スポンサーリンク

ソラチカカードはすぐたまで


海外旅行は飛行機の上級クラスで楽しさもランクアップする。陸マイラーになったカップの実感です。2012年以降はANA To Me CARD PASMO JCB(通称ソラチカカード)のおかげで国際線ビジネスクラスに搭乗することも夢ではなくなりました。

今なら、クレジットカードをつくれる人なら誰でもビジネスクラスを利用したラグジュアリーな旅行ができます。

そんな夢のようなカード、ソラチカカードの入会キャンペーンが旬を迎えています。ソラチカカードのキャンペーンに加えてJCBのキャンペーンを併用してお得にショッピングができるからです。どれくらいお得なのか、なぜ、ソラチカデビューを今しないといけないのか、本日は、ANA To Me CARD PASMO JCB(通称ソラチカカード)の入会キャンペーンについての情報を提供します。

スポンサーリンク

ソラチカカードが陸マイラー最強のカードである理由


ソラチカルートでマイルを量産


陸マイラーにとってソラチカカードがなくてはならない理由とは、ANAマイルを大量に貯める手段として最も優れているカードだからです。もちろん、天井なしということではなく、年間21万~22万マイルを目安としなければなりません。


ソラチカカードでANAマイルを大量獲得できる理由とは、毎月東京メトロポイント20,000ptをANAマイル18,000マイルに交換することを可能にする唯一のカードだからです。


仮にビジネスクラス往復特典航空券を発券するに必要なマイル数が6万5千マイル程度であるならば、メトロポイントを7万3千ポイント貯めることができればポイント交換で必要マイル数を貯めることができます。


事実カップは来年パース(オーストラリア)へのビジネスクラス航空券をANA6万5千マイルで発券していますが、必要なコストは、7万3千円分のメトロポイントと3~4万円程度のサーチャージ等のみです。


=参考記事=

ANAマイレージクラブ特典航空券、お得な路線はどこか

マイルを貯める目的はなんでしょうか。例えばANAマイルだとスカイコインに交換して航空券やツアーを購入するといるという方法が流行っていますね。この方法だとサーチャージもマイルで購入できますし、ツアーの内容によってはホテルや食事などもコミコミで完全な無料旅行を楽しむことも可能です。カップも2018年に実践したSFC修行では、スカイコインに交換したマイルで航空券を購入してステータスを獲得しました。マイル⇒スカ...


そしてメトロポイントの貯め方というのも、LINEポイントからのポイント交換で賄うことが可能です。こちらのポイント交換も90%のレートで行うことができますから、結局のところ、


LINEポイント 80,000pt
 ↓
メトロポイント  72,000pt
 ↓
ANAマイレージ 64,800マイル



というポイント交換でANAマイル約6万5千マイルを用意することができます。


8万円相当のLINEポイントを数十万円相当のオーストラリア往復ビジネスクラス航空券を発券するに必要なマイルに交換することのできる錬金術としか言いようのないポイント交換することができる手段は、現在のところソラチカカードを持つこと以外ではありえません。陸マイラーがソラチカルート利用可能なソラチカカードを必須のカードと断じる理由をご理解いただけるのではないでしょうか。


ソラチカルートだけでないソラチカカードの魅力


魔法のような錬金術を可能にするソラチカカードですが、その魅力はソラチカルートだけではありません。


通常2,160円(税込)必要な年会費が初年度無料、2年度以降もスマリボというリボ払いの設定をすることで1,350円のキャッシュバック、年会費は2年目以降もわずか810円の負担に抑えることができます。


そのうえ、毎年度の更新ではANAマイル1,000マイルをプレゼントされますから、もはや年会費は実質無料どころかマイナスといえるのかもしれません。


ソラチカカード入会で受けることができる3つのメリット


ソラチカルートの入会キャンペーン


ANAマイラーなら必ず持っていて欲しいソラチカカードですが、今なら、最大36,100マイル相当のマイルやポイントを獲得できるキャンペーンが開催されています。


ソラチカカード入会キャンペーン

  1. 入会ボーナス ANA1,000マイル

  2. ANA主催キャンペーン 最大16,500マイル

  3. JCB主催キャンペーン 最大18,600マイル相当

  4. 東京メトロ主催キャンペーン 500メトロポイント


最大36,100マイルキャンペーンというのは、ANAカード公式サイトの案内で、実際にはソラチカルートを賢く活用することで最大ANA45,400マイル貯めることができます。


【裏技】OkiDokiポイントをソラチカブーストでANAマイルに交換

というのは、ANAカード公式サイトでいうところのJCB主催キャンペーン 最大18,600マイル相当というのは、つまるところOkiDokiポイント6,200ポイントのプレゼントのことです。OkiDokiポイント6,200ポイントを通常のルートでANAマイルに交換すると、ANA18,600マイルですが、これをOkiDokiポイント⇒メトロポイント⇒ANAマイルの所謂ソラチカルートに乗せることで、6,200×5×0.9=ANA27,900マイルにすることができるからです。

以前、ソラチカルートが90%の交換で会ったときに似たような記事を書きましたね。参考にしてください。

=参考記事=

ソラチカルートのブーストで27,400マイルが39,350マイルに

ANA陸マイラーにとって欠かせないカードとはANA To Me CARD PASMO JCB。通称ソラチカカード。東京メトロのカードですが首都圏在住でないANA陸マイラーにも必須のカードです。その理由は、ソラチカルート。各種ポイントからANAマイルへの交換率を90%に押し上げることができる交換ルートです。本日は、ソラチカルートがいかにポイント交換率を上げるのか、実践例を見ながら考えてみましょう。...


初年度年会費無料のカードでANA42,610マイル貯めることができるなんて信じられないキャンペーンですよね。ソラチカカード入会は今しかないですよ!!


JCBのキャッシュバックキャンペーン


ソラチカカードは、国際ブランドがJCBに限定されていますが、今、JCBが熱いってご存知ですか?

JCB、スマホ決済で20%キャッシュバック



なんと、スマホ決済を5万円分するだけで、1万円のキャッシュバックを受けることができます。当然スマホ決済の金額もJCB主催の入会キャンペーンの利用条件の算定の対象になります。


すぐたまのキャンペーン


更に嬉しいのはポイントサイト経由での申込でもソラチカカードの入会キャンペーンとJCBのキャッシュバックキャンペーンの対象になるということです。


現在だと超おススメのサイトはすぐたまです。


すぐたま経由ソラチカカードで15,000mile獲得



上記の広告の通り、7,500円相当のネットマイルを獲得することができます。7,500円相当ってどのポイントサイトよりも高い報酬ではないでしょうか。実は、このネットマイル(15,000mile)も上手に活用するとANA6,075マイルに交換することが可能です。その方法は次の記事でご案内しますのでご一読お願いします。

ソラチカルートに斬りこみ!「すぐたま」のネットマイルがGポイントにcoming soon!

ANAマイルを圧倒的なスピードで貯めることができるソラチカルート。ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)所有者のみができるポイント交換です。過去、多くのポイントサイトからソラチカルートの入り口になるメトロポイントへの交換が停止し、人気に陰りがみえていましたが、ここへきて復活のムード。本日は、その一つとして、ネットマイルからGポイントへの交換が始まるという情報をお知らせします。...


まとめ


以上の通り、ANAマイラー必須のソラチカカードの入会は今が旬でです。マイルを貯めて上質な飛行機旅行をしてみたいという方は、この機会に是非ソラチカカードに入会しましょう。


ソラチカカード入会を今すべき3つの理由

  • ソラチカカードの入会キャンペーンでANA45,400マイル獲得

  • JCBのキャッシュバックキャンペーンで10,000円獲得

  • すぐたまのキャンペーンで7,500円相当のネットマイル獲得


すぐたまは、ネットマイルを貯めるためのポイントサイトです。ソラチカルートに乗せることも可能なすぐたまにもこの機会に登録してください。


すぐたま 期間限定 ここから登録で600mile(300円相当)GET!

スポンサーリンク



飛行機旅行格安・身近に|ハピタスからのソラチカルートでライフチェンジング

4月は札幌に遊びに行きました。学生時代の友人に会って、飲むだけのために・・・。そして5月は沖縄に遊びに行きます。主たる目的は日頃の仕事のストレスから解放されて、リゾート気分を味わうこと。友人と二人で行きますのでいつもの節約旅行ではありません。マリオットオキナワリゾート&スパとダブルツリーヒルトンに宿泊して全力でリラックスすることを目的としています。一介のサラリーマンが毎月のように旅行しているのって...

初心者だからできるANAマイル錬金術で国際線ビジネスクラスに乗る方法

ANAマイレージクラブで国際線ビジネスクラスに搭乗するには何マイル必要でしょうか。 直行便で考えると、 東南アジアなら55,000マイル~63,000マイル 北米なら75,000マイル~90,000マイル 欧州なら80,000マイル~95,000マイル シーズンによって必要マイル数が異なります。 でも、とりあえず10万マイルあれば、好きなところに行けると思いませんか? 本日は、初心に...

 カテゴリ