スポンサーリンク

ユナイテッド航空マイレージプラス

外資系航空会社のマイレージプログラムは癖がありますが、うまく使うとJAL、ANAよりもお得に使えます。

カップはブログを開設した当初から割とユナイテッド航空マイレージプラス贔屓で、現在も愛用しています。

確かにかつては、オセアニア周遊のビジネスクラスを4万マイルで発券できたり、今からでは考えられないくらいお得なプログラムでしたが度重なる改悪があり、現在ではマイレージプラス贔屓のマイラーたちも退散しているようです。

現在では、片道5000マイルで発券できる日本国内線(片道)くらいしか使い道がないよとおっしゃる方もいます。でも、貯めやすく使いやすいUAマイレージプラス。カップはまだまだ使えるマイレージプログラムだと考えます。

本日は、マイレージプラスを貯め方、使い方についての情報を提供します。

スポンサーリンク

マイレージプラスの貯め方


マイレージプラスの有効期限は実質無期限


マイレージプラスの特長のひとつに実質無期限といえる有効期限があります。


JALやANAのマイレージは、貯めたときから3年を経過すると、順次マイルは失効します。確かにしっかり貯め続けているときは、失効する前にマイルを使えばいいだけだから、JALやANAのマイルは有効期間が3年間だけだから貯めにくいとは思いません。


特に日本在住の方にとっては、JALやANAは他のポイントからの交換率が高いこともあって、1年間もしっかり貯めれば誰でも国際線ビジネスクラスに搭乗できるくらいのマイルは貯められます。


年に1回でも海外旅行をする人にとって、3年間の有効期間はデメリットといえないかもしれません。


しかし、それは、マイルを精力的に貯めて使える環境にあるときだけです。


人によっては、かつて熱狂的にマイルを貯めて使っていた時期があっても、一時的にマイル活動を休止することもあるでしょう。


数万マイル貯まっているはいいけど、気づけば失効という憂き目にあうことはさすがになくても、中途半端に貯まっていて失効の期日が気になるということもあるかもしれません。


UAマイレージプラスだと、原則マイルの有効期限は18か月間ではありますが、その間に1回でも増減があれば、増減があったときから18か月後が新たな期限になりますから失効のリスクはちいさいです。


要は1マイルでも貯めるか、使えば、マイルの有効期限は延長されますので、実質無期限と言えるのです。


マイレージプラスは購入可能


マイルの有効期限が実質無期限になるのなら、時間をかけてガッツリ貯めることもできますね。でも、マイレージプラスは、他のポイントからの交換だとレートが悪いので、JALやANAのように他社のポイントを貯めて交換して貯めるという選択肢を選ぶことは賢くありません。


では、どのように貯めるのが賢いのでしょうか。


一般的なマイルの貯め方には、航空券を購入して飛んで貯める方法や提携クレジットカードの利用で貯める方法などが考えられます。


しかし、UAマイレージプラスはJALやANAにはない方法でマイルを貯めることもできます。


それは、直接マイルを購入するという方法です。


一般的にマイルは、必要なマイルを貯めてから、発券可能な特典航空券を探すという方法で利用されます。


しかし、マイレージプラスは、発想を逆転して、発券したい航空券を見つけたら、足りないマイルを購入するという方法で利用することもできます。


これなら、マイルを効率的に貯めて使うことができますね。もちろん、マイルを購入する資金は必要になるのですが・・・


マイレージプラス購入の裏技


アワードアクセラレーター


ユナイテッド航空マイレージプラスは、パーソナルマイルというマイル購入制度があります。


1マイル4円程度と高いのですが、随時、100%増量や50%割引などのキャンペーンを実施しており、上手に利用すれば、1マイル2円程度で購入することができます。


キャンペーンによっては、30%OFFや40%OFFのものも多々あり、1マイル2円て購入できる機会は決して多くはありません。キャンペーンによる割引率は対象者によっても内容は変わるので、いつまで待っても半額で購入できないという事態も起こり得ります。


1マイル2円程度で購入できる機会が限られているのなら、先ほどカップが提案した、必要な特典航空券を見つけてからマイルを購入するという方法は使えないようにも思えます。


しかし、マイレージプラスは一般的なバイマイルであるパーソナルマイル以外にも購入する機会があります。


それがアワードアクセラレーターです。


この制度は、ひとたびあなたがマイレージプラスで特典航空券を発券しようとすると、ユナイテッドのトラベルオプションとしてマイルの購入の意志を聞いてきて格安にマイルを購入する機会を与えてくれるのです。


具体的には、特典航空券のルートを確定すると下記のような画面が提示されます。


マイレージプラスアワードアクセラレーター


10,000マイルが200ドル。現在のレートですと22,105円です。


発券する特典航空券の内容によっては、それほど高いとは言えないかもしれません。


例えば、マイレージプラスで欧州往復のビジネスクラス特典航空券を発券するには15万マイル必要ですが、一般にヨーロッパにビジネスクラスで行こうとすると50万円以上かかります。


それが、15万マイルに足りないマイルを1マイル2ドルで購入できるなら、むしろ安いと言えるのではないでしょうか。


マイレージプラスのBuyMileはプロモーションよりもアワードアクセラレーター狙い( ̄ー ̄)ニヤリ


アワードアクセラレーターは特典航空券確定前に購入可能


ところで、以前は、特典航空券を購入した後に利用できたアワードアクセラレーターですが、現在は、特典航空券のルートを選び、支払いの画面に移行する前に、上記ユナイテッド・トラベルオプションが提示されます。


特典航空券を確定する前でも購入可能だとすると、


  1. 特典航空券のルート選定

  2. ユナイテッド・トラベルオプション(アワードアクセラレーター)でマイル購入

  3. 特典航空券支払い前にログオフ

を繰り返すことによって、実質上限なしにアワードアクセラレーターで割安にマイルを購入できるかもしれません。(何回も繰り返すとユナイテッド・トラベルオプションが提示されなくなるかもしれませんけど。すみません。試していません。)


マイレージプラスの裏技|特典航空券発券後24時間以内なら手数料無料でキャンセル可


特典航空券発券後にキャンセルが無料でできるメリット


マイレージプラスは、特典航空券の変更やキャンセルをすると各種手数料が徴収されますが、特典航空券発券後24時間以内のキャンセルは手数料無料で行うことができます。


これは、結構大きなメリットで、悪用活用すると以下のような裏技を使うことができます。


マイル有効期限の延長


ひとつは、先に説明したマイレージプラスの有効期限は、マイルの増減をすることで延長されます。仮に日本国内線片道の特典航空券を5,000マイルで発券して24時間以内にキャンセルすると、5,000マイルが即時でアカウントに戻るだけでなく、期限も1年6か月後に延長されます。


先週カップは、とある旅程で特典航空券を発券しましたが、ルートづくりに失敗したことに気づいてキャンセルしました。


すると、カップの現在のマイレージプラスの有効期限は、2020年2月29日に延長されました。決して悪用するつもりはなかったのですが、特典航空券キャンセルの結果、マイルの有効期限が延長されたのは事実です。


特典航空券をキャンセルすると・・・
特典航空券キャンセル

マイルの有効期限が2020年2月29日まで延長された・・・
マイルの有効期限


アワードアクセラレーターの繰り返し


先に述べました通り、現在は、アワードアクセラレーターは特典航空券を発券しなくても、その過程において利用できるのかもしれませんが、仮に、発券しなくては利用できない条件であっても、24時間以内のキャンセルをすることによって繰り返し利用が可能であるかもしれません。


重ねて言いますが、実践していません。興味がある方は、何らかのペナルティがあるリスクがあると認識したうえで実践するかどうかを検討してみてください。



マイレージプラスは貯めやすく使いやすい


マイレージプラスは海外航空券であってもサーチャージ無料で発券できますから、改悪を重ねた現在でも、まだまだ使いようがある良いマイレージプログラムであるとカップは考えます。


マイルを購入するという方法で貯めることを考えれば、まだまだ貯めやすく、使いやすいお勧めのマイレージプログラムの一つであると考えます。

スポンサーリンク



飛行機旅行格安・身近に|ハピタスからのソラチカルートでライフチェンジング

4月は札幌に遊びに行きました。学生時代の友人に会って、飲むだけのために・・・。そして5月は沖縄に遊びに行きます。主たる目的は日頃の仕事のストレスから解放されて、リゾート気分を味わうこと。友人と二人で行きますのでいつもの節約旅行ではありません。マリオットオキナワリゾート&スパとダブルツリーヒルトンに宿泊して全力でリラックスすることを目的としています。一介のサラリーマンが毎月のように旅行しているのって...

初心者だからできるANAマイル錬金術で国際線ビジネスクラスに乗る方法

ANAマイレージクラブで国際線ビジネスクラスに搭乗するには何マイル必要でしょうか。 直行便で考えると、 東南アジアなら55,000マイル~63,000マイル 北米なら75,000マイル~90,000マイル 欧州なら80,000マイル~95,000マイル シーズンによって必要マイル数が異なります。 でも、とりあえず10万マイルあれば、好きなところに行けると思いませんか? 本日は、初心に...

 カテゴリ
 タグ
UA