スポンサーリンク

名古屋マリオットアソシア

名古屋マリオットアソシアをじゃらんで激安予約をしたカップですが、驚くべきことがありました。

激安ってどれくらい? という疑問に思った方は、前回の記事をみてください。

【じゃらん最強】比較サイトでは分からないホテル激安予約方法

価格はさておき、(といっても公式サイトの約67%の値段)、ちょっと驚くことがありましたので皆様にもご報告します。

スポンサーリンク

マリオットボンヴォイのアプリで予約管理


じゃらんで予約してもアプリに自動登録


以前カップは、ヒルトン小田原をJTBで予約したとき、事前にホテルへ電話してヒルトンオナーズの会員番号を知らせた結果、アプリで予約を管理できたという話をしたことがありました。

公式サイトでなくてもアップグレード!?ヒルトンゴールドの実力

ヒルトン小田原リゾート&スパに先週宿泊しました。SPGアメックスのおかげで、宿泊前日深夜にヒルトンゴールドのステータスを得たカップですので、当然、予約した部屋のアップグレードを期待します。しかし、予約した日は約一か月前から、公式ページ及び他サイトから予約しようとしても満室扱いで予約ができませんでした。ヒルトン・オナーズ・ロイヤルティ特典では、アップグレードについて、「空室状況に基づくプリファードル...


ヒルトンオナーズの会員番号と電話で紐づけておいたおかげで、事前にアプリでチェックインもできましたし、当日、フロントにいったときも素敵なおもてなしを受けることができました。


これが癖になって、その後は、基本的に公式サイトでなく他サイトで予約したときも必ず事前に会員であると知らせることがマイルールになっていました。


しかし、マリオットの場合は、これまで、電話でお知らせしても、アプリに情報が登録されることはありませんでしたので、事前のチェックインはできず、上級会員であることも当日フロントでチェックインするときに再度知らせないとホテル側は情報を把握していなかったということもありました。


今回、じゃらんで名古屋マリオットアソシアを予約したときも同様であると考え、カップは、事前に電話でマリオットボンヴォイのプラチナエリートであることを知らせるつもりでした。


しかし、予約の1~2日後にマリオットボンヴォイのアプリを見てみると、


マリオットボンヴォイ


なんと、自動的に予約が登録されているじゃないですか。


驚くべきことは、カップは、じゃらんネットにもマリオットボンヴォイの会員であることをしらせていないのに自動登録されていたということです。


もちろん逆にマリオットボンヴォイにじゃらん会員であることも知らせていません。


ということは、マリオットボンヴォイが、カップの予約時の情報(氏名・生年月日・住所・電話番号・性別等)からカップがマリオットボンヴォイの会員であることを抽出して登録してくれたことになります。


マリオットボンヴォイとじゃらんに登録しているメールアドレスは別なのですべての情報が完全一致しているということでもないのですけどね。マリオットボンヴォイに変わってサービスはアップしたということかもしれませんね。


アプリ登録だから事前にモバイルチェックイン


カップの予約はすでにアプリに登録されていましたので、事前にモバイルチェックインをしてみました。


ちなみにモバイルチェックインとは次のようなサービスです。

  • お部屋を優先的に手配

  • お部屋のご用意が出来次第、プッシュ通知でお知らせ

  • 滞在先でお薦めのレストラン、スパ、観光名所をスマホ画面一つで簡単チェック(モバイルチェックインが必要)

  • グリーンチョイス: お部屋の清掃を選択しなかった日はリワードポイントを獲得できるグリーンチョイスも、モバイルチェックインまたはモバイルリクエストで選択

  • ホテルとの連絡: ワンタッチコールやモバイルチャットで、ホテルスタッフに各種リクエストを気軽に伝達

  • ゴールドとプラチナのエリート会員の方には客室アップグレードやレイトチェックアウトの承認確認をアプリでお知らせ

  • Apple Maps、Googleマップ、Wazeでホテルの所在地も簡単に確認

  • ホテル設備、周辺レストラン、アクセス方法、周辺観光名所などの情報も簡単に検索


6番目のアップグレードの承認確認をアプリでもらったことはありませんが、いつも、それなりにアップグレードしてくれています。


1月に名古屋マリオットアソシアに宿泊した際には、なんと46階のお部屋へアップグレードしてくれました。


ちなみに名古屋マリオットアソシアは、コンシェルジュデスクのある36階以上にアサインされると満足感高いです。


別に31階以下であっても十分満足な滞在ですけど、何となく気分が良いです。


ただ、46階は、エレベータを降りるとエレベータホールから部屋へ向かうとき、セキュリティのあるドアを通らなければいけません。


ルームキーを当てることで開くドアです。煩わしいと思われる方もいらっしゃると思いますが、カップは満足感高く滞在を楽しむことができました(*^-^*)


話が逸れましたので戻します。


今回、じゃらんで予約した宿泊をモバイルチェックインすると、次の案内が表示されました。


モバイルチェックイン


じゃらんの予約であっても、

  • アップグレードの資格あり

  • レイトチェックアウトのリクエスト可能

  • ウェルカムギフト

と公式サイトと同様なサービスが保証されているように思えます。


ただし、マリオットボンヴォイのポイントサービスは別ですし、メガボーナスなどのキャンペーン対象にもなりません。ウェルカムギフトでもらえるポイントはいただけますけど(*^-^*)


【失敗例】ウェルカムギフトで1,000ポイント選択してもポイント加算されません。
実践例の報告です。上記予約で名古屋マリオットアソシアを訪れたカップは、コンシェルジュラウンジでチェックインをするとき、ウェルカムギフトでルームサービスのドリンクか1,000ポイントの選択を求められたのでポイントと回答しました。
しかし、チェックアウト後、待てど暮らせどアカウントへのポイント加算はありませんでした。
やはり公式サイトからの予約でないとポイントは加算されないようですね。
名古屋マリオットの誤った説明には気を付けてください。でも、公式ではもらえないウェルカムギフト、ルームサービスならもらえるんてお得だと思いませんか?
今後は、カップもウェルカムギフトはドリンクで( ー`дー´)キリッと応えようと思います。



名古屋マリオットアソシアのウェルカムギフトはルームサービスのドリンク一杯か1,000ポイントのプレゼントの選択です。


ドリンク2人分なら迷わずルームサービスを選ぶのですが、1人分なのでいつも1,000ポイントを選んでします。今回もドリンクはラウンジで浴びるほど飲んで部屋では、きっと、シャワー&爆睡のコースになるでしょう。


翌日の朝食もプラチナ特典で無料でいただけますが、ほとんど食べることはできません。朝食は2018年4月以降は、15階のパーゴラを利用できる朝食券を朝食なしのプランでも2枚もらうことができます。


パーゴラでの食事の方が種類も多く人気ですが、これまでカップはラウンジでいただいていました。ラウンジの方が空いていて落ち着くからです。


この辺は人によって好みが分かれるところでしょう。今回の滞在も席さえあれば、ラウンジでいただく予定です。


名古屋マリオットアソシアのコンシェルジュラウンジ


名古屋マリオットアソシアのコンシェルジュラウンジは、従来36階にありましたが、SPGアメックスの特典で利用者が増えたせいか2018年からは15階の広いスペースに移動しました。


しかし、2019年2月12日(火)から4月16日(火)までは、一時的に36階のフロアに戻っています。


4月19日(金)以降は、コンシェルジュデスク&ラウンジとも15階でリニューアルされるとアナウンスされています。


ということは、3月中は36階のラウンジを利用できるのですね。カップにとっては2018年1月に利用して以来。ちょっと懐かしいですね。36階でのラウンジスペースが4月以降どうなるのかはわかりませんが、おそらく最後になるであろう36階でのラウンジを堪能してきたいと思います。


混雑していて利用できなかったというオチになるかもしれませんけど( ;∀;)


まあ、こればっかりはいってみなければ分かりません( ー`дー´)キリッ

スポンサーリンク



飛行機旅行格安・身近に|ハピタスからのソラチカルートでライフチェンジング

4月は札幌に遊びに行きました。学生時代の友人に会って、飲むだけのために・・・。そして5月は沖縄に遊びに行きます。主たる目的は日頃の仕事のストレスから解放されて、リゾート気分を味わうこと。友人と二人で行きますのでいつもの節約旅行ではありません。マリオットオキナワリゾート&スパとダブルツリーヒルトンに宿泊して全力でリラックスすることを目的としています。一介のサラリーマンが毎月のように旅行しているのって...

初心者だからできるANAマイル錬金術で国際線ビジネスクラスに乗る方法

ANAマイレージクラブで国際線ビジネスクラスに搭乗するには何マイル必要でしょうか。 直行便で考えると、 東南アジアなら55,000マイル~63,000マイル 北米なら75,000マイル~90,000マイル 欧州なら80,000マイル~95,000マイル シーズンによって必要マイル数が異なります。 でも、とりあえず10万マイルあれば、好きなところに行けると思いませんか? 本日は、初心に...

 カテゴリ