スポンサーリンク

フィリピンペソ

フィリピンのセブ島に遊びに行ってきました。初めてのフィリピンということではありませんので、千円分程度のフィリピンペソは持っていましたが、それだけではホテルにチェックインして夕食をとるにしても、満足には食べられないでしょう。まずは両替をする必要がありますが、どこでするのが正解か。カップの実践例をお話しします。

スポンサーリンク

セブ到着!空港での両替は損ってホント?


どの国に行っても気になるのは現地通貨への両替です。日本国内ではキャッシュレスを推進するカップですが、海外旅行時はちょっと違います。よほど高額な買い物出なければ、クレジットカードよりも現地通貨への両替をおススメしています。だってその方が断然お得ですから。


でも、少し注意することがあります。それは両替のレート。例えば、同じ銀行であっても場所によってはお得なレートとそんなレートがあります。皆が必要に迫られて両替をせざるを得ない空港のレートが大変悪いというのはどこの国でも共通です。なかには、バンコクのスワンナプーム空港のように地階まで下りればレートの良い両替商があるところもありますが、セブのマクタン国際空港は残念ながら、そんな例外的な両替商はありません。


空港での両替は、店頭で行うともったいないと考えます。ガイドブックの中には、到着時の空港では最少の金額のみ両替し、市内にアクセスしてから再度両替をすべきといった指南をしているものもあります。あるいは、海外でのショッピングはクレジットカードに頼り、現金使用を最小限にするといった助言もあります。


海外でのクレジットカードショッピングは損なのか?


でも、カップは、海外クレジットカード利用をお得だとは思っていません。例えカード利用で、マイルやポイントを貯めることができるとしても、少額でのカード利用はお店に良い顔されません。クレジットカードの利用料をお店が負担することになるからです。なかにはその負担を客に求め、カード利用ということで手数料を徴収されることもあります。仮にお店側にカード利用という理由で手数料を取られなくても、そもそもレートの計算も必ずしも有利ではありません。

重要クレジットカード利用のレート計算

海外利用時のカード利用はレートが良いという誤解がありませんか。ガイドブック等にも記載があることがありますが、これは、「日本国内で渡航先の通貨にあらかじめ両替をする場合よりはレートが良い」とカップは読み替えています。実際クレジットカードで海外で決済をすると、下記の計算式の金額が後日引き落とされることになります。


引落金額

=VISA/MATERが決める為替レート×利用額(外貨)×海外事務手数料


どうでしょうか。為替レートは仕方がないとしても、最後にある海外事務手数料って何のことでしょうか。

カードの国際ブランドごとにことなるのですが、一般に1.6%~2.2%の手数料が必要になります。ということは、クレジットカードのポイント還元率が1%程度ではむしろ損してしまうということになります。もちろんポイント還元率が2%、3%と高い場合もありますからクレジットカード利用で損とは一概に言い切れませんけど、カード利用はお店がカード会社に利用料を支払って成り立っているシステムということもありますから、相手方の感情に配慮して利用したいと考えます。せっかくの海外旅行、人との触れ合いは旅行の楽しみのなかでも大きな割合を占めますから。

それでは、セブは、どこで両替をするのがお得、なのでしょうか?


セブでもっともお得な両替はどこか


ネットで検索すると、セブシティのアヤラショッピングセンターの中の両替商と出てきます。詳しく言うと、4階にあるゴールドジムのそばにあるAir21というお店とアヤラモール内のRUSTTANという百貨店の地下にあるDROPbyFOEWXというお店です。カップもセブ到着の翌日に見てきましたが、どちらも10,000円が4,750ペソになるレートでした。他のお店で両替すると4,700~4,740ペソにしかなりませんでしたから確かにお得だと思います。しかし、問題点もあります。

ひとつは、空港到着時に両替をしないと、そもそもセブシティにあるアヤラモールまで移動できないということ。そして、アヤラモール自体の営業時間の問題もあります。アヤラモール自体は午後9時まで営業していますが、両替ができるお店の閉店はもっと早いと思います。また、両替目的にアヤラモールに行くということ自体、そもそもの予定に組み込まれていない場合はせっかくの海外旅行、限られた時間なのですから問題です。

ということで、カップは、アヤラモールでの両替は、たまたまアヤラモールに来ているときに両替が必要になったとき以外はお勧めしていません。実際もっとお得なレートで両替もできましたし(^^;

その手段は、空港にあるATMを利用した海外キャッシングです。


マクタン国際空港で海外キャッシングするときに注意すべきたった一つのこと


カップが行った両替は、空港です。もちろん空港の銀行はレートが悪いので行うことはしません。具体的には、ATMで行う海外キャッシングです。セブでは、入国手続きをして空港ビルを出てから、左手に歩いていくと、そこにATMが複数台ならんでいます。いつものお気に入りの105BestO!カードやセディナカードJiyu!da!を持ってくるのは忘れてしまいましたが、財布の中にあったJACCSカードでキャッシングしました。

ただし、マクタン国際空谷にあるATMでは注意すべき事項があります。

それは、一度にできるキャッシングの上限額です。

今回の滞在では予約していたコンドミニアムにチェックイン時に3,000ペソをオーナーに預けておかなければいけませんでしたので少し多めにお金を用意しておこうと考えました。余裕をもって16,000ペソ(約33,000円)引き出そうとしましたが、上手くできませんでした。ATMにお金が入っていないのかな?とまじめに心配して隣のATMで同様に手続きしましたが同じことの繰り返しでした。

理由は分からなかったのですが、3回目にトライするのも不安を感じ、とりあえず100ペソのみ引き出してみると上手くできました。

キャッシング額は100ペソから10000ペソまでのいくつかのオプションの他に、任意の金額を入力することもできましたが、恐らく金額の問題ではねられたと考え、引出金額を10,000ペソのみにしました。

すると今度は問題なく現地通貨を獲得できます。なお、ATMの操作の過程では、ATM利用手数料250ペソの支払いをすることに同意を求められます。250ペソといえば500円余りします。仮に最初の100ペソを引き出すのに250ペソも使っていてはATM利用料込みでレート計算すると大変効率の悪い両替になってしまいます。

でも、安心してください。多くのクレジットカードのキャッシングでは、ATM利用料の負担を了承(YESのボタンを押下)しても、実際に請求されることはありません。カップはDCカード、セディナカード、JACCSカードでよく海外キャッシングしますが、請求されたことはほとんどありません。ほとんどというのは、すべての機会できちんと検証したわけではないという意味で、明確に徴収されたという記憶はありません。

で、今回の海外キャッシングでは、合計10,100ペソを引き出しましたが、利用した5日後に繰り上げ返済した額は21,193円。諸費用込みでレート計算すると、

10,100/21,193/10,100≒0.4766 > 0.475

なんと一番レートの良いと言われていたアヤラショッピングモール内のレートよりも良かったです。これは、当たりでしたね。

いつものように金利が年9%の105BestiO!カードを利用していたら、もっと安くあげることができたかもしれませんね。多少失敗してしまいましたが、まあ、許容範囲。今回もお得な両替ができたと考えます。


まとめ


セブ島に到着したときの両替は、空港ビルを出て左手にあるATMで海外キャッシングする方法が最もお得です。

スポンサーリンク



飛行機旅行格安・身近に|ハピタスからのソラチカルートでライフチェンジング

4月は札幌に遊びに行きました。学生時代の友人に会って、飲むだけのために・・・。そして5月は沖縄に遊びに行きます。主たる目的は日頃の仕事のストレスから解放されて、リゾート気分を味わうこと。友人と二人で行きますのでいつもの節約旅行ではありません。マリオットオキナワリゾート&スパとダブルツリーヒルトンに宿泊して全力でリラックスすることを目的としています。一介のサラリーマンが毎月のように旅行しているのって...

初心者だからできるANAマイル錬金術で国際線ビジネスクラスに乗る方法

ANAマイレージクラブで国際線ビジネスクラスに搭乗するには何マイル必要でしょうか。 直行便で考えると、 東南アジアなら55,000マイル~63,000マイル 北米なら75,000マイル~90,000マイル 欧州なら80,000マイル~95,000マイル シーズンによって必要マイル数が異なります。 でも、とりあえず10万マイルあれば、好きなところに行けると思いませんか? 本日は、初心に...

 カテゴリ