スポンサーリンク

docomo with iPhone7一括ゼロ円

先週首尾よく完了したケータイ乞食活動、懲りずに本日も行ってまいりました。

ちなみに前回はdocomo⇒auのMNP2回線の契約でした。

詳細は次の記事でご確認ください。1年間寝かせた回線のMNPですから2回線で10万円相当の利益がでましたよ♪

ケータイ乞食してみた【2019年3月docomo⇒au|MNP2回線】

陸マイラーとケータイ乞食。似て非なるものですが、マイレージブログでも時々解説記事を提供しています。カップも昨年2月にdocomo新規契約でケータイ乞食デビューしました。ケータイ乞食してみた当時の記事をみると、最後に「解約忘れだけは気をつけないといけませんね(^_-)-☆」という言葉で締めています。幸運にもあれから13か月経過しましたが、カップはケータイ乞食用の契約を忘れることなく今月MNP転出することにしまし...

素人なりに頑張った成果です。

今回は、まもなくプランがなくなると発表されたdocomo withへのMNPです。回線はひとつだけ。コストをかけてMNP弾を用意したカップにとって初めての本格的ケータイ乞食活動。果たして利益はでるのでしょうか。

スポンサーリンク

ケータイ乞食活動の記録


MNP弾(softbank回線)を用意


こちらについては前回記事を書きました。

【ケータイ乞食入門編】Docomo withを追加で回線契約するお得な方法

ケータイ乞食素人のカップが贈る今回の記事は、すでに2回線持っているDocomo withの回線を増やす方法です。Docomo withをお得に契約する方法は、スマホ本体とのセット契約であるデメリットを克服するスマホ本体の料金をゼロにすることです。といってもDocomo withはドコモの端末購入サポートの制度を利用できません。販売店の力で一括ゼロ円というプランを作ってもらう必要があります。そんなサービスしてくれる店あるの?とい...


8,586円(税込)で用意したMNP弾です。


細かい手順なども記事にしていますからご参考ください。

MNP弾を6日で用意|b-mobileがすごいぞ

ケータイ乞食といえば3月末までのキャンペーンが狙い目です。カップも先週土曜日に解約までのコストを見込んで約10万円のお小遣い稼ぎをしました。懲りずにもう一度と思い、MNP弾を作ってみました。それほど利益はでないかもしれませんが、いざ、チャレンジ!本日はMNP弾の作り方についての情報です。...



docomo withで永年1,500円、ウエルカムスマホ割で最大13か月1,500円の割引を狙う


MNP弾を用意した後は回線契約後の維持費の節約です。今回カップが練ったプランは、2019年3月から2021年3月までの25か月間の長期契約です。docomo withは、永年1,500円の割引がありますから計算上2年目以降も280円(税別)で維持できます。わざわざ2年契約の違約金9,500円を支払うよりも、もう1年間寝かせておいたほうがお得です。


2019年3月~2020年3月の13か月間はdocomo with 1,500円とウエルカムスマホ割 1,500円の計3,000円割引、2020年4月~2021年3月まではdocomo withの1,500円割引で維持すると考えると、必要な費用は下記表の通りになります。


シンプ
ルプラ
SPモ
ード
シェア
オプ
ション
doco
mo w
ith割
ウエル
カムス
マホ割
差引
料金
Mar-19980300500-1500-1500-355
Apr-19980300500-1500-1500-1220
May-19980300500-1500-1500-1220
Jun-19980300500-1500-1500-1220
Jul-19980300500-1500-1500-1220
Aug-19980300500-1500-1500-1220
Sep-19980300500-1500-1500-1220
Oct-19980300500-1500-1500-1220
Nov-19980300500-1500-1500-1220
Dec-19980300500-1500-1500-1220
Jan-20980300500-1500-1500-1220
Feb-20980300500-1500-1500-1220
Mar-20980300500-1500-1500-1220
Apr-20980300500-1500280
May-20980300500-1500280
Jun-20980300500-1500280
Jul-20980300500-1500280
Aug-20980300500-1500280
Sep-20980300500-1500280
Oct-20980300500-1500280
Nov-20980300500-1500280
Dec-20980300500-1500280
Jan-21980300500-1500280
Feb-21980300500-1500280
Mar-21980300500-1500280
合計




-14995

※2019年3月分は9日間分で計算しています。

※各月のマイナス分は代表回線の料金から差し引かれます。

※消費税は今回の計算に考慮していません。

ざっと、計算すると2年間使用して通信料は、▲14,995円です。


実際にはこれ以外にも契約事務手数料3,000円と解約時のMNP事務手数料2,000円がかかります。また、iPhone7を一括ゼロ円にするための原資は、家電量販店様が負担しているということで、その代わりにいわゆる有料オプション(アプリ)を月額2,000円(税別)分の登録が義務化されています。2年縛りの解約違約金は今回のプランでは2年間利用しているため不要です。


また、7,950円(税別)のMNP弾のコストも考慮すると、差引損益は、


(3,000+2,000+2,000+7,950)-14,995≒▲45円


なんと、スマホ回線を2年間、無料で維持するどころか約45円得をしてしまうということになります。そのうえでiPhoen7を無料で獲得です。


恐るべし、docomo withとウエルカムスマホ割の合わせ技。


その他の期待できる利益


dポイント


ケータイ乞食活動で利益が差引ゼロ円というのはちょっと寂しいですよね。でも、その他にも期待できる利益があります。


ひとつはドコモのご家族紹介特典。


あらかじめ主回線でエントリーしておきましたから後日(5月上旬)に10,000ポイントプレゼントされる見込みです。楽しみですね♪


iPhone7の売却料金


今回獲得したiPhone7は売却の予定はありません。


しかし、もし、売却するならば、端末購入サポートを受けていないので、ネットワーク制限の解除とSIMロック解除をして高く売ってみたいと思います。


ネットワーク制限の解除とSIMロック解除については、あらためて記事にしてみたいと思います。


ちなみに、回線契約当日のネットワーク制限は、docomoネットワーク利用制限携帯電話機確認サイトで確認すると、

docomo ネットワーク制限


おやおや、「-」なのですね。


docomo withでの契約ですと、スマホは一括払いなので、ネットワーク制限を受ける言われはないと思うのですが、実際は、数か月間は「△」が続き、忘れた頃に「〇」に変わると聞いています。


しかし、こちらもNTTドコモネットワーク利用制限担当(03-5954-2074 平日のみ10時~17時30分営業)でお願いすると、その場で「〇」に変えてくれるそうです。


カップのiPhone7は今月中には「△」になるのでしょうか。もし、「△」に変わったら、「〇」に変えてもらえるよう電話してお願いしてみようと思います。その結果は、また後日報告したいと思います。


と思ったら、翌日には・・・

docomoネットワーク利用制限


なんと、何もしなくても「〇」になっていました。余計な手間をかけなくてもよくなりました。ラッキーですね(*^-^*)


教訓:docomo withで購入した端末は、購入日翌日にはネットワーク利用制限が〇になります。


ネットワーク利用制限”〇”でSIMロックフリーになれば、現在でもiPhone7は30,000~35,000円で買取してくれる業者があります。


例えば、もし33000円で売却できるならば、ケータイ乞食的には、


  • 通信料の差額利益 約10,000円

  • dポイント 10,000円相当

  • スマホ売却料金 33,000円

  • MNP弾コスト ▲7,950円

  • 有料オプション ▲2,000円


と合計43,050円相当の利益です。(消費税考慮していません。)


5万円には届きませんが、ケータイ乞食素人のカップとしては満足できる水準です。


docomoのケータイ乞食活動は来週も、チャレンジしてみたいと計画しています。

スポンサーリンク



飛行機旅行格安・身近に|ハピタスからのソラチカルートでライフチェンジング

4月は札幌に遊びに行きました。学生時代の友人に会って、飲むだけのために・・・。そして5月は沖縄に遊びに行きます。主たる目的は日頃の仕事のストレスから解放されて、リゾート気分を味わうこと。友人と二人で行きますのでいつもの節約旅行ではありません。マリオットオキナワリゾート&スパとダブルツリーヒルトンに宿泊して全力でリラックスすることを目的としています。一介のサラリーマンが毎月のように旅行しているのって...

初心者だからできるANAマイル錬金術で国際線ビジネスクラスに乗る方法

ANAマイレージクラブで国際線ビジネスクラスに搭乗するには何マイル必要でしょうか。 直行便で考えると、 東南アジアなら55,000マイル~63,000マイル 北米なら75,000マイル~90,000マイル 欧州なら80,000マイル~95,000マイル シーズンによって必要マイル数が異なります。 でも、とりあえず10万マイルあれば、好きなところに行けると思いませんか? 本日は、初心に...

 カテゴリ