スポンサーリンク

ヒルトンオナーズカード

ヒルトンオナーズVISAカードを持っています。ヒルトンに泊まる機会なんて年数回のカップですが、カードのおかげでエリート資格を獲得。宿泊する際は、とっても素敵なサービスを受けることができます。

一番の役得は、地元名古屋ヒルトンでの宿泊です。1泊2万円未満(15000~18000円)で宿泊できるときは、友人と宿泊し、ラウンジで優雅なひと時を過ごします。ラウンジ終了後はコンビニで購入したワインで朝まで語らう。カップにとってとても贅沢な時間です。

ちなみに名古屋ヒルトンは1階(隣のビル?)にファミリーマートがありますからワインが切れた後の買い出しも簡単。

大人になっても朝まで飲み明かす友人がいることに感謝。そしてもう一つ、ヒルトンオナーズVISAカードプラチナカードに感謝。とても楽しい時間をお手軽に手に入れることができるようになったのですから。

でも、本日の情報は、純粋にヒルトンオナーズVISAカードの紹介です。どうも三井住友カードとヒルトンの連携が上手くいっていないのか時々エラーが生じるんですよね。そんな裏情報を公開します。

スポンサーリンク

ヒルトンカードのエラー


入会キャンペーンでのエラー


カップが持っているヒルトンカードは分不相応にもプラチナカードです。年会費が異常に高いので、次回の更新時には解約すると思いますけど、1度目の更新はしました。年会費を初年度と2年目の2回払っているんです。節約志向のカップがどうして66,500円(含む消費税等)もの年会費を2回も支払ったのか。それはもちろんお得だったからという理由です。


でも、それは、年間120万円利用によるダイヤモンド資格取得だけの話ではありません。


発行枚数が少ないことが理由なのかは分かりませんが、いろいろエラーがあるんですよね。手作業が多いのかな???


カップが気づいたヒルトンカードのエラーは2回ありますが、そのうちの1回は入会キャンペーンについてでした。


カップがカードを申し込んだのんは、2017年11月末日だったと記憶しています。11月末までの入会キャンペーンを狙って滑り込みで申し込みしました。


でも、どういうわけか、一部12月1日以降のキャンペーンもかぶってベネフィットを享受することができました。


ヒルトンハワイアンビレッジ・ワイキキビーチ無料宿泊券オーシャンビュー指定

ヒルトンハワイアンビレッジ・ワイキキビーチの宿泊券を手に入れました。オーシャンビューのルーム指定。有効期限2019年3月30日と書いてあります。ネットで検索すると宿泊日にもよりますが、4~6万円くらいの価値はありそう。でも、1泊5万円程度なんてカップに縁のあるホテルではありませんね(^^;抽選で○○名様にプレゼント!というキャンペーンは数多くあります。プレゼントのグレードも良いものが多いです。でも、カッ...


ハワイのヒルトンホテルの無料宿泊券。結局自分では利用せず、両親へプレゼント(ついでにプリンスホテルの宿泊券もプレゼントしました。)したのですが、ずいぶん喜んでくれましたので自分で宿泊する以上に嬉しかった記憶があります。


両親はヒルトンのエリート会員でもなんでもありませんので、部屋のアップグレードなどはなかったようですが、ちょっとした親孝行、母親の笑顔は、カップにとって年会費以上の価値があったと感じました。


そのことも影響したのか、もともとヒルトンプラチナカードは、一年ごとに解約と入会を繰り返そうと考えていたのですが、一度目の更新をすることになりました。


ヒルトンカードに支払った年会費は、66,500円×2年分。計133,000円です。


13万円あれば、一体全体どんなホテルに泊まれるのでしょうか。どう考えてももったいないと思いますが、カップは、その金額以上にヒルトンオナーズVISAカードプラチナカードから満足を得ている実感があります。


やはり母親に喜ばれると嬉しいですよ。普段、親孝行なんて何にもやっていませんから(爆


なんていうのは冗談で、正直ダイヤモンドメンバーでヒルトンに宿泊すると、特にラウンジがあるヒルトンでは、部屋のアップグレード&朝食&ラウンジ利用でカップ的には軽くプラス1万円以上の価値があるのです。


つまり、年間7回宿泊するなら、確実に、ヒルトンプラチナカードを更新するメリットがカップにはあると考えます。


しかし、お得だからといって、ヒルトンオナーズVISAカードの言うがままに、不要なコストを支払う必要はありません。何事も物事はシビアに考えた方が良いです。


ヒルトンオナーズVISAカードについても、最も効率的にプラチナカードのメリットを受けるなら、それは、隔年でヒルトンオナーズVISAカード・プラチナカードを所有することではないかとカップは、考えます。


なぜなら、2019年度分ですでに年間120万円以上の利用額をクリアしたカップは、きっとダイヤモンド資格を2021年3月まで有していることになっています。


だとするならば、例えば、2019年10月に解約して、2020年11月に再入会すれば、その後、120万円のカード利用をすることによって、2021年4月以降もヒルトンダイヤモンド資格を有することができると考えるからです。


実際、この方法で上手くいくかどうかは分かりませんが、とりあえず、今年10月にヒルトンプラチナカードの解約を一度してみたいと思います。


2019年GWの影響?によるエラー


とても年会費に見合うものではありませんが、今年のGWにヒルトンプラチナカードにエラーが起きたことをご存知の方はいらっしゃいますか?


そのエラーとは、ポイント付与が、誤って5回されたことです。


ヒルトンプラチナカードでは、通常毎月15日で締めた利用額を翌月10日に支払うまでに、前月末までにポイント付与されます。


しかし、カップのケースでは3月16日~4月15日までに利用したカード利用額にかかるポイント付与が、5月に5回行われました。


ゴールデンウィークが10日間あった影響でしょうか、通常の5倍分のポイント付与はLUCKYというよりは、もはや笑えるレベルです。ネット上での情報を検索してみても同様の報告例がありませんので、ひょっとうするとカップに対してのみの誤りかもしれませんけど、どうなのでしょうか。


さすがに気が悪いので、この件については自己申告しようと考えていますが、取り消しになるかは不明です。


なぜなら、先にお話ししたヒルトンハワイアンビレッジの宿泊券も、自己申告しましたけど、結果的にプレゼントされたからです。


発券枚数の少なさが許すカード会社のエラーなのかもしれませんけど、マイナーなカードを持つ喜びというのはカードマニアにとって垂涎な出来事化もしれません。


というわけでカップはヒルトンプラチナカードをマイルdeチケットの読者様にもお勧めしま・・・・









せん。


なんてね。クレジットカードの利用額が年120万円超の方で、ラウンジのあるヒルトンに年間7回以上宿泊する機会のある方には、迷わずお勧めします(^O^)


でも、そうでない方には、ご自身のヒルトン利用状況によって選択していただければと考えます。


仮に、カード利用額年間120万円以上の方であっても、ヒルトンプラチナカードの年会費はやはり負担に思うはず。現在カップが考えているように隔年で所有する方法も一つの選択ではないかなと真面目に思います。


でも、毎月1回のはずの三井住友からのボーナスポイントが5回も加算されていることは、ヒルトン側も承知のはず。このことはカップにとって全く責任はありませんが、ヒルトン側から何かのペナルティを課されたら大損になるかもしれません。人間万事塞翁が馬、なにが得で何が損かを判断するのは難しいですよね。


ヒルトン・オナーズVISAカードの入会キャンペーン


ヒルトン・オナーズVISAカード・ゴールドカード


そんなヒルトン・オナーズVISAカードですが、もし、あなたが、年に1回でもヒルトンに宿泊する機会があるならば、絶対持っておいて欲しいカードがあります。


それは、ヒルトン・オナーズVISAカード・ゴールドカードです。


持っているだけでヒルトンゴールドのステータスを得られるので、年に1回でも宿泊すれば、朝食無料のサービスだけで元を取れてしまいます。


試しに下記サイトで気になるヒルトンの朝食ありプランと朝食なしプランを検索してみてください。


ヒルトン・ゴールドのステータスがどれほど素敵なベネフィットなのか分かると思います。






持っているだけでヒルトンゴールドの資格を有することができるヒルトン・オナーズVISAカード・ゴールドカードは2019年6月末までに申し込みすると、簡単にヒルトンオナーズポイント10,000ポイントを獲得することができます。


【特典】
10,000ヒルトン・ボーナスポイント

【入会期間】
2019年4月3日(水)~6月30日(日)まで
2019年7月31日(水)までにカードが発行された方が対象です。


【利用期間】
2019年4月3日(水)~8月31日(土)まで

【条件】
入会期間中にヒルトン・オナーズVISAゴールドカードに新規入会のうえ、利用期間中に合計10万円(含む消費税等)以上の買物利用

【ポイント付与時期】
2019年10月末頃にお客さまのヒルトン・オナーズのアカウントに加算されます。


ヒルトン・オナーズVISAカード・プラチナカード


また、カード利用額だけでダイヤモンド会員を目指すなら、年会費が異常に高いヒルトン・オナーズVISAカード・プラチナカードを狙ってみるのも一興です。


再三申し上げますが、ヒルトン・オナーズVISAカード・プラチナカードについては、入会ボーナスを含んでも、年3~4回は宿泊しないと元は取れないと思います。


ダイヤモンド会員になれば、ヒルトン宿泊時にも大量ポイントを獲得(大体、利用額の1/3程度のポイントを獲得できることが多いです。例えば、昨年末家族でヒルトングアムに3泊しましたが、利用額6万弱に対して約2万ポイント獲得できました。カップにとっては1万円相当のポイントと考えます。)。


また、ラウンジ利用で3日間の夕食代を浮かせることができましたので、それだけで2~3万円の価値があると考えています。規定では、ラウンジは2人までの利用ですが、娘を含めた3人で利用をしても追加料金を求められることはありませんでした。この点については、ヒルトンの制度的サービスというよりは、ヒルトングアム独自(その時たまたまかもしれません)のサービスだと思いますが、家族の評判も良かったです。


そんなヒルトン・ダイヤモンドへのパスポートを得られるヒルトン・オナーズVISAカード・プラチナカードの入会キャンペーンは下記の通りです。


【特典】
30,000ヒルトン・ボーナスポイント

【入会期間】
2019年4月3日(水)~6月30日(日)まで
2019年7月31日(水)までにカードが発行された方が対象です。


【利用期間】
2019年4月3日(水)~8月31日(土)まで

【条件】
入会期間中にヒルトン・オナーズVISAゴールドカードに新規入会のうえ、利用期間中に合計30万円(含む消費税等)以上の買物利用

【ポイント付与時期】
2019年10月末頃にお客さまのヒルトン・オナーズのアカウントに加算されます。


充分魅力的なキャンペーンであると思いますが、年会費が無料になるわけではありません。30,000ポイントもらうだけではとても見合わない年会費。もし、あなたがヒルトン・オナーズVISAカード・プラチナカードの入会を検討されているとするならば、年に何回ヒルトンに宿泊するのか、冷静に考えたうえでお申込みされるべきだと思います。


カップは、たまたま、ヒルトン・オナーズVISAカード・プラチナカードに入会して後悔しない程度の宿泊をしましたが、決して万人にお勧めできるカードではないと思います。


発行枚数の少なさが影響かは分かりませんが、時々来るエラーについては、大変興味深く感じていますけどね( ´艸`)


それがすべてではありませんよ。

スポンサーリンク



飛行機旅行格安・身近に|ハピタスからのソラチカルートでライフチェンジング

4月は札幌に遊びに行きました。学生時代の友人に会って、飲むだけのために・・・。そして5月は沖縄に遊びに行きます。主たる目的は日頃の仕事のストレスから解放されて、リゾート気分を味わうこと。友人と二人で行きますのでいつもの節約旅行ではありません。マリオットオキナワリゾート&スパとダブルツリーヒルトンに宿泊して全力でリラックスすることを目的としています。一介のサラリーマンが毎月のように旅行しているのって...

初心者だからできるANAマイル錬金術で国際線ビジネスクラスに乗る方法

ANAマイレージクラブで国際線ビジネスクラスに搭乗するには何マイル必要でしょうか。 直行便で考えると、 東南アジアなら55,000マイル~63,000マイル 北米なら75,000マイル~90,000マイル 欧州なら80,000マイル~95,000マイル シーズンによって必要マイル数が異なります。 でも、とりあえず10万マイルあれば、好きなところに行けると思いませんか? 本日は、初心に...

 カテゴリ
 タグ