スポンサーリンク

フィリピン航空

セブ島への飛行機は、ANAマイルで発券したフィリピン航空ビジネスクラス。サーチャージ値上がり前の5月に発券したため、ANA4万マイル+8,170円の支払い。東南アジアへのビジネスクラス往復航空券としては破格の値段。フィリピン航空ビジネスクラスの悪評はしっていましたが、他の航空会社に変える目的でわざわざ経由便を探す必要はないと考え、名古屋―セブ間を飛んできました。フィリピン大好き!な人はANAマイルを貯めてみようでは、フィリピン航空ビジネスクラスの悪評に3つの視点から反論と息巻きましたが、冷静になるとやっぱり、せっかくのビジネスクラスなのに残念と感じたこともありますのでありのままに記録を残します。

スポンサーリンク

中部国際空港-セブ間搭乗記


ラウンジはJALサクララウンジ


サクララウンジに招待

セントレアに到着し、カウンターで荷物を預けチェックインをすると、搭乗券の他にラウンジ利用券をいただけました。いつも利用するスタアララウンジではなくサクララウンジです。セントレアにはいくつかラウンジがありますが、カップが感覚ではサクララウンジが最も快適に過ごせる空間です。今回はビジネスクラス搭乗ですからラウンジ利用は当たり前のことですが、例えエコノミークラスでも、もしスターアライアンスゴールドの会員ならサクララウンジを利用できるということなのでしょうか。だとすると、とてもお得なチケットということになりますね。

チェックイン時に確認しましたが、チェックイン時にSFCメンバーであることを示せば、エコノミークラスでもセントレアではサクララウンジの利用が可能ということです。SFCなのにサクララウンジってなんか違和感がありますが、ここが、提携航空会社利用の醍醐味かもしれません。

サクララウンジ入り口① サクララウンジ入り口②

サクララウンジを利用可能な航空会社は下記の通りです。フィリピン航空だけでなくエアチャイナに搭乗するときなどサクララウンジを利用できそうですね。フィリピン航空と同じくANAと提携しているベトナム航空も要チェックです(*^-^*)

セントレアサクララウンジ提携の航空会社一覧


ビジネスクラスなのにリクライニング120度


出発前のサクララウンジ利用は、Good!なフィリピン航空ビジネスクラスですが、機内に搭乗後、やっぱり気になったのはパーソナルスペースの狭さです。


さすがにエコノミークラスと変わらないとは言いませんが、いわゆる他社のプレミアムエコノミーよりもちょっと快適程度のシートです。リクライニングも120度しかしないという残念なシート。


フィリピン航空ビジネスクラスシート


ただ、リクライニングの角度を気にしなければ、たった4万マイルで往復ビジネスクラスを発券できるメリットというのは大きいと思います。実際、セブ到着まで快適に過ごすことができました(*^-^*)


好みの問題?美味しかった機内食


フィリピン航空の機内食については一部ネットで悪評判があります。しかし、好みの問題でしょうか。カップは大変おいしくいただくことができました。出発前にサクララウンジでカレーやうどんですかいなどを頂いていたので正直空腹ではありませんでしたが、無理せず完食。おかげでセブ到着後の夕食(夜食?)はジョリビー(ファストフード)で軽く食べただけです。


ちょっと見にくいかもしれませんが、メニューは下記の通りです。

名古屋―セブ|洋食メニュー

機内食

ワイン

カモの燻製と海老


メイン料理は豚肉を選択しました。


メインディッシュ


すでにお腹いっぱいでしたので、これ以上は何も頼みませんでした。食後のコーヒーもお断り、食後は映画でも見ようと正面を見ると一応モニターはあるんですね。事前の情報だと機内でiPadの貸し出しがあるということでしたが、小さいながらも個人用モニターがあり、カップは、グリード2を鑑賞。セブ到着まで快適に過ごすことができました。


旧い機材(Airbus321-200)で、シートも狭かったですが、往路は問題なく飛ぶことができました。


セブ―中部国際空港間搭乗記


帰路は、セブを9:10発。別に寝不足というわけではありませんが、旅先で疲れていたんでしょうね。美味しい食事を頂いた後は眠くなってしまいました。


しかし・・・・


シートは往路と同じ。リクライニングは120度。これでは眠れません。しかたなく、往きと同じく映画を観て名古屋到着まで過ごします。


往路では感じなかった不満。やっぱり、ビジネスクラスなんだから快適に眠れる環境が欲しい!と強く思いました。


裏技としては、成田―セブ便を利用することが考えられます。名古屋―セブ同様、往復4万マイルでビジネスクラスを発券できますが、飛んでる機材が違います。


Airbus330-300のビジネスクラスなら、フルフラットのシートで快適に眠れます。


ただ、残念なことにANAマイルでフィリピン航空の特典航空券を予約するときは、ANA便含めた他社便と組み合わせて発券することができませんΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン


名古屋―成田を別の手段でチケットを用意する必要があると考えると、わざわざ経由便で旅程を組むことはしないでしょう。


一応、名古屋―台北―セブというルートなら43,000マイルでエバー航空ビジネスクラスの往復チケットを予約できます。


エバー航空名古屋―セブ、ビジネスクラス


いろいろな都市を訪れたい、いろいろな機材に乗ってみたいという欲求が高かった頃なら試してみたかもしれませんが、シートがしょぼくても直行便の方を今なら選ぶかな。昔は面白ルートで予約することに興味があったんですけどね。ちなみに下記ルートの裏技的発券は既に封じられていますのであしからずご了承ください。

UAマイレージプラス グアム修行でバンコクビジネスクラスが40,000マイル

フィジーへの旅では帰国するまえにバンコクでストップオーバーをしてみましたがやや消化不良。28時間程度の滞在では、バンコク郊外にすら行くことができませんでした。もう少しゆっくり滞在したかったですね。ところで、UAマイレージプラス、数年前まではバンコクやシンガポール行きの特典航空券がビジネスクラス往復で3万マイルで発券できました。それが、現在では6万マイル。なんと2倍の必要マイル数です。本日は、なんとか...

スポンサーリンク



飛行機旅行格安・身近に|ハピタスからのソラチカルートでライフチェンジング

4月は札幌に遊びに行きました。学生時代の友人に会って、飲むだけのために・・・。そして5月は沖縄に遊びに行きます。主たる目的は日頃の仕事のストレスから解放されて、リゾート気分を味わうこと。友人と二人で行きますのでいつもの節約旅行ではありません。マリオットオキナワリゾート&スパとダブルツリーヒルトンに宿泊して全力でリラックスすることを目的としています。一介のサラリーマンが毎月のように旅行しているのって...

初心者だからできるANAマイル錬金術で国際線ビジネスクラスに乗る方法

ANAマイレージクラブで国際線ビジネスクラスに搭乗するには何マイル必要でしょうか。 直行便で考えると、 東南アジアなら55,000マイル~63,000マイル 北米なら75,000マイル~90,000マイル 欧州なら80,000マイル~95,000マイル シーズンによって必要マイル数が異なります。 でも、とりあえず10万マイルあれば、好きなところに行けると思いませんか? 本日は、初心に...

 カテゴリ