スポンサーリンク


楽天カード

誰でも持っているクレジットカードと言えば楽天カード

陸マイラーであろうとなかろうと、楽天カードの魅力はどの世代にも刺さります。

事実、「2018年度JCSI(日本版顧客満足度指数)調査」によると楽天カードは10年連続でクレジットカード業種顧客満足度の第1位に選ばれました。

顧客満足度とは、つまり楽天カードのサービスに対して満足している人の数、割合と言い換えることもできそうです。単に発行枚数が多いだけでなく、死蔵することなく使い続けたうえでの結果で満足する人が多かったということです。

参考:キャッシュレス時代のクレジットカード&スマホ決済&電子マネー&ポイント攻略完全ガイド [ 岩田昭男 ]より引用

楽天カード顧客満足度10年連続1位


10年連続顧客満足度1位って改めて考えるとすごい記録だと思いませんか?

この記事では、そんな楽天カードの魅力についての情報をお伝えします。

スポンサーリンク

誰でもお得!楽天カードの基本スペック


年会費無料なのにポイント還元率1%


楽天カードの魅力といえば何といっても年会費が無料であるということです。クレジットカードを持つのにコストをかけるなんて信じられないという方は実際多いと思います。


カップも陸マイラーデビューする前は、クレジットカードに求めるものは、年会費無料とポイント還元だけでした。得するためにカードを使う。そのために必要なのは、コストゼロ、高還元率の2つだったからです。


現在では、考え方も変わり、例えコストをかけてもそれに見合うサービスがあれば満足できるカードであると考えるようになりました。しかし、そう考える方はクレジットカードを使いこなしている人に限られるということも理解できます。


多くの方にとって年会費無料・ポイント還元率1%の楽天カードは魅力的なカードと映るのは当たり前のことです。


楽天サービスとの連携がすごい


楽天カードの魅力はクレジットカードの決済サービスとポイント還元だけではありません。


最大の魅力は楽天サービスとの連携ではないでしょうか。


楽天市場でショッピングするときに、楽天カードで決済すると、それだけで100円で3Pの楽天スーパーポイントを貯めることができます。その内、1%相当分は期間限定ポイントですが、3%のポイント還元は魅力ではないでしょうか。内訳は下記の通り。

  1. 楽天会員としての1%
  2. 楽天カード利用の1%
  3. SPU↑の1%(期間限定ポイント)


更に、楽天カードの振替口座を楽天銀行に指定していると、SPU↑のサービスで更に1%の期間限定ポイントを貯めることができます。改めて楽天銀行を振替口座に登録している楽天カードで楽天市場でショッピングしたときのポイント還元率を示すと、次の通りになります。

  1. 楽天会員としての1%
  2. 楽天カード利用の1%
  3. SPU↑の1%(期間限定ポイント)
  4. SPU↑の1%(期間限定ポイント)


合計4%のポイント還元。これだけでネットショッピングが楽しくなってしまいますよね?


更に、楽天市場で買い物をする前に、ハピタスというポイントサイトを経由すれば、ハピタスのポイントも貯めることができるってご存知ですか?


ハピタス経由楽天市場でショッピング


1%のハピタスポイントはハピタスからプレゼントされるものですが、仕組みを説明すると、楽天市場を宣伝しているハピタスに対して楽天グループがハピタスに報酬を支払っており、その報酬の一部を原資としてハピタスからあなたにポイントがプレゼントされるのです。ハピタスは、ポイントサイトとしてビジネスモデルが確立していますので、決して怪しげなサイトではありません。カップも2012年の誕生時に登録してこれまで100万円分以上のポイントを貯めることができた安心のサービスです。


ハピタスに興味を持たれた方であれば、とりあえず、登録だけでもしてみませんか?


その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス


楽天カードとハピタスのコラボでネットショッピングをますますお得にすることができますよ♪


ちなみに、楽天カードの発行もハピタスから行うとそれだけで12,000円分のお小遣い稼ぎができます。


ハピタス経由楽天カード発行


年会費無料のカードを発行するだけで1万2千円のお小遣い稼ぎ。正直意味が分からないくらいお得です。すでに楽天カード発行済みのカップは特典対象外なのは寂しいですね(ノд-。)クスン


楽天カードの裏技的活用法


楽天スーパーポイントは現金同様に利用可能


ポイントはマイル同様貯めるのも難しいですが、使うのはもっと難しいと言われます。楽天スーパーポイントも楽天サービスを利用しつくしている方にとっては問題ないでしょうが、そうでない場合はどうなるのでしょうか。


他のポイントを消滅させてしまったなどの経験がある方にとっては心配の種のひとつですよね。でも、結論から言うと、


期間限定ポイント以外は、現金同様簡単に使うことができます。


現金同様、というのは、

  • 楽天EDYに交換可能

  • 楽天カードの支払いに充当可能


の2つのサービスがあるからです。


特に2つ目の楽天カードの支払いに充当できるというのは、非常に便利なサービスです。毎月以下のスケジュールを抑えておけば手続きも簡単にできます。

〇カードの支払いは前月末締め

〇毎月12日までに支払い金額確定(楽天スーパーポイント付与)

〇毎月12日~20日にポイント払い受付(楽天e-NAVIで手続き可能)

〇毎月27日 ポイント充当


ポイントの付与が支払い日の前なので、前月にカードを使った分についてタイムラグなく使えるのは嬉しいですね。

楽天スーパーポイントはANAマイルに交換可能


ANAマイラーにとって嬉しいことに楽天スーパーポイントはANAマイルに交換することもできます。レートは楽天スーパーポイント2P⇒ANA1マイル、毎月ANA10000マイルまでという上限がありますが、ANAマイルをお得に利用できることができる方にとっては嬉しいサービスです。


楽天証券の投信積み立ての購入に楽天カードの利用が可能


楽天カードの他のカードになり魅力といえば、投資信託の積み立てに楽天カードを使用することができることがあります。

投資信託の積み立てにカードを使い、毎月購入額の1%分の楽天スーパーポイントを貯められるというサービス。

上記のポイント支払いサービスと併用すれば、実質1%分のプレミアを付けて投資信託の運用が可能ということ。投資信託運用の手数料分くらいは軽く賄うことができますね。

楽天ダイヤモンド会員になるための条件


楽天のサービスを徹底的に活用するには楽天会員の上級会員になる必要があります。楽天会員は利用状況によって、5つの区分に分けられます。

  1. 通常会員
  2. シルバー会員
  3. ゴールド会員
  4. プラチナ会員
  5. ダイヤモンド会員



そして、最上級のダイヤモンド会員になるための条件は、3つあります。

過去6ヶ月で4,000ポイント以上、かつ30回以上ポイントを獲得、かつ楽天カードを保有

  • 過去6か月間で4,000P以上獲得
  • 過去6か月間で30回以上ポイント獲得
  • 楽天カードを保有


楽天スーパーポイントの獲得状況の他に審査条件として楽天カードの保有が求められています。楽天ダイヤモンド会員になるメリットについて思うところは人それぞれでしょうが、少しでもダイヤモンド会員になることにメリットを感じる方であれば少なくとも楽天カードは持っていたほうがいいかもしれませんね。


カップは、もちろん、楽天カードを持っていますし、それほど楽天サービスを利用しているわけではありませんが、楽天ダイヤモンド会員でもあります。条件の達成方法は裏技的ですけどね(*^-^*)


楽天カードのまとめ


楽天カード、いかがでしょうか。

  • 年会費無料でポイント還元率1%

  • 楽天スーパーポイントは現金同様に利用可能

  • ANAマイルにも交換可能

  • 投資信託購入でもポイントが貯まる

  • 楽天ダイヤモンドになるための条件のひとつ


誰にでもお得なカードではありますが、特に楽天のサービスを活用できる方には最強のカードと言えますね。まだ、持っていないということはないと思いますが、超おススメの楽天カード。入会していない方がいらっしゃいましたらお早めにどうぞ。

参照)楽天カードのメリットとデメリット-「サルでもわかるクレジットカード徹底比較」-

スポンサーリンク



飛行機旅行格安・身近に|ハピタスからのソラチカルートでライフチェンジング

4月は札幌に遊びに行きました。学生時代の友人に会って、飲むだけのために・・・。そして5月は沖縄に遊びに行きます。主たる目的は日頃の仕事のストレスから解放されて、リゾート気分を味わうこと。友人と二人で行きますのでいつもの節約旅行ではありません。マリオットオキナワリゾート&スパとダブルツリーヒルトンに宿泊して全力でリラックスすることを目的としています。一介のサラリーマンが毎月のように旅行しているのって...

初心者だからできるANAマイル錬金術で国際線ビジネスクラスに乗る方法

ANAマイレージクラブで国際線ビジネスクラスに搭乗するには何マイル必要でしょうか。 直行便で考えると、 東南アジアなら55,000マイル~63,000マイル 北米なら75,000マイル~90,000マイル 欧州なら80,000マイル~95,000マイル シーズンによって必要マイル数が異なります。 でも、とりあえず10万マイルあれば、好きなところに行けると思いませんか? 本日は、初心に...

 カテゴリ
 タグ