スポンサーリンク

マリオットホテル

マリオットとSPGが統合した新たなエリート会員プログラムの名称が変わります。

その名も、Marriott Bonvoy(マリオットボンヴォイ)。

マイラー、ホテラーの皆様の中には、一昨年度の合併以来、マリオットとSPGのエリート会員プログラムの違いとSPG AMEXの特典との関係でいろいろ美味しい活用をされた方も多いと思いますが、いよいよ本当に一つのプログラムになってしまいます。

カップのスマホにもこれまで、マリオットとSPGの2つのアプリをインストールしていましたが、先週、ようやく2つのプログラムを統合して、使えなくなったSPGのアプリを消去しました。

スポンサーリンク

マリオットのエリート資格について


統合の作業は昨年8月よりできたはずなのですが、なぜ、ここまで引っ張ったかというと、

①一度、試してみたが作業中にエラーになった

ことと、

②2018年8月よりマリオットプラチナからゴールドに格下げになると考えていたが、運よくプラチナ継続できたため、あまり余計な作業をしない方がいい

かなと思ったからです。

結果、カップは、2017年1月にSPGアメックスを申し込んで以来、SPGゴールドの資格を得て、アカウントリンクによってラウンジ利用可のマリオットゴールドの資格を得ることができました。

マリオットのラウンジはSPGアメックスを所持するだけで利用できるようになり、読者の皆様にも大々的に宣伝させていただきましたが、制度上、その利益を享受することができるのは、2018年8月までのはずだったのです。

しかし、マリオットの好意(?)でカップは、2018年8月以降もマリオットのプラチナ会員継続の恩恵を受けることができました。

驚くべきことは、結果的にSPGにおいてもプラチナ資格を得ることができたのです。

2018年8月まで
マリオット・・・プラチナ
SPG・・・ゴールド


2018年8月以降
マリオット・・・プラチナ
SPG・・・プラチナ


マリオットにしろ、SPGにしろ、本来はホテルが定める基準以上の宿泊(滞在)をしないと得られないエリート資格を、結果的にSPGアメックスというクレジットカードを所持すだけで得られたということは、幸運以外の何ものでもありません。


2017年1月に申し込んだSPGアメックス、先日解約してしまいましたが、2年間にトラベルパッケージ3回を含む滞在を存分に楽しませていただきました。


特にプラチナ資格を得るためにプラチナチャレンジなどの荒行はせずに、ただ、SPGアメックスを所持していただけのカップですが、2年間の間に約30泊の宿泊をさせていただきました。


そのうち、公式サイトからお金を払って予約したのはただの1回だけ(∀`*ゞ)テヘッ


今は無いマリオットセブでの宿泊だけです。


あとは、ポイントでの宿泊や他サイトからの予約。


そんなカップですが、SPGアメックスは先述の通り解約してしまいました。


理由はいろいろありますが、最も大きな理由は、上級会員としてのおもてなしに多少は慣れて、新鮮さを失ったからです。ホテルのラウンジで遊べることは、実質のメリット以上に新鮮さがあったから楽しめましたが、ある程度慣れてくると、果たして高い年会費を支払ってまで求める価値のあるものだろうかと自問してしまうのです。


なんて、冗談です(∀`*ゞ)テヘッ


実際のところは、2018年8月以降、SPGアメックスを所持しても、ラウンジに入る資格を得られなくなったからです。


もちろん、ラウンジ利用不可のゴールド会員であっても、部屋のアップグレード等のメリットを考えれば、カードの年会費相当額くらいは使い方によってすぐペイできるものと考えます。


でも、部屋のアップグレードに対するカップの見方は結構シビアです。


広い部屋に案内されればもちろん嬉しいですが、同じタイプの部屋でただ高層階というだけでアップグレードと言われてもそれほどの喜びは感じません。


むしろ、え?上級会員なのにこの程度のアップグレード?と天邪鬼的に感じてしまうことさえあるのです。


そんな性格の人なら、ゴールド資格目的にあえてSPGアメックスを持つ必要はないのではないか。そう思ってカップは先週SPGアメックスを解約しました。


2年間にわたり自分の中では大活躍したSPGアメックスでしたが、いよいよお別れの時を迎えたのです。


さらばSPGアメックス。さらば、マリオットプラチナ。


と言いつつ、まだまだマリオットホテル遊びは続くかもしれません。


Marriott Bonvoy(マリオットボンヴォイ)の概要


エリート資格レベル


新しく始まるMarriott Bonvoy(マリオットボンヴォイ)ですが、2018年8月以降のマリオット・SPGのエリート資格と同じく6つのレベルがあります。


  1. アンバサダーエリート

  2. チタンエリート

  3. プラチナエリート

  4. ゴールドエリート

  5. シルバーエリート

  6. 一般


ちなみにラウンジへのアクセス権を有することができるのは、プラチナエリート資格以上です。


ゴールドエリートに魅力がないわけではありませんが、プラチナとゴールドの間には越えられない壁というものが存在すると考える人は多いのではないでしょうか。カップももし、SPGアメックス所有でプラチナエリートの資格を継続できるなら、ラウンジアクセス目的で、カードも解約しなかったと思います。


ちなみに、それぞれの資格を得るためには、通常、前年に一定の宿泊が必要になりますが、その宿泊数というのが、


  • アンバサダーエリート  100泊+対象となる利用金額20,000米ドル

  • チタンエリート  75泊

  • プラチナエリート  50泊

  • ゴールドエリート 25泊

  • シルバーエリート  10泊


と出張族でもなんとかなるかどうかという日数です。(すべての都市にマリオット系列のホテルがあるわけではありませんから。)


そんな厳格なエリート資格、しかもプラチナエリートとの資格を2018年8月から約半年間、好意で(実際は不作為の抽選?)プレゼントしてくれたマリオットにカップは感謝しています。


マリオットボンヴォイの特典一覧


で、実際にマリオットボンヴォイのアプリがリリースされたところで、エリート資格のメリットをエリートレベル別に見てみましょう。


特典会員シルバーエリートゴールドエリートプラチナエリートチタンエリートアンバサダーエリート
0~9泊/年10~24泊/年25~49泊/年50~74泊/年75~99泊/年年間100泊滞在+対象となるご利用金額年間20,000米ドル
客室内無料
インターネットアクセス
*より速いインターネット
会員料金
モバイル チェックイン/サービス
完全予約保証×
ポイントボーナス×
10%ボーナス25%ボーナス50%ボーナス75%ボーナス75%ボーナス
優先レイトチェックアウト×
*空室状況によりご利用いただけない場合もあります午後2時午後4時午後4時午後4時
エリート専用予約ライン××
ホテルのウェルカムギフト×
*ブランドにより異なりますポイント*ポイント、朝食ポイント、朝食ポイント、朝食
オファーまたはアメニティ*オファーまたはアメニティ*オファーまたはアメニティ*
より望ましい客室へのアップグレード××
空室状況によりご利用いただけない場合もあります一部スイートを含む一部スイートを含む一部スイートを含む
ラウンジへのアクセス×××
客室タイプの保証×××
年間チョイス特典×××〇*××
(スイートナイトアワード5泊分またはギフトオプション)
対象となる宿泊日数50泊の特典
年間チョイス特典××××〇 *×
(スイートナイトアワード5泊分またはギフトオプション)
対象となる宿泊日数75泊の特典
48時間前予約保証××××
アンバサダーサービス×××××
Your 24™×××××



特筆すべきは、やはり、ラウンジアクセス権を有するプラチナ、チタン、アンバサダーの3クラスの特典です。


お金持ちでなくても、ラウンジを利用できれば、朝食のほかに実質夕食も無料でいただけますからかなりお得に宿泊できます。


実際カップは、過去2年間で3回のトラベルパッケージを含む宿泊を名古屋マリオットで行っていますが、正直、最初に予約で支払った金額(ポイント)以外は、多少のルームサービスを除いて追加の支払いは全く不要でした。


ホテルライフを楽しむうえでは、欠かせないクラブラウンジへのアクセス。今後もマリオットを利用するうえでクラブラウンジへのアクセス権のあるプラチナエリート以上の資格は憧れです。


ホテルへの宿泊都度、グレードの高い部屋を予約してもいいですが、もしプラチナエリート以上の資格を有することができれば、マリオットの滞在がとても快適になることは間違いありません。


SPGアメックスを改悪したカップですが、どうにかしてプラチナエリートの資格を維持できないか考えてみました。


マリオットボンヴォイでプラチナエリートを獲得する方法


マリオットに年間50泊


最初に思い付いたのは、マリオットに一年間で50泊するという正攻法です。


これが、実践できれば何の苦労もありません。


でも、SFC修行で50万円の支出をすることができる方ならば、一考してもよいのではと思います。飛行機の修行は、正直苦行ですが、ホテルの修行は楽行です。楽しく泊まって獲得できるエリート資格。


正直、毎年JALやANAの上級会員資格のために修行するくらいならホテル修行の方がお得のような気がしてきました。


とはいっても年間50万円はやっぱりもったいない。


もっと手軽にエリート資格が手に入るならマリオットクラスのホテルにも泊まろうかと考えますが、50万円を支出してまで得たいステータスではないかもしれません。

プラチナチャレンジでお得にプラチナエリート


裏技的には短期間で一定の宿泊をこなすことでプラチナ資格を得られるプラチナ・チャレンジという方法があります。


恒常的に行っているかどうかはわかりませんが、SPGアメックス所有等の理由でゴールドエリートの資格を有するならば、マリオットヴォンバイに電話して、プラチナチャレンジについて問い合わせてみましょう。


スタートから3~4か月間にマリオットに16泊することによって得られるプラチナステータス。


恒常的にホテル宿泊する機会がない方にとっては、3~4か月の間に集中して16泊を計画的に達成することは断然ありだと思います。


1泊平均1万8千円程度としても、30万円かからずにプラチナエリートの資格を有することができます。


理由はわからりませんがプラチナエリート


最後にカップがとった方法をご紹介します。


その方法とは、過去にSPGアメックスを持っていたといたため、ひょっとするとあと一年間(2020年1月末まで)、プラチナエリートを継続することができるかもしれないということです。


詳細は分かりかねます。


しかし、現在のカップのマリオットボンヴォイの資格は、


マリオットヴォンバイ・プラチナエリート


ご覧の通り、プラチナエリートです。


理由は分かりかねます。


しかし、最近までSPGアメックスを所有していて、マリオットとSPGのプログラム統合のどさくさに紛れて、2018年8月にプラチナエリート資格を獲得することができました。


その資格は2019年1月末までと案内を受けていましたが、2月に入ってもプラチナエリートのままです。


プログラムが刷新されるときにゴールドに陥落するとも考えましたが、本日現在、マリオットボンヴォイに変わっても相変わらずのプラチナエリートです。


何かの間違いで是正されるかもしれませんし、このまま2020年1月までプラチナエリートを継続できるかもしれません。


自分にとって都合の良い状況ですので、その理由についての言及は控えます。


しかし、2年間にわたってSPGアメックスホルダーであったことに後悔はありません。


年会費は2回分、合わせて7万円近く支払いましたが、間違いなくそれ以上の恩恵を受けることができました。


来年1月末までプラチナエリートでいられるならば、さらなる恩恵を受けるつもりです。


カップ同様、SPGアメックスを所有していただけで、プラチナチャレンジなどしなくても、あと一年間プラチナエリートの資格を有している方は、本当にSPGアメックスを活用できたものと思います。


せっかく得た幸運、今後一年間、マリオットの宿泊も積極的に利用したいと考えます。


そのためにはマイルもしっかり貯めて、好きな国に出かけようという好奇心も維持しなければいけませんね。


カップのエアライン、ホテルの利用状況につきましては今後もマイルdeチケットで報告し続けたいと考えます。どうぞよろしくお願い申し上げます。

スポンサーリンク



飛行機旅行格安・身近に|ハピタスからのソラチカルートでライフチェンジング

4月は札幌に遊びに行きました。学生時代の友人に会って、飲むだけのために・・・。そして5月は沖縄に遊びに行きます。主たる目的は日頃の仕事のストレスから解放されて、リゾート気分を味わうこと。友人と二人で行きますのでいつもの節約旅行ではありません。マリオットオキナワリゾート&スパとダブルツリーヒルトンに宿泊して全力でリラックスすることを目的としています。一介のサラリーマンが毎月のように旅行しているのって...

初心者だからできるANAマイル錬金術で国際線ビジネスクラスに乗る方法

ANAマイレージクラブで国際線ビジネスクラスに搭乗するには何マイル必要でしょうか。 直行便で考えると、 東南アジアなら55,000マイル~63,000マイル 北米なら75,000マイル~90,000マイル 欧州なら80,000マイル~95,000マイル シーズンによって必要マイル数が異なります。 でも、とりあえず10万マイルあれば、好きなところに行けると思いませんか? 本日は、初心に...

 カテゴリ
 タグ