スポンサーリンク

こんばんは。
マイレージ情報を収集していると決まって欲しくなる新しいクレジットカード。
新規加入時のキャンペーンなど読んでると気持ちが盛り上がります。
でも、今夜は気持ちを落ち着かせて年会費実質無料のカードのスペックを再点検してみます。
そのカードとは、マイレージランキングをチェック

スポンサーリンク

CITIBANKダイナースクラブカードです。

CITIBANKに口座を持っている人専用のクレジットカードです。

ダイナースクラブカードと同様の特典を有するうえに更に銀行取引でポイントを稼ぐことができます。

といっても銀行取引でのポイントはカップには縁遠い話です。

特筆なのは
入会から3ヵ月以内のカードご利用金額合計が10万円以上で初年度年会費無料。
また年間のご利用金額が30万円以上で2年目の年会費無料。以降同様の条件(前年度の年間ご利用金額が30万円以上で年会費無料となることです。

つまり、年会費実質無料でダイナースクラブカードを持つことができるのです。
これってすごいことだと思いますよ。

陸マイラーにとってダイナースクラブカードにはとても有利にマイルを貯める特典があります。
それは、マイルdeチケットでもたびたび紹介させていただいているダイナースクラブオンラインショッピングモールです。

他のクレジットカードにもポイントが数倍になるサービスはありますが、大抵1000円で10マイル貯まるカードでもボーナスポイント分は10マイルにならずに3マイル程度なんですよね。

つまり、ポイント10倍で1万円の買い物をしても、100×10=1,000マイル分のポイントが貯まるのではなく、100+30×10=400マイル分のポイントしか貯まりません。

なんだか詐欺みたいな話ですよね。

しかし、ダイナースクラブモールを利用すれば、ボーナスポイントも通常通り1P=1マイルに交換できるのです。(マイレージ交換には所定の手数料が必要です。)

ということでダイナースクラブオンラインショッピングモールがある限り、陸マイラーにとってダイナースクラブカードはとても重宝するカードなのです。

次に利用価値の高いダイナースクラブカードの特典といえば、やはりダイナースグローバルマイレージです。
というかこれがなければ陸マイラーにとって何の価値もないカードになってしまいますよね。

一つのマイレージプログラムにつき年会費6,300円必要ですが、7つのマイレージと提携しています。

もちろん、年会費6,300円が必要なのはマイレージに交換する年だけですので、数年間貯めてからの交換ならば数年間で一回だけ支払えば良い金額です。

この7つのプログラムの中にJALマイレージバンクがないのは大変痛いのですが、UAマイレージプラス、デルタスカイマイルやANAマイレージクラブがあるのは嬉しいですね。

複数のマイレージプログラムを使い分けるかたにはとても役に立ちます。

更に海外旅行好きのあなたに役立つサービスが海外空港ラウンジの利用です。
プライオリティパスには負けますが、多くの海外空港でラウンジ利用ができます。
嬉しいのは、家族カードでもOKというもの。
プラチナカードと呼ばれるクレジットカードでも家族カードではプライオリティパスを持てないカードが多いですよね。それがCITIBANKダイナースクラブカードなら年会費実質無料で本人だけでなく家族まで海外空港ラウンジが利用できてしまうのです。

実際、ダイナースクラブカードを利用してカップもソウル、バンコク等の空港ラウンジを利用したことがあります。
オセアニア方面の空港では対象となる空港は少ないですが、近距離であるアジア方面に強いのは嬉しいですね。

近距離だとエコノミークラス利用が多いカップにはとても便利なサービスです。

カップはダイナースクラブカードのサービスを以上の3つくらいしか利用していませんが、年会費無料でここまで手厚いサービスを提供してくれるCITIBANKダイナースクラブカードは皆さまにも超おススメのカードです。

オンラインでの入会手続きはココと案内したいところですが、現在、入会受付を停止しているようです。

現在、諸般の事情によりシティバンクのクレジットカードのお申込受付を見合わせております。お客様にはご不便をおかけしますが、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問合せは、下記までご連絡ください。

・口座をお持ちのお客様
0120-573-505(24時間365日受付)

・口座をお持ちでないお客様
0120-50-4189(24時間365日受付)


とアナウンスされています。
諸般の事情とは何ぞや?と思いますが、早く再開されると良いですね。