スポンサーリンク

ユナイテッド航空

ユナイテッド航空のマイレージプログラムであるマイレージプラスを貯めるためのカードの改悪が相次ぎます。

前回の記事でマイレージプラスMUFGカードゴールドプレステージのマイル積算率の改定についてお知らせしましたが、今回の記事はマイレージプラスセゾンカード(プラチナ・ゴールド)の年会費改悪をお伝えします。

マイレージプラスMUFGカードゴールドプレステージの代替カード候補の一つとなるマイレージプラスセゾンカードの上級カードであるプラチナカード、ゴールドカードの年会費が改悪します。

スポンサーリンク

MileagePlusセゾンカードの年会費改定


MileagePlusセゾンカードの新年会費は、2019年9月お引落し分(新規入会は7月のご入会)から上級カードについて改定します。

MileagePlusセゾンプラチナカードの年会費


マイレージプラスセゾンプラチナカード

カップも以前持っていたカードですが、現行36,000円(税抜)の年会費が、7月入会分から50,000円(税抜)に値上げされます。


ただでさえ高い年会費。カップ自身は現行の年会費30,000円(税抜)でも高いと感じていますから今回の改悪は到底信じることができません。事実、カップが持っていたときは初年度年会費無料のキャンペーンであった一年間のみ。2年目更新時に解約してしまいました。


MileagePlusセゾンゴールドカードの年会費


マイレージプラスセゾンゴールドカード

ゴールドカードも現行15,000円(税抜)から改定後20,000円(税抜)に値上げです。非常ですね。せめてマイル積算率が1.5%からアップしてくれればまだ受け入れられるのですが、そういう代替措置はありません。


ただし、プラチナカードもゴールドカードも年会費が上がるだけということでもありません。名目上は新サービスの拡充にともなうカード年会費の変更のようですね。


MileagePlusセゾンカード(プラチナ・ゴールド)の年会費改定


年会費改定は新サービス拡充にともなうものとセゾンカードはアナウンスしていますが、どのようなサービスがあるのでしょうか。年会費値上げに見合うサービスかどうか検証してみたいと思います。

5つの新サービス

空港ラウンジ利用パス進呈〔プラチナカード本会員〕


最も大きな新サービスはプラチナ会員限定ですが、ユナイテッドクラブの利用パスを毎年2枚もらえることです。


確かに、ビジネスクラスに搭乗していなくても空港ラウンジを利用できることは大きなベネフィットだと思いますが、年間2万円の会費アップに見合うものかどうかは微妙です。本会員のみ、年2回分というのも不満です。


そもそもラウンジへのアクセス権は、プライオリティパス、ダイナースクラブカード、ラウンジ・キーなど他のサービスを利用できる人なら不要です。というかどうせなら他のプラチナカードのように、プライオリティパスを無料でもらえるように改定して欲しかったなとカップは思います。


優先搭乗サービス〔プラチナカード本会員〕


優先搭乗サービスは、ユナイテッド航空に搭乗する際、最初にお身体の不自由なお客様、マイレージプラス・プレミア会員、プレミアアクセスを購入のお客様の案内をおこなわれた後、一般搭乗に先立ち優先して機内へ案内されるサービスです。


クレジットカードを持っているだけで優先搭乗を受けられることは大きなベネフィットだと思います。新しいサービスと宣うだけのことは確かにあります。しかし、優先搭乗サービスはユナイテッド航空に搭乗するときだけのメリットです。提携航空会社が運航するコードシェア便ですら対象になりません。マイレージプラスで他のスターアライアンスの航空会社に搭乗するときは対象外です。ANAのSFCのサービスならスターアライアンス全ての航空会社に搭乗する際に受けられるサービスですから、もう一声欲しかったと正直思います。


無期限のマイルを無制限で貯める〔プラチナカード本会員〕


ユナイテッド航空マイレージプラスのマイル有効期限は、最後に増減があってから18か月後とされていますが、プラチナカードを持っていれば、デルタ航空スカイマイルのように無期限マイルになります。このメリットも大きいですが、マイルを貯めるクレジットカードを持っていれば、経常的にマイルが積算されますからあまり意味のあるサービスではないなとカップは考えます。


適用除外日の無い特典旅行〔プラチナ/ゴールド本会員〕


特典航空券に適用除外日がなくなるのは嬉しいお知らせです。ただし、こちらもユナイテッド運航便の特典航空券を申し込む際のベネフィットであり、他の航空会社が運航する特典航空券が対象になるわけではありません。カップはマイレージプラスはANA国内線を始めスターアライアンスの他の航空会社に搭乗するための特典航空券に利用することが多いです。カップのように、そもそもユナイテッド航空に乗る機会がない人にとってはあまり意味のあるサービスではありません。


パーソナルマイルが10%お得に〔プラチナ/ゴールド本会員〕


パーソナルマイルを購入する際に10%割引で購入ができるようです。しかし、パーソナルマイルはそもそも割高であり、ボーナスがもらえるキャンペーンでしか利用することはないのではと思います。他の割引サービス、キャンペーンと併用ができればいいですが、残念ながら併用不可です。


以上、5つの新サービスをネガティブに解説してみましたが、そもそも実質的なメリットは年2回のラウンジアクセス、優先搭乗、そして特典航空券の適用除外日がなくなるという3つのサービスのみだとカップは考えます。そして、それすらも提携会社運航のフライトは対象にならないようですから、カップの感覚ではとても年会費アップに見合うサービスとは思えません。


マイレージプラスセゾンカードは、キャンペーン等で年会費が無料になったりしなければ、もう持つ機会はないかもしれません((+_+))


まとめ


マイレージプラスセゾンカードのプラチナカード、ゴールドカードは、2019年9月引落し分から(新規入会は7月の入会より)、年会費があがります。5つの新サービスは拡充されますが、とても年会費アップ分に見合うものとは言えません。今回の改定は純粋に改悪と考えます。

救いは、普通カードの年会費が据え置かれること。

マイレージプラスを貯めるカードは、マイレージプラスセゾンカードもマイレージプラスMUFGカードも、無理して上級カードを申し込むメリットは少なくなってしまいました。

スポンサーリンク



飛行機旅行格安・身近に|ハピタスからのソラチカルートでライフチェンジング

4月は札幌に遊びに行きました。学生時代の友人に会って、飲むだけのために・・・。そして5月は沖縄に遊びに行きます。主たる目的は日頃の仕事のストレスから解放されて、リゾート気分を味わうこと。友人と二人で行きますのでいつもの節約旅行ではありません。マリオットオキナワリゾート&スパとダブルツリーヒルトンに宿泊して全力でリラックスすることを目的としています。一介のサラリーマンが毎月のように旅行しているのって...

初心者だからできるANAマイル錬金術で国際線ビジネスクラスに乗る方法

ANAマイレージクラブで国際線ビジネスクラスに搭乗するには何マイル必要でしょうか。 直行便で考えると、 東南アジアなら55,000マイル~63,000マイル 北米なら75,000マイル~90,000マイル 欧州なら80,000マイル~95,000マイル シーズンによって必要マイル数が異なります。 でも、とりあえず10万マイルあれば、好きなところに行けると思いませんか? 本日は、初心に...