スポンサーリンク

トラベレックス

日本国内で外貨両替をしたいときはどうするのでしょうか。両替というと真っ先に思い浮かぶのが銀行。でも、そこは為替レートが悪いと聞いています。1ドル≒100円のレートでも、1,000ドル用意してもらうのに、103,000円かかるとかかからないとか・・・。

そんな高い手数料支払えません!と街中を探してみると、ありました!銀行よりもレートの良い両替方法が。それが、チケットショップです。そして更にお得なサービスが・・・

スポンサーリンク

国内で米ドルを用意する方法


銀行で米ドルに両替


一般的に銀行では、米ドルの為替レートは1ドルあたり1円の差益と2円の手数料が加算されます。


1ドル107円の時は、107+(1+2)=110円で購入するイメージです。つまり、100ドルなら11,000円です。


分かりやすくいうと100ドルあたりの両替コストが、3,000円するというのです。これは、ぼったくりですね。両替方法が銀行のみであるならば、仕方ありませんが、現在は、様々な両替方法があります。わざわざ銀行で両替しようと思う人はいないのではないでしょうか。


チケットショップで米ドルに両替


一方で街中のチケットショップでも米ドルへの両替をしてくれるサービスのあるところがあります。レートはチケットショップごとに異なりますが、例えば、大阪梅田にあるアイギフト様ですと、銀行よりもレートがいいです。


大体1ドルあたり1円の手数料。1ドル107円の時は108円となります。100ドルですと108,000。銀行での両替よりも2,000円お得に両替できます。


参考までにアイギフトにおける手数料込みのレート票を張っておきます。


アイギフト外貨両替レート


銀行で米ドルに両替するよりは大分お得ですね。


国内最安!マネーパートナーズの外貨両替


外貨両替の手数料を最安にする方法は、街中での両替ではありません。マネーパートナーズなどのFX会社を利用する外貨両替こそ最安だとカップは考えます。





銀行や金券ショップなどとは比べ物にならないレートで外貨を用意できます。海外旅行時には空港で受け取ることもできますから無駄がなくていいですね(・∀・)イイネ!!


とはいっても、旅行時の両替は、クレジットカードによる海外キャッシングに優るものはないというのが本音ですけど( ´艸`)


(参考)

セブ(フィリピン)到着!空港での両替は損って本当ですか?

フィリピンのセブ島に遊びに行ってきました。初めてのフィリピンということではありませんので、千円分程度のフィリピンペソは持っていましたが、それだけではホテルにチェックインして夕食をとるにしても、満足には食べられないでしょう。まずは両替をする必要がありますが、どこでするのが正解か。カップの実践例をお話しします。...


トラベレックスジャパンの外貨両替


前振りはここまでとして、この記事のメインはトラベレックスジャパンの紹介です。


トラベレックスジャパンでは、トラベレックスの店頭でのご両替なら、JCB、Mastercard、ライフカードのクレジットカードで外貨購入可能なので裏技好きの陸マイラーとしては見逃せませんよね?


外貨両替もできてクレジットカードのポイントまで貯めることができるなんて陸マイラーとして最高!な両替方法ではありませんか。


気になるレートは・・・

トラベレックスの為替レート

Yahoo!ファイナンスでのレートが106.58円の現在1ドル110円超とは、どういうことでしょうか。

Yahoo!ファイナンス米ドルレート

正直、お話になりません。手数料率を計算すると、

(110-106.58)/106.58≒0.032

なんと約3.2%という結果になりました。はじめに紹介した銀行のレートよりも悪いのですね。全然ダメです。


でも・・・


裏技好きとしてはここまでの話では終わりません。


仮にポイント還元率3.2%以上のクレジットカードでトラベレックスを使用して外貨両替したとするならば、実質手数料ゼロ円で外貨両替できたという話になります。


注意点としては、使えるクレジットカードは、JCB、マスター、ライフカードの3つです。VISAが使えないのは玉にキズですね。

スポンサーリンク



飛行機旅行格安・身近に|ハピタスからのソラチカルートでライフチェンジング

4月は札幌に遊びに行きました。学生時代の友人に会って、飲むだけのために・・・。そして5月は沖縄に遊びに行きます。主たる目的は日頃の仕事のストレスから解放されて、リゾート気分を味わうこと。友人と二人で行きますのでいつもの節約旅行ではありません。マリオットオキナワリゾート&スパとダブルツリーヒルトンに宿泊して全力でリラックスすることを目的としています。一介のサラリーマンが毎月のように旅行しているのって...

初心者だからできるANAマイル錬金術で国際線ビジネスクラスに乗る方法

ANAマイレージクラブで国際線ビジネスクラスに搭乗するには何マイル必要でしょうか。 直行便で考えると、 東南アジアなら55,000マイル~63,000マイル 北米なら75,000マイル~90,000マイル 欧州なら80,000マイル~95,000マイル シーズンによって必要マイル数が異なります。 でも、とりあえず10万マイルあれば、好きなところに行けると思いませんか? 本日は、初心に...

 カテゴリ