スポンサーリンク

TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO

JALマイルを貯めるためのクレジットカードといえば何を思い浮かべますか?

「JALカード!」というご回答が多いと思います。

もちろん、JALカードを否定するものではありませんし、JALマイラーなら、持っていて当然のカードだと思います。

クレジットカード利用だけでなく、搭乗時にもさまざまな特典を受けることのできるJALカードはカップもときどき保有します。(年会費が負担のため継続利用はしていませんけど・・・)

しかし、クレジットカードとは面白いもので、ある特定の使い方に特化するならば、JALカードよりJALマイルを貯められるカードは意外に多くあります。

そのひとつがTOKYU CARD ClubQ JMB PASMOです。

カップももちろん利用しているTOKYU CARD ClubQ JMB PASMO。この記事ではその特徴と裏技についてご紹介します。

スポンサーリンク

TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOを徹底解剖


基本スペック


TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOはJALカードではなく、東急カード株式会社が発行しています。


ややこしいのですが、JALカード TOKYU POINT ClubQとは別のカード会社です。


TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOを理解するうえでとても重要ですからもう一度確認します。


重要ポイント

TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOは、JALカード TOKYU POINT ClubQとは別物。本日紹介する情報は、TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOですのでお間違いなく。


それでは、TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOの基本スペックをご紹介します。


年会費

初年度無料

2年目からは1,000円(税別)、家族カード300円(税別)


年会費は、TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOの大きな特長のひとつです。


初年度無料、2年目以降も1,000円(税別)とJALカード TOKYU POINT ClubQと比べ金額が小さいですからあまり負担を感じません。


メインカードは別にありますという方であってもJALマイルを貯めることに特化したサブカードという認識で申し込みするのは全然ありですよ!


クレジット利用で貯まるポイント

TOKYU POINTってご存知ですか?


TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOで貯めることのできるポイントの種類です。


主な使い道は、

  1. TOKYUポイント加盟店でのショッピング、ホテルでの食事・宿泊などに利用

  2. PASMOにチャージ

  3. 他社のポイントやマイルに交換


陸マイラーである我々としては3番目の他社のポイントやマイルに交換に注目するわけですが、ここがちょっと難しいので注意が必要です。


何が難しいのかというと、TOKYU POINTは、持っているカードの種類によって交換できるポイント、マイルや積算率が違うのです。


具体的に言うと、JMB機能付きのTOKYU CARDで貯めたTOKYU POINTは、JALマイルに交換することはできますが、ANAマイルに交換することはできません。


TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOは、もちろんJMB機能付きのカードですから、JALマイルに交換はできますが、ANAマイルには交換できません。


TOKYU POINTを理解するためのコツは、TOKYU POINTの交換先を網羅的に覚えるというよりは、自分が保有しているTOKYU CARDではどのポイントに交換できるのかをシンプルに考えることです。


JAL陸マイラーである私たちのTOKYU POINTの使い道としては、

  1. JALマイルへの交換

  2. TOKYUグループでの利用、PASMOへのチャージ


の優先順位で押さえておけばよいでしょう。


まずは、JALマイルへの交換ですが、これは、保有マイル数、狙っている特典航空券の必要マイル数によって決めれば良いと思います。


多くの航空会社のマイレージ制度と同様、JALマイレージもある程度まとまったマイルを貯めないとお得な使い方ができません。


中途半端なポイント数しか貯められなかった場合は、他の使い方で利用した場合がお得になることがあることに留意しましょう。


ポイント積算率

TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOで貯められるTOKYU POINTの積算率ですが、どれくらいなのでしょうか。


基本は0.5%なのですが、Web明細サービス登録によって1%に倍増します。


0.5%と1%で同じだけカードを利用しても貯められるポイントは2倍違います。


TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOを申し込みをするときはWeb明細サービスを利用しましょう。


Web明細では、カード利用の確認をしないから危険だと考え方もいらっしゃるようですが、紙明細とちがい、利用の都度明細を確認することができることはWeb明細の特長です。


月単位で送ってくる紙明細よりも細かくチェックできますからカードの不正利用等のチェックには紙明細以上に安全に利用できると考えるべきです。


しかし、


TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOのWeb明細サービスについては他のカード会社のカードと違い、上記のように「Web明細では、カード利用の確認をしない」という方でも安心して利用ができます。


その理由は、


Web明細サービスに登録しても、毎月利用明細が紙でも送ってくるからです。


これには、カップもびっくりです。もともとWeb明細サービスって、毎月の請求を紙で送らないことで紙のコストや送料を抑えることがカード会社のメリットだと考えていたからです。


どちらにしても請求書や明細を送るのなら、カード会社にとってポイント積算率を倍にしてまでWeb明細サービスの利用を推奨するメリットは少ないのではないかと考えてしまいます。


でも、まあ、このことについては、ユーザーである私たちに不利益があるわけではありませんので、ありがたくWeb明細と紙明細の併用を受けることにします。


Web明細と紙明細、併用でいいじゃないですか。


重要なことはWeb明細サービスに登録すれば、紙明細と併用していてもポイント積算率が通常の倍の1%になるということです。


これは、お得です。


JALマイレージバンク機能

TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOにはJALマイレージバンクの機能もあります。


カードにはJMBの番号も記載されていますし、JALグループおよび提携航空会社に搭乗するときは当然JALマイルを貯めることができます。国内外にある12,000軒以上のJMB提携ホテル、レンタカー等の利用でもマイルを貯めることができます。


空港での手続き不要になるICカードで「JALタッチ&ゴーサービス」ももちろん受けることができます。


当然、貯めたマイルを特典航空券に交換することもできます。JALマイレージバンクは、ANAと違い、カードごとに別のマイレージ番号が付番されるわけでなく共通の番号ですからわかりやすいですね。


そして、TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO保有者の特典でありますが、TOKYU POINTとJALマイルの相互交換も行えます。


  1. TOKYU POINT2,000ポイント ⇒ JAL1,000マイル

  2. JAL10,000マイル ⇒ TOKYU POINT10,000ポイント


もちろん、私たちが目指すべきものは、①のTOKYU POINT2,000ポイント ⇒ JAL1,000マイルだけです。②のJAL10,000マイル ⇒ TOKYU POINT10,000ポイントなんて交換はポイント価値の半減ですからJALマイル失効を防ぐための最終手段としてでしか利用してはいけません。


旅行保険は利用付帯
利用付帯ではありますが、海外旅行保険、国内旅行保険もTOKYU CARD ClubQ JMB PASMOには以下の通り付帯されます。


海外旅行保険
TOKYU CARDで搭乗する公共交通(航空機・列車・バス・タクシー等)の料金を事前にクレジットにてお支払いいただきますと、自動的に海 外旅行保険がセットされます。

出発当日のお申込みもOK!
補償をさらに厚くしたい方・お子様の保険(対象以外のカードを保有の方)

国内旅行保険
TOKYU CARD旅行保険サービスの対象となるTOKYU CARDで旅行代金を事前に全 額お支払いいただきますと、 自動的に国内旅行傷害保険がセットされます。


電子マネー
カップはサブカードとしてTOKYU CARD ClubQ JMB PASMOの利用をお勧めしますが、その理由は電子マネーチャージによるポイント付与です。


TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOでは、現在、下記の電子マネーでのポイント付与が確認できます。


  • PASMO

  • Edy(VISAブランドのみ)

  • モバイルsuica

  • SMARTICOCA

  • nanaco(Masterブランドのみ)



PASMOへのチャージでポイントを貯められることは公式ページにもアピールされていますから問題ありませんが、その他の電子マネーでもポイントを貯めることができるのは大きな魅力です。


特にMasterカードに限られますが、電子マネーnanacoへのチャージでもWwb明細サービス登録でポイント還元率1%というのは嬉しいですね。


先ほど申し上げましたが、TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOで貯められるTOKYU POINTは2,000ポイント⇒JAL1,000マイルに交換できますからnanacoチャージでJALマイル0.5%相当貯められるということになります。


nanacoチャージでJALマイルを貯めるには、リクルートカードも有名です。リクルートカードのポイント還元率1.2%は、JALマイル還元率0.6%と読み替えることもできますが、が、nanacoチャージでポイントを貯められるのは、月3万円利用までという上限があります。


陸マイラーであるnanaco使いにTOKYU CARD ClubQ JMB PASMOはマイルを貯める大きな武器になるでしょう。


東急ホテルズのコンフォートメンバーズ(Masterブランドのみ)


もう一つ、TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOの魅力として東急ホテルズのコンフォートメンバーズになれることがあります。こちらもnanacoチャージによるポイント付与同様、カードブランドがMasterに限定されますからご注意ください。


東急ホテルズのコンフォートメンバーズとは何か?その特典を簡単に紹介します。


宿泊料金の割引

東急ホテル、エクセルホテル東急、東急REIホテルで宿泊料金の割引を10%~50%受けることができます。


ポイントの獲得

宿泊料金や、レストラン・バーの利用で、100円ごとに5ポイント獲得出来ます。
また、1年間(1月~12月)の累計ポイントが5,000ポイントごとに1,000ポイントのボーナスがもらえます。ゴールド会員の場合は、そのボーナスポイントが2,000ポイントに増加します。


ちなみにゴールド会員は、累計ポイントが30,000ポイントになると登録されます。


なお、このポイントは2018年4月から公式サイトからの予約でなく他サイト予約でも加算されるようになりました。


ポイントは1ポイント1円として宿泊料金やレストラン利用料に使用出来、有効期限はポイント獲得年(1月~12月31日)から翌々年の12月31日までになります。


レイトチェックアウト

カップが注目する特典はレイトチェックアウトです。どのホテルでも12時までのレイトチェックアウトのリクエストが可能です。何気に嬉しいレイトチェックアウト機能。これだけでもコンフォートメンバーに登録する意味はありますよ。


ホテルによっては14~15時まで延長可能ということですので利用時には都度確認してください。


朝刊サービス

コンフォートメンバーに登録するだけで無料で朝刊サービスを受けられます。これも何気に嬉しいサービスですよね。


まとめ


いかがでしょうか。


初年度無料、2年目以降も1,000円(税別)でここまで手厚いサービスをしてくるTOKYU CARD ClubQ JMB PASMO


カップのようにnanaco使いのJAL陸マイラーなら持っていて損のないカードであることがわかると思います。


陸マイラーの皆様は、どちらかといえばANA派が多いと思いますし、ソラチカカードがある限り、カップもどちらかといえばANA派です。


でも、個人的好みでは実はANAよりJALが好き。JAL搭乗時の方が素敵な思い出を有しているからです。


メインはANAだけど、JALも貯めてみたいというあなたにもTOKYU CARD ClubQ JMB PASMOはお勧めの一枚ですよ。



【2019年9月15日終了】実は還元率2%!? TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOがメインカードとしてもお勧めな理由


いつでもリボでポイント2倍


で、最後にTOKYU CARDのキャンペーンのお知らせです。


上記バナーを見ればお分かりの通り、TOKYU CARDでは、2019年9月15日(カード利用日)までの期間限定で、いつでもリボ登録でポイントが最大1%分プラスになるキャンペーンを開催してます。


TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOも、同様に1%分ポイントが上積みされます。


もちろんリボ払いなので通常リボ手数料がかかるのですが、「いつでもリボ」は、MUFGカードの楽Payや三井住友カードのマイペイすリボのように、初回の支払い時までは、リボ手数料が算定されません。また、ポイントプラスのキャンペーン自体がリボ手数料の徴収を条件としていません。


ということは、いつでもリボに登録さえしておけば、2019年9月15日までのカード利用なら、いつでもポイント還元率2%になるのでしょうか。


実は、単純にそうとは言い切れません。というのも、ポイントプラスのキャンペーン条件に「請求金額が設定の毎月返済元金以下の場合、対象外となります。」という記載があるからです。


ということは、リボ払いの毎月返済額を例えば5万円としていて、ひと月の利用額が3万円だったならば、そもそもポイントプラスの対象にはならないことになります。10万円だったらポイントプラスの対象となり、ひと月で2,000ポイント(JAL1,000マイル相当)になりますが、5万円のリボ手数料が必要になります。


リボ手数料、なにげに痛いですよね・・・


でも、安心くださいね。マイルdeチケットの読者様には特別にリボ手数料なしでポイント還元率2%になる裏ワザをお教えしますから。


その裏技とは繰り上げ返済。


カード支払い額が決定した後、毎月のリボ返済指定額を上回る金額を繰り上げ返済してしまえば、結果的にリボ手数料なしでポイントプラスのサービスを受けることができます。


(実践例)
カード利用期間;2019年6月16日~2019年7月15日

請求日:2019年7月26日

振替日:2019年8月13日



上の例だと、請求日と振替日の間に利用額と毎月のリボ返済額の差額を繰り上げ返済すれば、ポイント2倍のサービスを受けられます。繰り上げ返済はATM返済では手数料が必要ですが、銀行振り込みなら振込手数料無料の銀行でしたら無料で行うことができます。


手数料実質無料でポイント還元率2%のTOKYU CARD ClubQ JMB PASMO。


今なら、メインカードとしても大活躍できますね。


TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO入会でお小遣い稼ぎ


クレジットカードを申し込むなら忘れてはいけないのはポイントサイト。TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO入会でも忘れてはいけません。今回マイルdeチケットからお勧めするポイントサイトはGetMoney!(げっとま)です。


GetMoney!経由でTOKYU CARD ClubQ JMB PASMO入会
GetMoney!経由でTOKYU CARD ClubQ JMB PASMO入会


GetMoney!経由で入会するとそれだけで2,800円分のお小遣い稼ぎができます。


それだけでなく、カードの入会キャンペーンも期間限定で最大9000円分+1000円分のポイントを獲得するチャンスもあります。


2019年暑い夏!、イオンカードだけではありませんよ(*^▽^*)


東南アジアビジネスクラスが5万円!?イオンカード、最大10万円のキャッシュバックを活かす裏技

イオンカードが前代未聞の入会キャンペーンを開催しました。その内容は、最大20%キャッシュバックというものです。うん?PayPayやd払いでも同じようなことやってない?と思う事情通の方にも見逃せません。なぜならイオンカード入会キャンペーンのキャッシュバックは最大10万円(つまり利用額としては50万円)の大型キャンペーンだからです。イオンカード最大20%キャッシュバック、上限額10万円のキャンペーン内容の確...


スポンサーリンク



飛行機旅行格安・身近に|ハピタスからのソラチカルートでライフチェンジング

4月は札幌に遊びに行きました。学生時代の友人に会って、飲むだけのために・・・。そして5月は沖縄に遊びに行きます。主たる目的は日頃の仕事のストレスから解放されて、リゾート気分を味わうこと。友人と二人で行きますのでいつもの節約旅行ではありません。マリオットオキナワリゾート&スパとダブルツリーヒルトンに宿泊して全力でリラックスすることを目的としています。一介のサラリーマンが毎月のように旅行しているのって...

初心者だからできるANAマイル錬金術で国際線ビジネスクラスに乗る方法

ANAマイレージクラブで国際線ビジネスクラスに搭乗するには何マイル必要でしょうか。 直行便で考えると、 東南アジアなら55,000マイル~63,000マイル 北米なら75,000マイル~90,000マイル 欧州なら80,000マイル~95,000マイル シーズンによって必要マイル数が異なります。 でも、とりあえず10万マイルあれば、好きなところに行けると思いませんか? 本日は、初心に...

 カテゴリ
 タグ
JAL