スポンサーリンク

秋に旬のポイントサイトを探す

ポイントサイトにも旬があります。旬には旬のわけがある。ポイントサイトが陸マイラーを狙い撃ちするようになったのは2017年だったでしょうか。ポイントサイトのバナーにも「陸マイラー」といった言葉が記載されるようになりました。

そこで広まったのが友達紹介。陸マイラーが情報発信するサイトには必ずハピタスなどのポイントサイトの紹介するページがあります。紹介された方がポイントサイトに登録したり、利用すると紹介者も少しポイントをもらうことができます。陸マイラーはそのポイントをマイルに交換して国内国外を問わずに飛び回ることができます。カップも読者様のおかげで恩恵を受けている立場ですが、最近ちょっと風向きが変わってきたようにも思えます。

スポンサーリンク

ハピタスの友だち紹介に変化の兆し


ハピタス紹介制度リニューアル


変化の兆しとはポイントサイトの紹介制度の改定です。陸マイラー人気No.1のポイントサイト「ハピタス」が10月以降、友達紹介制度をリニューアルします。

これまでハピ友とシェアハピの2つの制度がありました。マイルdeチケットでは古くからあるハピ友制度で友達紹介をしてきましたが、今後、ハピ友とシェアハピはひとつの制度に生まれ変わります。進化した新制度は「ハピタスフレンド」と言います。


ハピタスフレンドとはどのような方針に基づいて生まれ変わるのでしょうか。公式サイトでは、次のように案内しています。


  1. 紹介者への報酬率の上限UP!

  2. 紹介者の評価が100段階に!

  3. 新規登録者への特典UP!

  4. 新しい評価基準「ハピフレスコア」を導入!



ひとことでまとめると「紹介者にとっては改悪、利用者にとっては改善」といったところでしょうか。紹介者への報酬率の上限UP!という項目もありますが、これまでの報酬率を維持できる方は少数だと思われます。トップクラスの方以外、大半の紹介者にとって紹介による報酬率は極端に下がると思われます。


しかし、一方で紹介された新規登録者はこれまで以上に簡単にお小遣いポイントを稼ぐことができます。登録後7日以内にハピタスを利用するだけで400pt獲得できるのですから。


また、これは、希望的観測ですが、ハピタスがこのような制度変更をする理由は、決してサイトを縮小することが狙いではなく、むしろ、今後ますます発展させるためのビジネスモデルの転換だと思われます。


何が言いたいかというと、ポイントサイトのビジネスモデルは、利用者がポイントサイトを通して案件を利用することで、利用先であるネットショッピングサイトやカード会社が、ポイントサイトに報酬を渡すことで成り立ちます。そして、その報酬の一部(イメージです。個別の案件利用ごとに計算されているわけではありません。)が、ポイントサイトの利用者やポイントサイトの紹介者に回ってきているわけです。


利用先である広告主の報酬をこれまで通りと考えると、紹介者への報酬を下げることで何が起きるでしょうか。


はい、そうです。ポイントサイト利用者の報酬やポイントサイト運営側の報酬の割合を増やすことができます。


そして、更にポイントサイト運営側の報酬(いわゆる利益、儲け)も固定すると、ポイントサイト利用者の報酬を増やすことができます。


ハピタスは、友達紹介にかかる紹介者への報酬を抑制し、既にハピタスに登録されている利用者の報酬を上げることで、ハピタス登録者の利用を促進しようと考えているのではないかとカップは考察します。それによって、更にハピタス人気が高まれば、運営側の利益を増やすことにつながるわけですから(*^▽^*)


一部希望的観測もありますが、マイルdeチケットはこれまで通りハピタスを優良ポイントサイトとして推奨します。


生まれ変わるハピタスに登録されたい方は、早めにご登録くださいね。


その買うを、もっとハッピーに。 | ハピタス
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス


紹介する側もポジティブ思考で


さて、ハピタスの友達紹介リニューアルは、結局、紹介する側にとっては改悪でしかないのかという話になりますが、一部のトップクラスの方以外は、その通り!としか言いようがありません。


でもね、その影響が、利用者にとってお得になる方向なら、紹介者として喜んでいいのではないでしょうか。そう思いませんか?


また、紹介による報酬率が下がったとしても、利用者がもらえる報酬が増えるとするなら、結果として、紹介者にも恩恵があるかもしれません。


紹介者がもらえるポイントは、

利用者の獲得ポイント↑×報酬率↓

によって決まるのですから。


ネットマイルを貯める「すぐたま」の攻勢


相次ぐ改善、ネットマイルが熱い


ポイントサイトの運営方針の変化は何もハピタスに限ったことではありません。ハピタスが、利用者の報酬アップを図っている理由のひとつは他サイトの報酬がハピタスを上回る案件が増えてきたという事情もあるのではないでしょうか。


その一つはネットマイルというポイントを貯める「すぐたま」というポイントサイトです。ANA陸マイラー必携のANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)発行では常に高額の報酬を提供してきた「すぐたま」は、報酬以外の面でもユーザー本位の改善を続けざまに出してきました。


  • ドットマネーへのポイント交換(8月)

  • プリンスポイントへの交換手数料チケット(8月)

  • Gポイントへのポイント交換(10月予定)


昨年末からポイント交換に手数料が必要になり、実質のポイントの価値が激減していたネットマイルですが、人気凋落の傾向でもあったのでしょうか。ここへきてユーザー本位の制度改定(要するに改善です(o^―^o)ニコ)が相次いでいます。


プリンスポイントへの交換手数料実質無料で等価交換


プリンスポイントはネットマイルで貯める

特にネットマイルは、ポイントサイトとしては唯一プリンスポイントへの等価交換ができる優良ポイントサイトです。プリンスポイントについては、過去の記事をご覧ください。使いようによっては、マイル以上にお得なポイント、ポイントサイトで貯められるなんて夢のような話です。(*^▽^*)

マイルよりお得なプリンスポイント【2019年版プリンスホテル宿泊券】

エアラインマイレージの面白いところは使い方によってびっくりするくらい価値が増大すること。10,000マイルなら10,000円分の電子マネーにしか交換できないのに、16万マイルあれば100万円を超える国際線ファーストクラスに交換することも可能。カップはマイルの使い方に興味があります。でも、他のポイントでも同様に使い方によってすごく価値が高まるもののあります。この記事では、その代表格であるプリンスポイ...

プリンスホテルプラチナ修行|通常50万円必要な修行を5千円で達成する実践計画

ステータスを得るための修行ってご存知ですか?航空会社やホテルでは、顧客の囲い込み戦略としてマイルを始めとするポイント制度だけでなく、会員ランクをつくることで一般のお客様と乗客を区別する戦略を実施しています。より多くのお金を落としてくれると思われる上客をお得意さんにすることで売り上げを伸ばそうという魂胆なのでしょうか。熾烈な競争社会の中で、同一サービス、同一価格の原則なんて通用しません。とにかく上客...


昨年末の手数料発生という改悪は大変残念ではありましたが、手数料を考慮しても、なお、プリンスポイントへの交換は、ソラチカルートに優るに劣らない錬金術ともいえるポイント交換です。一度は必要になった交換手数料を実質無料に戻す制度改定は利用者としては大歓迎です。マイルdeチケットで一押しのポイントサイトに昇格ですね。


ネットマイルを貯める「すぐたま」にご登録される方は、下記バナーからお願いします。登録手続きはメールアドレスがあれば簡単に行うことができます。


ネットマイルを貯める「すぐたま」
無料ですぐ貯まる!ポイントサイトすぐたま

スポンサーリンク



飛行機旅行格安・身近に|ハピタスからのソラチカルートでライフチェンジング

4月は札幌に遊びに行きました。学生時代の友人に会って、飲むだけのために・・・。そして5月は沖縄に遊びに行きます。主たる目的は日頃の仕事のストレスから解放されて、リゾート気分を味わうこと。友人と二人で行きますのでいつもの節約旅行ではありません。マリオットオキナワリゾート&スパとダブルツリーヒルトンに宿泊して全力でリラックスすることを目的としています。一介のサラリーマンが毎月のように旅行しているのって...

初心者だからできるANAマイル錬金術で国際線ビジネスクラスに乗る方法

ANAマイレージクラブで国際線ビジネスクラスに搭乗するには何マイル必要でしょうか。 直行便で考えると、 東南アジアなら55,000マイル~63,000マイル 北米なら75,000マイル~90,000マイル 欧州なら80,000マイル~95,000マイル シーズンによって必要マイル数が異なります。 でも、とりあえず10万マイルあれば、好きなところに行けると思いませんか? 本日は、初心に...