの制限と題しましたが、ヘビーユーザーならきっと利用しているだろうnanacoクレジットチャージの登録カードの変更。登録クレジットカードの変更を行った場合は、その後24時間経過するまではクレジットカードチャージができません。


クレジットカードの登録変更をする理由は、最も還元率の良いクレジットカードの利用額を増やすために、複数枚のnanacoを渡り歩くためです。


例えば、nanacoカードを5枚持っていたとして、一枚のクレジットカードで1か月間に100万円(nanaco一枚当たり20万円×5枚)チャージしようとすると、同一のクレジットカードを複数枚のnanacoカードに登録することはできないので、毎月、5枚のnanacoカードに登録しなおす必要があります。


仮に5枚のnanacoカードをnanacoA、nanacoB、nanacoC、nanacoD、nanacoEとすると、これまで1枚当たりのnanacoカードのチャージ限度額20万円をフル活用しようとすると、最短で1日3万円×3回のチャージができましたので、約3日間必要でした。


nanacoAをフル活用し後でnanacoBに登録変更したとすると、登録変更後は24時間の待機時間が必要ですから、結果的に5枚のnancoを渡り歩くの必要な時間は、


nanacoA・・・3日間
nanacoB・・・3日間
nanacoC・・・3日間
nanacoD・・・3日間
nanacoE・・・3日間


理論上では15日間でできるはずでしたね。もっと言うならばnanacoが10枚あれば、30日間で20万円×10枚の200万円をチャージすることも可能だったということです。


しかし、今後は、1日1回の制限がありますから、nanacoカード1枚当たりの20万円枠をフル活用しようとすると、1日3万円ずつチャージしても、7日間必要です。つまり、5枚のnanacoカードを持っていたとしても一月でチャージできる金額は、月30日と考えると90万円までということになります。


200万円⇒90万円、なかなかの改悪ぶりです。といっても毎月それほど多額の金額をnanacoにチャージして使い切れるのかという問題もありますから、ここまで不利益を受ける方はごくごく一部の方だと思います。


カップに関して言えば、2万5千円チャージ×2回の数分間の作業が2日間にかけて行わなければならなくなったことが残念なところ。


でも、内緒話ですけど、カップの住む地域ではJiyuda!などのコンビニ払いをいまだに受け付けてくれています。こちらについても近いうちにできなくなるようですけど。もともとが制度の歪を狙っている裏技ですので適正化されるのはヤムナシと受け入れるしかないですね。

Jiyuda!の裏技について興味がある方は以下の記事を参考にしてください(^O^)/

セディナカードJiyu!da!の裏技|公式サイトでは教えてくれない実践テクニック

陸マイラーの方で、セディナカードJiyu!da!を推奨している方はどのような方でしょうか。最近のネット上の評判では、海外キャッシングの返済のしやすさが話題に挙がることが多いですね。でも、それだけでないセディナJiyu!da!。年会費無料!支払いも自由自在!だけではない実力を当ブログで徹底紹介いたします。...

スポンサーリンク



飛行機旅行格安・身近に|ハピタスからのソラチカルートでライフチェンジング

4月は札幌に遊びに行きました。学生時代の友人に会って、飲むだけのために・・・。そして5月は沖縄に遊びに行きます。主たる目的は日頃の仕事のストレスから解放されて、リゾート気分を味わうこと。友人と二人で行きますのでいつもの節約旅行ではありません。マリオットオキナワリゾート&スパとダブルツリーヒルトンに宿泊して全力でリラックスすることを目的としています。一介のサラリーマンが毎月のように旅行しているのって...

初心者だからできるANAマイル錬金術で国際線ビジネスクラスに乗る方法

ANAマイレージクラブで国際線ビジネスクラスに搭乗するには何マイル必要でしょうか。 直行便で考えると、 東南アジアなら55,000マイル~63,000マイル 北米なら75,000マイル~90,000マイル 欧州なら80,000マイル~95,000マイル シーズンによって必要マイル数が異なります。 でも、とりあえず10万マイルあれば、好きなところに行けると思いませんか? 本日は、初心に...

 カテゴリ
 タグ