スポンサーリンク

ファミペイをお得に利用する方法

7月から始まった新しいサービス「ファミペイ」。皆さま既にご利用されていますか?

カップは下記記事で報告した通り、20000円チャージで3000円バックのキャンペーン目的で利用を開始しました。

ファミペイ開始|ファミマTカード消滅危機からの再生

明暗を分けたセブンペイとファミペイの船出。どちらも7月1日に始まりましたが、セブンペイにおいては、報道の通り大きなトラブルが発生しました。スマホ決済では昨年末に他人名義のクレジットカードが使われるというPayPayの失態があり、セキュリティ面の重要性について、教訓を生かせなかったことは残念です。一方のファミペイは順調な滑り出し。カップも昨日登録してファミリーマートで水道料金の支払いをしました。スマホ決済...

すでに水道料金の納付書払いもファミマで済ませて、10円分のボーナスも獲得しています。

収納代行にも利用できるってファミペイの大きな強みだと考えていました。でも、ちょっと待って。冷静に考えれば、これはミス?6000円の水道料金の支払いをして10円分のボーナスしかもらえないのですから還元率で考えると0.1%~0.2%です。

失敗を繰り返さないようにファミペイの使い方について考えてみました。

スポンサーリンク

ファミペイで収納代行は本当にお得?ファミペイよりもお得な2つの納付方法


一般に納付書の支払いでポイントを稼ぐことは難しいです。クレジットカードや電子マネーで支払えるものではありませんから。でも、ファミペイならそれが可能。しかも金額にかかわらず10円分のボーナスまでプレゼントしてくれます。ということは、1,000円以下の支払いであれば、還元率1%以上となりお得かもしれません。


しかし、カップが支払った水道料金は約6,000円です。10円分のボーナスをもらったとしてもあまりお得感がありません。むしろ水道料金の納付書払いは、下記2つの方法から選択すべきだったと反省しています。

  1. セブンイレブンでnanaco払い

  2. ミニストップでwaon払


チャージ方法を選べば、いずれの方法でも金額に関わらず2%程度の還元率を叩き出すことが可能です。6,000円分の納付書払いであれば、120円程度の利益を出すことができるのです。10円ってのはやっぱり失敗でしたね((+_+))


次回からは、失敗しないように気を付けたいと思います。


ファミペイでお得な買い物をするならJCBプレモカードがお得


JCBプレモカード

当初カップは、2万円をチャージして3千円分のボーナスを得られるのですから、ファミペイは水道料金の納付書払いで活用すれば良いと考えていました。


3,000円/20,000円≒15% と15%分のボーナスを得られるわけですから、それはつまり23,000円分の水道料金を20,000円の負担で支払うことができるという計算になります。約13%分も得に支払いをできたということになりますね。


でも、水道料金はセブンイレブンやミニストップで所定の方法で支払った方が賢明だったと反省しましたので、次回以降ファミペイで支払うことができません。


そう考えると、後日もらえる3,000円分のボーナスを含めた残高17,000円分のファミペイをどのように利用すれば良いのか考えなければいけなくなります。


現在考えられる最良の方法は、JCBプレモカードというプリペイドカードを購入することです。JCBプレモカードとは、ファミリーマートの利用だけでなく、その他百貨店・家電量販店・レジャー施設・インターネットショッピングなど、全国30万店以上で利用できるJCBのギフトカードです。簡単に言えばJCBの加盟店ならほとんどのお店で利用ができるということです。


そのJCBプレモカードですが、9月2日までの期間限定で、以下の通り、ファミリーマートで割引販売しているのです。


JCBプレモカード|ファミリーマートで割引販売


元の値段(定価)が、3千円分のJCBプレモカードだと3,300円、5千円分のJCBプレモカードだと5,300円と使える金額よりも300円高い理由は謎ですが、9月2日までにファミリーマートで購入すれば、5千円分のJCBプレモカードを4,900円で購入できます。


カップのファミペイ残高を考えると、5千円券を3枚、計15,000円分のギフトカードを14,700円で購入するとお得ですね。


もともとファミペイは、ファミリーマートとカエマというネットショッピングでしか利用できないというデメリットを抱えていますが、JCBプレモカードをファミリーマートで購入すれば、ファミマやカエマでしか利用できないという制約はなくなり、その意味でもお得なお買い物といえます。


今、思い返せば、ファミペイの新規キャンペーンを使いこなすなら、

  1. ファミマTカードで2万円チャージ

  2. バニラVISAギフトカード3千円分を7月15日までに2,970円で購入

  3. 3千円分のボーナス獲得

  4. JCBプレモカード5千円分×4枚を19,600円で購入

のプロセスを踏めば正解でした。


スマホ決済は雨後の筍のように次々にキャンペーンを繰り出しますので、常に最高の方法で攻略していくということは難しいですが、少ない小遣いでやりくりをしていますので、できるだけ上手く活用していきたいと考えます。


今回のような失敗を繰り返さないようにしたいですね。

スポンサーリンク



飛行機旅行格安・身近に|ハピタスからのソラチカルートでライフチェンジング

4月は札幌に遊びに行きました。学生時代の友人に会って、飲むだけのために・・・。そして5月は沖縄に遊びに行きます。主たる目的は日頃の仕事のストレスから解放されて、リゾート気分を味わうこと。友人と二人で行きますのでいつもの節約旅行ではありません。マリオットオキナワリゾート&スパとダブルツリーヒルトンに宿泊して全力でリラックスすることを目的としています。一介のサラリーマンが毎月のように旅行しているのって...

初心者だからできるANAマイル錬金術で国際線ビジネスクラスに乗る方法

ANAマイレージクラブで国際線ビジネスクラスに搭乗するには何マイル必要でしょうか。 直行便で考えると、 東南アジアなら55,000マイル~63,000マイル 北米なら75,000マイル~90,000マイル 欧州なら80,000マイル~95,000マイル シーズンによって必要マイル数が異なります。 でも、とりあえず10万マイルあれば、好きなところに行けると思いませんか? 本日は、初心に...

 カテゴリ
 タグ