スポンサーリンク

amazon(アマゾン)

ネットショッピングの雄、Amazon。いつでもどこでも、すぐに欲しい商品を運んでくれるAmazonは、あまりに便利すぎて、毎日のように注文しているという人も少なくないはず。そんなAmazonフリークのあなた、Amazonお得な活用法についてはすべてご承知ですか?

この記事ではAmazonをお得に利用する方法をまとめてみました。

スポンサーリンク

amazon prime(アマゾンプライム)に入会


amazon prime(アマゾンプライム)の特典


Amazonをお得に利用する方法で忘れていけないのがamazon prime。すでに入会されている方も多いと思いますが、その特典について確認してみましょう。


  • 配送料無料、お急ぎ便・お届け日指定が全て無料で利用可能
  • Fireタブレット割引購入
  • タイムセールの先行販売
  • 「プライムビデオ」で映像コンテンツが見放題
  • Prime Musicで音楽聞きたい放題
  • プライムリーディングでマンガ・雑誌読み放題
  • Amazonパントリーで一人暮らしも快適
  • 子育て世帯歓迎のAmazonファミリー
  • 容量無制限フォトストレージ「Prime Photos」
  • 「Audible (オーディブル)」お試し3カ月間無料
  • 「Amazonフレッシュ」で生鮮食品購入
  • プライム会員しか買えない「Wickedly Prime(ウィキッドリープライム)」
  • 自宅で試着!プライム・ワードローブ


それぞれ話せば長くなりますが、今回はamazon primeの一括りで。ライフスタイルによって活用できるものが変わりますからね。その代わり、後ほど、Amazonでのショッピングで役立つ7つのテクニックを提供します。


年会費は値上げ傾向


とっても便利なamazon primeですが、残念ながら無料でりようできるわけではありません。2019年4月からは年会費4,900円と値上げされています。月会費が500円ですから、当然一年契約の方が賢いですよ。年に数回しかAmazonを利用しないという方は、上記amazoprimeを見てその他のサービスで元を取る努力をしてみましょう。


Amazonを使いこなす7つの裏技


欲しいものは商品でなく割引率で検索


Amazonでお得な買い物をしたいと思う方の中には、商品から検索するのではなく、割引率から検索したいという方がいます。

一つの技としては、検索したいカテゴリや商品の一覧ページを表示して、そのURLの後ろに「&pct-off=90-」と加えると、そのページ内の商品の中から90%割引の商品を絞り込んでくれます。

しかし、URLの入力が面倒だという方には、Offsonというアプリを紹介します。先ほどと同様の検索が簡単にできますからお試しください。もちろん無料で利用できます。電脳せどりをされてる方にも人気のツールです。

商品の価格変化の推移をみて買い時を選ぶ


ご存知の方も多いと思いますが、Amazonの商品は日々価格が変動しています。型遅れでだんだん安くなるということではなく、時期によって変動するのです。季節ものというよりはセールのタイミングで価格が変わるという印象です。


ここで、問題になるのは、今、購入しようとしている商品の過去の価格変動です。たまたま欲しい商品に出くわしたとしても、一定周期でセールになる商品であれば、時期を見計らって購入したいと思うのは当然ですよね。


そんな時便利なツールは、Googleクローム拡張ツールにもあるKeeoa-Amazon Primce Trackerです。Amazon商品ページに過去の価格の推移が表示されますから、どのタイミングで購入すべきかが分かります。底値を狙ってショッピングしたいという方は活用しましょう。


スマホ「Amazon公式アプリ」でタイムセール通知


Amazonはプライムデーなどの大型セール以外でも常時タイムセールを実施している。タイムセールは、電脳せどり(買ったものを転売して利益を出す)ができるほどお得なセールです。

実は、スマホ版のAmazon公式アプリだけの機能ですが、Amazonで「ほしいものリスト」を商品ページ内のボタンから作っておくと、タイムセールが始まったときは通知をもらうことができます。

毎日チェックするわずらわしさから解放される便利な機能です。


買い物はクレジットカードよりもアマゾンギフト券がお得


Amazonでの買い物にはいろいろな決済手段があります。d払いの20%ポイント還元といったキャンペーンを利用できればお得な買い物ができることは疑いありませんが、いつでもお得に買い物したいという方にはアマゾンギフト券での買い物をお勧めします。


アマゾンギフト券は、定価よりも安く購入ができます。Amazonでも割引で購入できますが、お勧めはamatenというサイトです。5%以上の割引で購入できますからお得です。ただし、amatenでは、クレジットカード決済はできません。スマホ払いやクレジットカード払いのキャンペーンでの買い物が難しい時期に使えるわざと言えるかもしれませんね。


カップとしては、クレジットカードの入会キャンペーン等で必要な利用額の調整にアマゾンギフト券を購入した方がお得だと思います。先日紹介したイオンカードのキャンペーンでは使えなくなってしまいましたけど、多くのクレジットカードキャンペーンではまだまだ使える技だと思いますよ。

(参考)

イオンカード|最大10万円のキャッシュバックを活かす裏技

イオンカードが前代未聞の入会キャンペーンを開催しました。その内容は、最大20%キャッシュバックというものです。うん?PayPayやd払いでも同じようなことやってない?と思う事情通の方にも見逃せません。なぜならイオンカード入会キャンペーンのキャッシュバックは最大10万円(つまり利用額としては50万円)の大型キャンペーンだからです。イオンカード最大20%キャッシュバック、上限額10万円のキャンペーン内容の確...


Amazonの買い物はポイントサイトよりもクレジットカードのポイントモール


ネットショッピングといえばポイントの多重どり。陸マイラーの皆さまならすでに活用していると思います。しかし、Amazonでポイントを稼ぐのはちょっと大変。あまり還元率のよいポイントサイトが多くないからです。当ブログでも推しているハピタスやモッピーも還元率0%とかせいぜい0.5%。


そんな悩みを抱えているときはちょっと発想を変えてみてクレジットカードのポイントモールの利用を考えてみませんか。


例えば、JCBのOkiDokiランド、三井住友のポイントUPモール、MUFGカードのPOINT名人など、Amazonに関して言えば、いわゆるポイントサイトよりもお得な条件を出していることが多いです。お勧めは、セゾン・UCカードの永久不滅モールです。永久不滅モールはクレジットカード決済をしなくても永久不滅ポイントを獲得できますからアマゾンギフト券での商品購入でもOKですからカップも良く利用しています。


その他、JALマイラーさんなら、JALマイレージモールも外せないですね。


宅配はコンビニで受け取り可能


ネットショッピングで困るのは配達時に不在であること。一人暮らしの女性などは配達業者にいつの時間帯が不在なのかを知られるのも嫌ではないだろうか。あるいは、同居の方に何を購入したか詮索されるのも面倒かもしれない。


Amazonでは、注文時にコンビニを指定しておけば、お近くのローソン、ファミリーマート、ミニストップで受け取ることができる。ネットショッピングをしたということすら隠すことができるコンビニ受け取りは裏技の一つと言えるだろう。


amazon primeの年会費はクレジットカードで節約


さて、amazon primeの年会費4900円については、多少なりとも値引きする方法があります。それは、Amazon Mastercardゴールドを発行することです。


Amazon Mastercardゴールドを持っていると、それだけでamazon primeの特典を使い放題で斬るのです。もちろん、クレジットカードの年会費は必要なのですが、三井住友カードが発行しているクレジットカードですからマイペイすリボやWEB明細による年会費割引特典があります。

それによってAmazon Mastercardゴールドの年会費は通常10,800円(税込)なのですが、初年度は5,400円(マイペイすリボ特典)、2年目以降は4,320円(マイペイすリボ特典&WEB明細特典)まで下げることができます。


amazon primeの年会費4,900円よりも安くすることができるのです。これは、お得。amazon primeに登録される方必携のカードです。


まとめ|Amazon(アマゾン)お得な活用法


1.amaozon peime(アマゾンプライム)登録
2.Offsonの活用
3.Keepa-Amazon Price Trackerの利用
4.スマホAmazon公式アプリでタイムセール通知
5.amatenでアマゾンギフト券購入
6.永久不滅ポイントモールの活用
7.宅配ボックス代わりにコンビニを活用
8.Amazon Mastercardゴールド入会

スポンサーリンク



飛行機旅行格安・身近に|ハピタスからのソラチカルートでライフチェンジング

4月は札幌に遊びに行きました。学生時代の友人に会って、飲むだけのために・・・。そして5月は沖縄に遊びに行きます。主たる目的は日頃の仕事のストレスから解放されて、リゾート気分を味わうこと。友人と二人で行きますのでいつもの節約旅行ではありません。マリオットオキナワリゾート&スパとダブルツリーヒルトンに宿泊して全力でリラックスすることを目的としています。一介のサラリーマンが毎月のように旅行しているのって...

初心者だからできるANAマイル錬金術で国際線ビジネスクラスに乗る方法

ANAマイレージクラブで国際線ビジネスクラスに搭乗するには何マイル必要でしょうか。 直行便で考えると、 東南アジアなら55,000マイル~63,000マイル 北米なら75,000マイル~90,000マイル 欧州なら80,000マイル~95,000マイル シーズンによって必要マイル数が異なります。 でも、とりあえず10万マイルあれば、好きなところに行けると思いませんか? 本日は、初心に...

 カテゴリ
 タグ