スポンサーリンク

イオンカード20%キャッシュバック

イオンカードが前代未聞の入会キャンペーンを開催しました。その内容は、最大20%キャッシュバックというものです。うん?PayPayやd払いでも同じようなことやってない?と思う事情通の方にも見逃せません。なぜならイオンカード入会キャンペーンのキャッシュバックは最大10万円(つまり利用額としては50万円)の大型キャンペーンだからです。

イオンカード最大20%キャッシュバック、上限額10万円のキャンペーン内容の確認とその特長を活かす裏技についての情報を提供します。

スポンサーリンク

イオンカード20%キャッシュバックを受けるために必要な3つのプロセス


20%のキャッシュバックを受けるためにはただカードをつくれば良いというものではありません。まずは、必要な3つのプロセスをしっかり頭の中に叩き込みましょう。

イオンマークのカードに新規入会


初めに行っておきます。

「イオンカードって既に持っているし、今回のキャンペーンはお得だけど自分には関係ないな」

なんて、間違った結論を勝手に出してはいませんか?確かに今回のキャンペーン、すでに持っているカードや一度解約した履歴のあるカードは入会キャンペーンの対象外になります。場合によっては、新しいカードをつくれない方もいらっしゃるかもしれませんね。でも、そんな人、めちゃくちゃカードマニアなごくわずかだと思いますよ。

なぜなら、今回の入会キャンペーンの対象カードとは、イオンマークのあるカードが対象です。イオンマークのあるカードって何種類あるかご存知でしょうか。

代表的なイオンカードセレクトはもちろんですが、その他にもイオン銀行のデビットカード、イオンJMBカード、ベネッセ・イオンカード、イオンSuicaカード、イオンカードKitaka、イオンSUGOCAカード、イオンE-NEXCO passカード、イオン首都高カード、イオンNeXCO中日本カード、イオンNEXCO西日本カード、イオンTHRU WAYカード、コスモ・ザ・カード・オーパス、コスモ・ザ・カード・オーパスエコ、三菱商事エネルギー・イオンカード、KNTカード、イオンカード(SKE48)、イオンスマートペイカード、イオンサンデーカード、KASUMIカード、コジマ×ビックカメラカード、より、そう、ちから。東北電力カード、スポーツオーソリティカード、ワタミふれあいカード、サンエックスカード、トイザらス・ベビーザらス・カード、やまやカード、シマムラ ミュージックカード、ツルハドラッグカード、メイクマンカード、BE KOBEカード、京都ファミリーカード、JQ SUGOCA、JMB JQ SUGOCA、ナンバカード、日本点字図書館カード、イオンルネサンスカード、イオンカード(ミニオンズ)、イオンカード(TGCデザイン)等。とにかく、たくさんあるのです。

これらすべての入会履歴がある方なんてそんな大勢いるわけないと思いますがどうでしょう。少なくとも今この記事をお読みいただいているあなたには、最大20%キャッシュバックの対象になるカードがあるのではないでしょうか。

イオンJMBカードしか持っていないカップももちろんキャンペーン対象の一員です。

ちなみに、イオンカードセレクト、イオンJMBカード、イオンSuicaカード、ミニオンズカード、TGCカードをつくろうと思ったあなたには、ちょびリッチを通して申し込むと1,850円分のポイントをもらえますからお得です。

ちょびリッチ経由イオンカード

ちょびリッチに登録していないあなたはまずは登録手続きから始めましょう。
サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

念のための注意事項ですが、5枚のイオンカードを発行したら、上限が10万円×5枚=50万円になるとかはありません。同一名義の対象カードが複数枚ある場合、キャッシュバック上限金額は、全対象カード合計で10万円となります。(カード1枚ごとに10万円とはなりません)


イオンウォレットでキャンペーン応募


さて、カードを申し込んだらキャンペーン登録が必要です。今回のキャンペーンの応募は、イオンカード公式アプリ「イオンウォレット」から行う必要があります。

内容については、リンク先のページでご確認ください。

ここまで手続きすれば、あなたは10%キャッシュバックの権利を獲得したことになります。でも、最大20%のキャンペーンですからね。もちろん20%を目指して次の手続きに進みます。

引落口座をイオン銀行口座に設定


3つ目のプロセスは、引き落とし口座をイオン銀行口座に設定することです。イオンカードセレクトなら引落口座がイオン銀行に設定されますので苦労はありませんね。口座開設と合わせてという方ならお勧めですよ。


最大20%、上限10万円のキャッシュバックを獲得する条件


最大20%、上限10万円のキャッシュバックを獲得するためにイオンカードを新規発行されたああなたが次に注意するべき事項は、キャッシュバックを受けるための条件です。今回のキャンペーン、むやみやたらに50万円使用したら10万円キャッシュバックを受けられましたということではありませんのでご注意ください。


入会期間と利用期間


まずは、入会期間と利用期間に条件があります。

入会期間
2019年7月1日(月)~2019年9月30日(月)

利用期間
①2019年7月25日(木)~2019年7月31日(水)
②2019年8月25日(日)~2019年8月31日(土)
③2019年9月24日(火)~2019年9月30日(月)


入会期間は問題ないでしょうが、利用期間には注意が必要です。7,8,9月の月末の一週間のショッピングしか対象になりませんし、これは、7月入会でも9月入会でも条件は変わりません。できれば、入会手続きも早めにしておく方が賢明ですね。

20%還元になるショッピングの対象


利用期間内のカードショッピングならすべて20%還元になるのかというとそうとも言い切れません。留意事項として2点列挙します。

  1. 1回の決済額
  2. キャッシュバック対象外品目



最大20%、上限10万円という条件だけ見ると、一撃!50万円のショッピングでミッションクリア!と誤解される方がいらっしゃるかもしれませんが、違います。

1回のショッピングにおけるキャッシュバックの上限は1万円とされていますから、支払い1回ごとの20%キャッシュバックの対象になる上限は5万円ということになります。5万円のモノを買っても1万円キャッシュバック。10万円のモノを買っても1回のショッピングなら同じく1万円のキャッシュバックで還元率は、10%と半減します。くれぐれも都度のショッピング額の上限にはご注意ください。

また、すべての商品が20%キャッシュバックの対象になるわけではありません。ふるさと納税とかに利用しようと思っている方がいらっしゃったら注意が必要です。一応、7月1日現在の対象外項目は下記の通りです。

電子マネー、プリペイドカード、携帯電話料金、公共料金(固定電話)、公共料金(電気)、公共料金(ガス)、公共料金(水道)、公共料金(放送)、苦境料金(国民年金)、その他(月会費、イオンカードde家賃、キャッシング、ATM手数料)

細かいリストは、コチラから⇒最大20%還元キャッシュバック対象外項目

どうやら税金やふるさと納税のような寄付金は20%キャッシュバックの対象になりそうですね。でも、キャッシュバック対象外項目は、予告なく変更となる場合がありますと表記されていますし、当社が不適当と認めた場合等、キャッシュバック対象外とさせていただく場合があるとも注意書きにあります。案内漏れによる不利益はイオンカード側にかぶっていただきたいと思いますが、実践は各自の責任でお願いします。

最後に、キャッシュバックの期日は、2019年11月下旬頃。対象カードの引落口座へ振り込まれます。

20%還元、最大10万円のキャンペーン、あなだけでなく、家族総出で参加してくださいね。


最大10万円のキャッシュバックを活かす裏技


最後に裏技的思考で書きます。今回のキャンペーンは、一人につき最大10万円のキャッシュバックと謳っているわけですからユーザーとしては当然10万円のキャッシュバックを狙うべきです。とはいっても無駄に買い物をしてしまっては元も子もありません。

裏技的思考としては、キャンペーンはカード利用対象期間を限定していますが、その期間以外の買い物も今回のキャンペーンに組み入れてしまおうということです。具体的には、将来のショッピングに使う金券等の購入です。対象外項目に電子マネーやプリペイドカードがあるということは、運営側の趣旨と異なるということですから、こちらもキャッシュバック対象外になる可能性はゼロではありませんが、例えば、アマゾンギフト券などは1円単位で購入できますし、有効期日も10年と長いです。仮に、イオンカードから突然アマゾンギフトカードも対象外とアナウンスされたとしても、等価のギフト券の購入ですから実害はありません。

もし、キャッシュバック10万円の枠を必要なモノを買うだけで埋められなかったときは、アマギフ等の金券の購入も検討してみてはいかがでしょうか。


ストップ!アマゾンギフト券(7月3日20:00追記)


と言ったそばから改悪です( ´艸`)

7月3日付で対象外項目が増えてました~。マイルトリッぷらすというサイトを運営されているMOZU様のツイートで気づきましたけど、結構どっさりです。


でも、まだふるさと納税は残ってる???

対象外項目の改定は面白いので毎日のようにチェックしようと思いますが、できれば7月25日以降の更新はやめて欲しいですね。

カップはまだカードの申し込み手続きしていません。行動の早い方を見習わなければ・・・と思っています。


アラスカ航空マイレージプランのBuyマイルで活用


アラスカ航空マイレージプランBuyマイルボーナスキャンペーン


イオンカードの20%キャッシュバックキャンペーンは、カード利用⇒実質現金化なのに20%キャッシュバックという裏ワザはイオンカードサイドに認識されほとんどのルートが塞がれてしましました。


しかし、陸マイラーの皆様のようにマイル≒現金といった価値観を持っていれば、まだまだ抜け道はあります。その方法とは、Buyマイル制度のあるマイレージプログラムでマイルを購入することです。


現在ですと、カップも貯めているアラスカ航空マイレージプランのBuyマイルのキャンペーンがおススメです。最大50%オフの大キャンペーンではありますが、50%オフの恩恵を受けようとすると大きい単位での購入が求められます。


カップがおススメするプランは、以下のものです。


アラスカ航空マイレージプランのBuyマイル


591.25米ドルで27,000マイルを購入するとイオンカードで10,000円のキャッシュバックを受けられます。


イオンカードのレートは分かりませんが、1ドル110円と考えても、591.25×110―10,000≒55,038円で27,000マイルを購入できます。1マイルあたりの単価は約2.04マイル。


アラスカ航空マイレージプランはJAL便で東南アジアビジネスクラスを片道25,000マイルで発券できる優良プログラム。裏技利用なら往復も利用可能。たった5万円で利用できるなんてお得だと思いませんか?


イオンカードの20%キャッシュバック × アラスカ航空マイレージプランのBuyマイル35%ボーナスキャンペーン


陸マイラーなら見逃せないお得なキャンペーンですね。アラスカ航空マイレージプランのBuyマイルは、2019年8月30日までのキャンペーンですので、いまからイオンカード申し込みでも間に合うのではないでしょうか。


(参考記事)

アラスカ航空マイレージプランに登録

日本-東南アジア、南アジアのJALビジネスクラス片道特典航空券を25,000マイル(往復50,000マイル)で発券できるアラスカ航空のマイレージプランが注目されています。アラスカ航空のマイレージプログラムマイレージプランは、スターアライアンス、ワンワールド、スカイチームなどのアライアンスには加盟していませんが、日本航空、キャセイパシフィック航空、フィンランド航空など19の航空会社と提携していますか...

週末海外!JALビジネスクラスのバンコク往復が驚きの25000マイル

海外旅行は好きだけどなかなか休みが取れない。そんな悩みを持つ人は意外に多いのではないでしょうか。海外旅行に要する費用の大半は航空料金になるでしょうから、せっかく海外に行くならある程度の日数は必要。そう考える人が多かったのも今は昔。最近は、LCCのキャンペーンを上手に利用して短い期間でも海外旅行を楽しむスタイルが流行ってきました。でも、韓国や台湾くらいならそれでもいいけど、それ以遠になるとLCCでは...

JALビジネスクラスで東南アジアを約6万円で往復できる!?

アラスカ航空マイレージプランに登録 で加入したアラスカ航空のマイレージプランですが、JALやANAと違い、バイマイルというマイルを直接購入できる制度があります。マイルをお金で買って特典航空券に交換することで直接航空券を購入するよりも安価に利用できるという裏ワザがありますが、アラスカ航空マイレージプランもマイル購入という手段でお得にビジネスクラス海外航空券のチケットを用意することが可能です。しかも、...

スポンサーリンク



飛行機旅行格安・身近に|ハピタスからのソラチカルートでライフチェンジング

4月は札幌に遊びに行きました。学生時代の友人に会って、飲むだけのために・・・。そして5月は沖縄に遊びに行きます。主たる目的は日頃の仕事のストレスから解放されて、リゾート気分を味わうこと。友人と二人で行きますのでいつもの節約旅行ではありません。マリオットオキナワリゾート&スパとダブルツリーヒルトンに宿泊して全力でリラックスすることを目的としています。一介のサラリーマンが毎月のように旅行しているのって...

初心者だからできるANAマイル錬金術で国際線ビジネスクラスに乗る方法

ANAマイレージクラブで国際線ビジネスクラスに搭乗するには何マイル必要でしょうか。 直行便で考えると、 東南アジアなら55,000マイル~63,000マイル 北米なら75,000マイル~90,000マイル 欧州なら80,000マイル~95,000マイル シーズンによって必要マイル数が異なります。 でも、とりあえず10万マイルあれば、好きなところに行けると思いませんか? 本日は、初心に...