スポンサーリンク

ショックで声も出せない介護士さん

2013年4月から数年間、カップのメインカードだったマイレージプラスMUFGカードゴールドプレステージのマイル積算率が2019年12月10日請求分から改悪します。

このカードが登場したのは2012年後半だったでしょうか。マイルdeチケットを開設した年であり、カップがマイレージプラスをメインで貯めていた頃です。

当時は、楽Payというリボ払いの設定をしていただけで、リボ手数料の支払いの有無を問わず、100円につき2マイル(海外利用なら3マイル)貯めることができました。

しかし、現在では、リボ手数料の支払いがなければ100につき1マイル(海外利用で1.5マイル)しか貯められません。

リボ手数料は繰り上げ返済という裏ワザで毎月の負担を数円にすることは難しいことではありませんが、手間ひまがかかるということでマイレージプラスMUFGカードコールドプレステージの人気は地に落ちました。

更に改悪とはいったいどんな内容なのでしょうか。この記事では改悪の内容とその対策についての情報を提供します。

スポンサーリンク

MileagePlus MUFGカードゴールドプレステージリボ払優遇マイル改悪


リボ払い優遇マイル(現在)


MileagePlus MUFGカードゴールドプレステージでショッピングをして口座振替時にリボ手数料の負担が発生すると、優遇マイルを取得することができます。


例えば、10万円分のショッピングをこのカードで決済し、口座振替時にリボ手数料が1円でも発生しているときは、以下のマイルを獲得できます。


(国内でのショッピング)
ショッピングマイル・・・1,000マイル

ショッピングマイル(優遇)・・・1,000マイル

合計・・・2,000マイル


(海外でのショッピング)
ショッピングマイル・・・1,500マイル

ショッピングマイル(優遇)・・・1,500マイル

合計・・・3,000マイル


上手に利用すれば、マイル積算率2%~3%のクレジットカードになります。しかもANAの国内線を路線により5,000マイルか8,000マイルで発券できるUAマイレージプラスをショッピング額の2~3%分貯めることができるわけですから、年会費が多少高くてもカード決済額が多い方にとっては十分魅力的なカードであったと思います。


リボ払い優遇マイル(改悪後)


しかし、2019年12月10日支払い分から優遇マイルは大きく変わり、10万円のショッピングで得られるマイルスは次のようになります。


(国内でのショッピング)
ショッピングマイル・・・1,000マイル

ショッピングマイル(優遇)・・・500マイル

合計・・・1,500マイル


(海外でのショッピング)
ショッピングマイル・・・1,500マイル

ショッピングマイル(優遇)・・・500マイル

合計・・・2,000マイル


結局のところ、リボ手数料を支払ってもマイル積算率は国内で1.5%、海外で2%に留まるようになってしまうのです。


ゴールドプレステージの最大の魅力であるマイル積算率を、ここまで下げてしまっては、このカードの存在意義がなくなってしまうのではないかとカップは心配します。


どんな魅力的なカードであっても、その魅力が改悪されれば、継続して利用しようという気持ちは弱くなってしまいます。MUFGカードは、もう、マイレージプラスMUFGカードゴールドプレステージをあきらめてしまったのかもしれませんね。


ちなみに、2019年12月10日の口座振替分とは、2019年10月16日以降のカード利用分であることを申し添えておきましょう。現ホルダーの方は注意してくださいね。


<解説>カード利用日と支払い日の関係
締め日:毎月15日

支払日:翌月10日


つまり、2019年10月16日から11月15日のカード利用分の支払日が12月10日になるわけです。



こんな改悪があって、UAマイレージプラス大好きな陸マイラーは今後どうすれば良いのでしょうか。その対策について考えてみましょう。


MileagePlus MUFGカードゴールドプレステージ改悪の対策


MileagePlus MUFGカードのリボ払優遇マイルに注目


マイレージプラスMUFGカードで10万円のショッピングをするときに貯められるマイルはリボ手数料が発生するときは次のようになります。

(国内・海外問わず)
ショッピングマイル・・・1,000マイル

ショッピングマイル(優遇)・・・500マイル

合計・・・1,500マイル


なんと、少なくとも国内利用分について10月16日以降の利用分は、ゴールドプレステージと変わらなくなります。


ゴールドプレステージの魅力が落ちる分、相対的にマイレージプラスMUFGカードの魅力が上がるといえます。


不思議なことに、マイレージプラスMUFGカードについてリボ手数料支払い時の優遇マイルの改定のニュースは有りません。興味のある方は公式サイトで見比べてみてください。




ということは、MileagePlus MUFGカードゴールドプレステージのリボ払い優遇マイル改悪の対策のひとつは、ゴールドプレステージからMileagePlus MUFGカードへの切替が挙げられます。


他のマイレージプラスカードへの切替検討


もう一つの対策は、他のマイレージプラスを貯められるクレジットカードへの切替です。


セゾンカード、JCBカード、ダイナースクラブカードなど、UAマイレージプラスを貯められるカードはMUFGカード以外にもあります。陸マイラーの中で人気爆発のSPGアメックスで貯めるポイントもマイレージプラスに交換できますしね。


それぞれのカードの長所をしっかり理解してメインカードの見直しをする時期なのかもしれませんよ。


UAマイレージプラスとサ・ヨ・ナ・ラ


3つ目の対策は、UAマイレージプラスを貯めることをやめてしまうことです。マイレージプラスは日本在住の陸マイラーにとって長年人気でありましたが、相次ぐ改悪でその魅力は半減しました。2019年11月にも、大きな改定があるようですし、マイレージプラスがザクザク貯まるMileagePlus Mallも2019年8月30日(金)午前 11:59にサービスを終了します。


貯めるのも使うのも難しくなってきたUAマイレージプラス。メインで貯めるには少々厳しい環境になってきたかもしれません。


おまけ


ちなみにカップがマイレージプラスMUFGカードゴールドプレステージを改悪した理由は、以下の記事で説明しています。


【悲報】マイレージプラスMUFGカード大改悪、電子マネーチャージでマイルが貯まらない

カップのメインカード、マイレージプラスMUFGカードゴールドプレステージVISA.年会費15,000円(税別)とお高いですが、楽ペイ登録で100円2マイル貯まる最強カードの一つです。最強の理由にはもう一つ、電子マネーチャージでもマイルを貯められるというメリットもありました。しかし・・・...


マイル積算率だけでなく、いろいろな意味で神カードだったんですね。大変魅力的なカードでしたね。


ちなみにマイレージプラスを貯めたいと考えていらっしゃる方には、下記キャンペーンをおススメしています。キャンペーンはまだ終了していませんのでご一読ください。


マイレージプラスMUFGカード入会で最大27,500マイル獲得

ユナイテッド航空マイレージプラス。日本国内でも人気のマイレージプログラムです。人気の理由は、ANA国内線を片道5,000マイルor8,000マイルで発券できるコストパフォーマンス。特に片道5,000マイルでANA国内線を飛べるなんて本家ANAマイレージクラブを凌ぐお得さです。ANAマイルより少ないマイル数でANA国内線に搭乗できるUAマイレージプラス。ユナイテッド航空マイレージプラスは、国内旅行がお好きなあなたには、価値あ...

スポンサーリンク



飛行機旅行格安・身近に|ハピタスからのソラチカルートでライフチェンジング

4月は札幌に遊びに行きました。学生時代の友人に会って、飲むだけのために・・・。そして5月は沖縄に遊びに行きます。主たる目的は日頃の仕事のストレスから解放されて、リゾート気分を味わうこと。友人と二人で行きますのでいつもの節約旅行ではありません。マリオットオキナワリゾート&スパとダブルツリーヒルトンに宿泊して全力でリラックスすることを目的としています。一介のサラリーマンが毎月のように旅行しているのって...

初心者だからできるANAマイル錬金術で国際線ビジネスクラスに乗る方法

ANAマイレージクラブで国際線ビジネスクラスに搭乗するには何マイル必要でしょうか。 直行便で考えると、 東南アジアなら55,000マイル~63,000マイル 北米なら75,000マイル~90,000マイル 欧州なら80,000マイル~95,000マイル シーズンによって必要マイル数が異なります。 でも、とりあえず10万マイルあれば、好きなところに行けると思いませんか? 本日は、初心に...

 カテゴリ