スポンサーリンク

エポスゴールドインビテーション

エポスnetにログインしてみると、ゴールドカード特別ご招待のお知らせがありました。ちなみに妻のアカウントです。

実は、カップはエポスカードをまだ持っていません。しかし、今年、とある理由でエポスカードを急に欲しくなりましたので、妻のエポスカードをとりあえずゴールドカードにアップグレードしようと考えてみました。

エポスゴールドは、インビテーションをもらうと、年会費永年無料のゴールドカードをにアップグレードすることができます。

そして、そのメリットは家族にも及ぶという素晴らしいカードなのです。

本日は、年会費永年無料のエポスゴールドカードのインビテーションのもらい方とそのメリットについて考察してみました。

スポンサーリンク

エポスゴールド(年会費永年無料)のインビテーションのもらい方


エポスゴールドインビテーションの条件のまとめ


エポスカードの普通カードを使いこんでいくと、ゴールドカードのインビテーションを受けることがありますがその条件はご存知ですか?


その基準は正確には発表されていませんが、過去、多くの方がご自身の体験を情報としてシェアしてくださっていますのでおおよそのことは分かります。


カップが考えるエポスゴールドインビテーションの条件は以下の通りです。


  • エポスカード発行後一定の期間が経過していること

  • クレジットカードヒストリーが優良

  • エポスカードを一定額利用

  • エポスカードを継続的に利用



ネットの情報では年間50万円利用すれば良いとか、50万円利用したのにインビテーションがなかなか来なかったとか、少額利用だけど繰り返し利用したのが評価されてインビテーションが来たとか、公共料金の支払い登録が評価されたとか、いろいろ意見はありますが、どれも実体験に基づくものであれば正しいのかなと思います。


ただ、それでも、カードを作って半年間の経過は必要とか、利用回数が2回以上は必要とか、利用額も合計数万円は必要とかの基準はあるのでしょう。ゴールドカードのインビテーションをもらっても、そもそもゴールドになったから使いこなさなければ意味がないのですから、できる限り優先してエポスカードを使いこめばいいのでしょうが、最小限のカード利用で効果を上げたければどうすればよいかということに興味を持つことは悪いことではありません。


エポスゴールドインビテーション獲得大作戦


カップも今年、ある理由で、自分のエポスゴールドを欲しくなり、そのステップとして妻のエポスカードをアップグレードすることを考え、計画して実践しました。そのときカップが想定したエポスゴールドインビテーションの基準は以下の通りです。


  • エポスカード発行後、半年間以上経過

  • 月平均42,000円の利用

  • 毎月1回以上利用



上記の基準が正しいものかは分かりませんが、それを検証するためにカードの利用計画を立てました。ちなみに妻のエポスカードは入会後数年経過している死蔵カードでしたので、1番目の条件は既にクリアしていますが、2番目、3番目の条件を満たす必要がありました。


月平均42,000円というのは年間ベースで50万円利用を月割りにしたものです。

(参考)50万円/12か月≒41,667円


そして、上記の基準で妻のエポスカードを計画的に利用すれば、きっと半年間くらいでゴールドのインビテーションをもらえるのではないかと思いました。


具体的にカップの立てた利用計画は以下の通りです。


2月から、毎月kiigoでnanacoギフトコードを50,000円購入する。


非常にシンプルな計画です。毎月1回、50,000円のショッピング利用。ショッピングの対象がkiigoによるnanacoギフトコードなら、その消化も問題なくできますし、非常に素晴らしい計画に思えました。


毎月5万円の利用では、半年でエポスゴールドのインビテーション獲得は難しいのかもしれませんが、少なくとも2019年2月から2020年1月まで毎月50,000円のショッピング利用を続ければ、2020年2月にはゴールドのインビテーションをもらえるものと考えたのです。


しかし、当初順調だったこの計画は、3か月目でとん挫することになりました。それは、大きな事件が起きたからです。


その事件は次のとおりです。


kiigoでnanacoギフトコード販売終了






ショッピングの対象であったkiigoのnanacoギフトコードの販売が終了してしまいました。これで、毎月継続的に50,000円のショッピング利用という条件を満たすための作戦を練り直さなければなりません。


計画見直しの方針


Kiigoのnanacoギフトコード販売終了後も、エポスカード毎月42,000円利用という計画を続行するならば、他に毎月42,000円程度の額で継続してショッピングできるものがないか、ショッピングの対象を見直す必要がでてきました。


それを探してもよかったのですが、一年間継続する自信はありませんでした。


なので、ここで大きな方針転換を決めました。


もともと、あわよくばと考えていた毎月5万円利用×6か月でゴールドインビテーションという目論見を、一段レベルアップして、毎月5万円以上利用×6か月で合計50万円のカード利用という計画に変更したのです。


すなわち、すでに、2月50,000円、3月50,000円、4月50,000円と計15万円の利用をしていましたので、4月20日以降、7月末までに、あと35万円のカード利用をすれば、なんとか8月にはゴールドのインビテーションをいただけないかなと考えたのです。


ということで、手始めに先月、我が家の固定資産税約13万円を妻のエポスカードで支払うことにしました。


エポスカードの利用額は2019年2月~219年4月の3か月間で約28万円。その明細は下記のとおりです。


2019年2月・・・50,000円(kiigo)

2019年3月・・・50,000円(kiigo)

2019年4月・・・50,000円(kiigo)、130,000円(固定資産税)、900円(その他)


そして、今月、待望のインビテーションが来ました!!

エポスゴールドインビテーション


3か月間で計5回、約280,000円のカード利用のみでエポスゴールドのインビテーション取得。(ただし、カードを作ったのは数年前です!)


意外に緩い審査基準でしたね。


エポスゴールド(年会費永年無料)の申し込みの仕方


さて、今回のミッションは妻のエポスゴールドのインビテーションが目的ではありません。


次のプロセスとしてカップのエポスゴールドの発行があります。(これも目的ではありません。)


でも、次のプロセスまでは手続きするだけで簡単です。妻のエポスゴールドには次の特典があるからです。


エポスファミリーゴールド


エポスファミリーゴールドとは、


  1. 家族も無料のゴールド会員|年会費永年無料でお申し込み

  2. ファミリーボーナスポイント|家族の利用金額に応じてプレゼント

  3. ポイントシェア|家族みんなでポイントを分け合える



それぞれのメリットは機会があれば改めて紹介したいと思いますが、今カップが一番気になっているのが1番目の家族への紹介制度です。


エポスゴールド|家族紹介特典


妻のインビテーションを受けたエポスゴールドのおかげでカップは申し込みをするだけで年会費永年無料のエポスゴールドを手にすることができます。これはお得。さっそく手続きに入ります。


年会費永年無料のエポスゴールド取得までのプロセス


とはいっても本日申し込みできるわけではありません。具体的には次のプロセスが必要です。

  1. インビテーションを受けた妻のエポスゴールドへの切替の手続き

  2. 妻のエポスゴールドからの紹介によるカップのエポスゴールドの申し込み手続き


まあ、特に問題はないでしょう。のんびりやります。


で、後日、発行したときの模様が下記の記事です(*^-^*)

エポスゴールドカード|年会費永年無料のゴールドカード

エポスゴールドカードが到着しました。といっても発行日は5月29日になっていますから一週間前のお話です。新しいカードを取得して最初にすることといえば、もちろんカード裏面への署名です。少々遅くなりましたが、昨夜開封してその作業を終えました。これで、カップも正真正銘のエポスゴールドホルダーです。せっかくのエポスゴールドカード、陸マイラーとしてどのように活用すべきか考えてみました。...



まとめ


今回の記事では2点、重要な情報をお届けしました。


エポスゴールドインビテーションの条件

数年間保有しているエポスカードであれば、直近の3か月間に毎月利用していれば、インビテーションをもられることもある。

妻のエポスカードのの3か月の利用歴は、

回数・・・5回(ただし、毎月1回以上)

金額・・・約28万円



のみです。2月~4月の利用歴で5月にインビテーション獲得です。

家族紹介で年会費永年無料のエポスゴールド

インビテーションでアップグレードしたエポスゴールドをお持ちの方は、家族に同じく年会費永年無料のエポスゴールドを紹介できます。


家族全員でエポスゴールド。エポスの輪が広がり、みんなが幸せですね。

スポンサーリンク



飛行機旅行格安・身近に|ハピタスからのソラチカルートでライフチェンジング

4月は札幌に遊びに行きました。学生時代の友人に会って、飲むだけのために・・・。そして5月は沖縄に遊びに行きます。主たる目的は日頃の仕事のストレスから解放されて、リゾート気分を味わうこと。友人と二人で行きますのでいつもの節約旅行ではありません。マリオットオキナワリゾート&スパとダブルツリーヒルトンに宿泊して全力でリラックスすることを目的としています。一介のサラリーマンが毎月のように旅行しているのって...

初心者だからできるANAマイル錬金術で国際線ビジネスクラスに乗る方法

ANAマイレージクラブで国際線ビジネスクラスに搭乗するには何マイル必要でしょうか。 直行便で考えると、 東南アジアなら55,000マイル~63,000マイル 北米なら75,000マイル~90,000マイル 欧州なら80,000マイル~95,000マイル シーズンによって必要マイル数が異なります。 でも、とりあえず10万マイルあれば、好きなところに行けると思いませんか? 本日は、初心に...

 カテゴリ
 タグ