スポンサーリンク

人生は至福への旅。ダイナースクラブ

日本で最初のクレジットカードと言われる「ダイナースクラブカード」は言わずと知れたアメックスゴールドと並ぶステータスカードです。

金ピカなアメックスゴールドに比べカードフェイスがカッコイイダイナース。実は、年会費もアメックスよりもお手頃です。(とはいっても、22,000円(税抜)とお高いです。)

そんなダイナースクラブカードですが、実は、カップも持っています。例え年会費を支払っても、海外旅行を始めとした趣味を持ち、ちょっと背伸びして人生を楽しみたいという方には、お得なカードのひとつと言えるからです。

本日は、そんなステータスカードのひとつであるダイナースクラブカードの魅力と初年度年会費を実質無料にする方法をお知らせします。

実体験に基づく裏技的な情報もありますので最後までお読みくださいね。

スポンサーリンク

あなたのライフスタイルを1UPするダイナースクラブカード


ダイナースと言えば食す!エグゼグティブダイニング


年会費22,000円(税別)のダイナースクラブカードは、クレジットカードにポイント還元率だけを求める人には使いこなせません。しかし、ポイントを貯めることだけがクレジットカードの魅力ではありません。


カードに付帯するサービスを使いこなすことによって22,000円(税別)の年会費なんて軽くペイできます。そのサービスのひとつがエグゼグティブダイニングです。


ダイナースといえば、その名前の由来は、「食事をする人」という意味です。ブランド名のルーツでもあるダイニングのサービスは定評があり、他のステータスカードをしのぐ実力を有します。


レストランおすすめのコースを1名様無料で利用できるエグゼグティブダイニング。アメックスゴールドのゴールド・ダイニングby招待日和、JCBのグルメ・ベネフィットなど、他のカードでも同様のサービスを行っていますが、ダイナースのエグゼグティブダイニングは、

  • カジュアルからラグジュアリーまで、和洋中様ざまなお店が全国300店舗以上

  • 「ビストロ ブノワ」など、ほかにはないダイナースクラブならではの参加店舗


の2点で優れています。


いずれも1人1万円程度のコースです。年に2~3回利用すれば、それだけで年会費の元は取れてしまいます。利用可能な店舗が多いというのは、実際使う上で便利です。登録されている店舗は1人1万円程度のコースということで、カップが普段いかないような店ばかりですが、2人で行って1人分無料になるのなら実質半額で利用できます。


夫婦で出かけるときも、「どうせ、一人分無料だから・・・」と誘いやすいですし、妻と料理を楽しむ以外にも、「ダイナースを使いこなす俺って・・・」と別の意味でも自己満足でき楽しみも2倍です。


ちなみに、利用可能な店舗は、まだ、カードを保有していない方でも、エグゼグティブダイニングでも検索できますし、エグゼクティブ ダイニング店舗一覧 - ダイナースクラブ(PDF) でも確認できます。


毎月とは言いませんが、2~3カ月に一度の割合でも奥様をもてなす機会にすれば、夫婦円満はもちろん、あなたの陸マイラー活動にも理解を示してくれるかもしれませんよ♪


国内だけじゃない!海外空港ラウンジも無料で利用できます


海外旅行好きにとってダイナースの魅力は空港ラウンジに尽きるのではないでしょうか。他社のいわゆるゴールドカードでは、国内空港ラウンジしか利用できませんが、ダイナースクラブカードでは、600を超える海外空港ラウンジも利用できます。それも、利用回数の制限がありません。


カップなどは、むかし、1回の旅行で複数のラウンジ巡りを楽しむ遊びもしていました。他社のカードでも、例えアメックスでは、同様のサービスはプライオリティパスを無料発行して行っています。しかし、ダイナースと違い、例えばアメックスゴールドなどは年2回でと制限がありますから、必然、ラウンジ利用にも計画性が必要になります。


カップは2018年8月にタイのバンコクに遊びに行ってきましたが、帰国便はJALビジネスクラスでワンワールド系のラウンジ利用は無料でしたが、搭乗口に一番近いラウンジがスカイチーム系のラウンジでしたので、ダイナースクラブカードでラウンジ利用しました。


回数制限なしで使えるダイナースの海外空港ラウンジは使えますよ。


もちろん、LCCでの利用であっても、航空券とダイナースクラブカードがあればラウンジの利用は可能です。マレーシアのクアラルンプールのようにLCC専用ターミナルであるKLIA2でも、ダイナースクラブカードで入れるラウンジ(Plaza Premium Lounge )がありますから上手に利用できるといいですね。


ちなみに利用可能な空港ラウンジは、こちらもダイナースクラブカードをまだ持っていなくても、ダイナースクラブカード国内/海外空港ラウンジ から検索することができます。


気になるラウンジがある方は、入会前にあらかじめ調べておいてくださいね。


ダイナースクラブカード初年度年会費22,000円のキャッシュバックを受ける方法


ダイナースクラブカードは、持っているとステータスを感じられるだけでなく、使いこなせば、年会費など気にならないくらいあなたのライフスタイルを向上させてくれるカードです。


しかし、カードの特長を理解せず、ただ、決済手段として使うだけならば、ポイント還元率の高いカードの方が魅力的だと思います。


グルメや旅行に興味がある方なら、誰でも使いこなせるカードだとカップは感じていますが、やはり人それぞれですので、まずは年会費の負担を考えずお試しで利用してみたいと思いませんか?


ちょうど初年度年会費無料のキャンペーンを実施していれば良いのですが、現在、そのキャンペーンは見当たりません。


しかし、モッピーというサイトを通してダイナースクラブカードを申し込むと、22,000円相当のポイントを獲得することができます。

モッピー経由ダイナースクラブカード


そして、そのポイントは、手数料なしにあなたの銀行口座に振り込むことができますから、初年度年会費相当額がそのまま戻ってくると考えることができます。


ちなみに22,000円分のポイントを獲得できるキャンペーンは例によって期間限定ですので、終了していても悪しからずご了解ください。


チャンスを逃さない賢いあなたは、今すぐ、モッピーに登録をして申し込んでくださいね。


今なら、ダイナースクラブカードの入会キャンペーンで最大50,000ポイント獲得のキャンペーンも開催中。裏技的思考でキャンペーン攻略すると、恐ろしいほどのコスパでUAマイレージプラスを貯めることもできます。興味のある方は、以下の記事も参考にしてください。

UAマイレージプラス47,500マイルを約27,000円で手に入れる方法|ダイナースクラブカード、改悪の先にあった改善

ダイナースクラブカードはシティグループから三井住友信託銀行グループに身売りして以来改悪の一途を歩んできた気がします。陸マイラーのカップがダイナースクラブカードに入会した理由の一つは、当然マイルを貯めやすいということでした。過去、ポイント獲得が1万円単位だった時代から100円1ポイントになったときなどは祝杯をあげたものです。その後もポイントモールはエクスペディア利用でポイント10倍、DELLでショッピン...




ダイナースクラブカードは、一年間、お試し利用して、あなたのライフスタイルに合うカードとあなた自身が合格を出せれば使い続けるという選択ができますね。当ブログに訪れたあなたなら、きっと旅好き、グルメ好きでしょうから、ダイナースを使いこなすことができると思います。


ちなみにカップの使っているダイナースは、かつてのCITIBANKダイナースクラブカードから改定されたもので、通常のダイナースのサービスに加え、年間60万円以上の決済で翌年度年会費が無料になるカードではありますが、仮に、年会費22,000円(税別)の負担があったとしても、利用し続けていると考えます。現在は当該カードは廃止されていますので残念ながら永続的に実質無料で利用し続けることはできませんが、モッピーからの報酬があれば少なくとも一年間はカード年会費の消費税分のみの負担しかかからず、実質無料で利用可能ですね。


ダイナースクラブカードを皆様にお勧め理由のひとつに、ダイナースクラブカードには、オフィシャルで広報されている以上の魅力があると個人的に感じているからです。


以下の裏情報は、あくまでカップの主観ですが、参考までにお読みください。


ダイナースクラブカードとエクスペディアの密月な関係


カップの主観であるダイナースクラブカードの裏情報とは、旅行予約サイトエクスペディアでの利用です。


過去の記事でお伝えしたことがありますが、カップは、エクスぺディアを通して予約して、予約の部屋よりもグレードの高い部屋に案内されたことが何度もあります。


同じグレードの部屋であっても、高層階への案内ということも多かったです。なんの理由もなしに、その都度、ホテルが無料でサービスしてくれたとは、ちょっと考えにくい頻度です。


ひょっとしたら、それは、エクスペディアの存在感で、利用したホテルが、カップが後日、エクスペディアに良い評価を投稿すると考えてサービスしてくれているだけかもしれません。


でも、現在エクスペディアでは、会員ランク制度を展開していますが、カップは、最下層のブルー会員です。上級会員にはエクスペディア側の配慮で部屋がアップグレードすることもあるようですが、平会員のカップにはその可能性はありません。


にもかっかわらず、先日、バンコクに2泊した時、スタンダードルームの予約に対して、スーペリアルームの提供がありました。これってひょっとしてダイナースクラブカードの力?とカップが思ってしまうのは、エクスペディアに登録していつも利用しているカードがダイナースクラブカードだからです。


平会員であっても、ダイナース利用だからエクスペディアが何らかの配慮をしてくれているのかどうかはわかりません。ホテル側がカップのダイナース使用を把握しているかどうかもわかりません。


でも、エクスペディアでの予約でをダイナースで決済していると、何度もアップグレードの恩恵を受けているのは事実です。


ちなみにその他の予約サイトでは、あまりそういうことはありませんので、ダイナースが万能という誤解を受けないでください。


単なる偶然?、相性の問題化もしれませんが、カップがダイナースを手放せない理由の一つになっています。


同じような経験をされている読者様がいらっしゃったら情報を提供いただければ幸いです。


モッピー登録するなら下記バナーから
モッピー


【ダイナースクラブカード】年間60万円のカード決済で年会費無料は本当にお得な特典か

カードをつくっては解約・・・を繰り返すことが習慣になってしまっているカップにも5年間以上継続しているカードがあります。それは、ダイナースクラブカードです。もちろんタダのダイナースではなく、年間30万円以上のカード決済で年会費が無料になるCITIBANKダイナースクラブカードが前身であるSMBC信託銀行 ダイナースクラブカードでした。でしたというのは、2016年8月以降、株式会社SMBC信託銀行と三井住友トラス...

スポンサーリンク



飛行機旅行格安・身近に|ハピタスからのソラチカルートでライフチェンジング

4月は札幌に遊びに行きました。学生時代の友人に会って、飲むだけのために・・・。そして5月は沖縄に遊びに行きます。主たる目的は日頃の仕事のストレスから解放されて、リゾート気分を味わうこと。友人と二人で行きますのでいつもの節約旅行ではありません。マリオットオキナワリゾート&スパとダブルツリーヒルトンに宿泊して全力でリラックスすることを目的としています。一介のサラリーマンが毎月のように旅行しているのって...

初心者だからできるANAマイル錬金術で国際線ビジネスクラスに乗る方法

ANAマイレージクラブで国際線ビジネスクラスに搭乗するには何マイル必要でしょうか。 直行便で考えると、 東南アジアなら55,000マイル~63,000マイル 北米なら75,000マイル~90,000マイル 欧州なら80,000マイル~95,000マイル シーズンによって必要マイル数が異なります。 でも、とりあえず10万マイルあれば、好きなところに行けると思いませんか? 本日は、初心に...