スポンサーリンク

25%増量キャンペーンに喜ぶ女の子

マイルを貯める理由のひとつに、普通の生活では到底乗れない国際線ファーストクラス搭乗が現実のものになるということがあります。

国際線ファーストクラスなんて日本発の便だとそれこそ100万円以上するものがあります。(キャセイパシフィック航空の香港往復など50万円程度で購入できるものもありますけど、8時間以上のフライトだとやっぱり高いです。)

でも、陸マイラーがマイルを使えば、普通のサラリーマンでも、夢ではなく国際線ファーストクラスに乗ることが現実的なプランになりますよね。庶民が高嶺の花と思っているファーストクラスでの海外旅行を現実のものにするツールがマイレージなのです。

で、マイルの面白いところが、使い方によって1マイルあたりの価値が変わるところ。エコノミークラスでの航空券なら1マイル2円程度の価値なのでしょうが、ファーストクラスやビジネスクラスだと1マイルあたり5円以上の価値になるという話はざらにあります。

それは、マイルの原資になるポイントでも同様で、例えば25万円分のポイントをマイルに交換して100万円近いチケットを購入できると言うことならば、それは、25万円分のポイントを100万円の価値で利用できたという話になります。

そんな現代の錬金術ともいえる使い方がマイルを貯める魅力のひとつになっているのではないかとカップは考えます。

でも、陸マイラーの世界に足を踏み入れた方なら、特典航空券以外にもポイントをお得に利用する方法に興味を持つのではないでしょうか。そんな錬金術のようなキャンペーンが、ポイント業界では度々レートアップキャンペーンやボーナスポイントという形で行われているってこと、ご存知ですか?

本日、カップが実践したキャンペーンを報告します。

スポンサーリンク

ドコモ口座25%増量キャンペーン


今年のドコモはdポイントではなくドコモ口座


ここ数年、毎年夏にはdポイントのレートアップキャンペーンが開催されていました。


今年も同様のキャンペーンが始まるかな?と期待していましたが、どうも、例年とは違う形のキャンペーンが提供されたようです。


例年
dポイントへの交換で25%分ボーナス


2018年・夏
ドコモ口座25%増量キャンペーン


昨年、一昨年は、dポイントへの交換によりボーナスポイントがもらえるというのがキャンペーンの内容でした。


【2016年・夏】

【dポイント】25%レートアップキャンペーン

昨年生まれたドコモのポイント、dポイント。 ドコモポイントのときに定期的に行っていた夏のレートアップキャンペーンですが、本年も8月1日から10月19日まで実施されることが発表されています。 陸マイラー2016年の戦略で柱の一つとしたレートアップキャンペーン。 わずかなポイントですが、カップも忘れずに参戦します。...


【2017年・夏】

dポイント交換25%増量キャンペーン2017開催

毎年のようにあったdポイントの25%増量のレートアップキャンペーン。今年はないのかな・・・と心配していましたが、とうとう開催しました。マイルに交換しないポイントをここぞとばかりdポイントに交換してdトラベルでホテル予約すれば、かなりお得に旅程を組むことができます。クレジットカードによる節約・旅行術では欠かせないキャンペーンではないでしょうか。あれっ、でもちょっと待って。カップが例年交換しているあのポ...



2016年は25%増量、2017年は最大50%増量という1万円分のポイントを25%増し、50%増しで交換できるという大盤振る舞いであったと思います。


特に、2016年は、Docomoユーザーでなくても、dポイントへの交換元のポイントによっては、キャンペーン参加できたものですから、当時Docomoを使っていなかったカップも積極的に参加した記憶があります。

docomoの回線契約なくても増量キャンペーン

貯めたポイントを上手に使う方法として、ポイント交換のレートアップキャンペーンは有用です。現在ですと、ネットマイルからメトロポイントへの20%レートアップキャンペーンや各種ポイントからdポイントへの25%アップキャンペーンは一押しです。ただし、メトロポイントからANAマイルへの交換にはソラチカカードがないと90%の割合でANAマイルには交換できませんし、dポイントからJALマイルには本人名義のdocomo...


この辺は、当初から予定通りだったのか、あるいはキャンペーンの条件付けの甘さは分かりませんが、実際にdocomo回線を使用していなかったカップでも、問題なく25%増量分のdポイントをもらえたのはラッキーでした。


また、2017年の25%~50%増量分は限定ポイントでしたが、2016年の25%増量分は通常ポイントという扱いでしたから、その後、JALマイルへの交換20%レートアップキャンペーンを利用したとするならば、通常10,000ポイントがJAL5,000マイルに交換されるところ、10,000ポイント⇒dポイント12,500ポイント⇒JAL7,500マイルへの交換ということになりますからJAL陸マイラーにとっては貴重なキャンペーンになったのではないでしょうか。

(参考)

JALマイラーが75%の交換レートを実現する方法

陸でマイルを貯めるなANA!ソラチカカードの高レート(90%)なポイント交換が続く間は、迷う必要はありません。でもね、ANAマイルじゃJALにもキャセイにも乗れない!JALマイレージを貯めてJAL国際線ファーストクラス・ビジネスクラスに乗りたい!という陸マイラーもいらっしゃると思います。ソラチカルートの交換率90%には及びませんが、本日は、陸でJALマイルを交換率75%で貯める方法についての情報で...


PontaポイントからJALマイル交換レート20%アップキャンペーンはPeXで更にお得

PontaポイントからJALマイルへの交換レート20%アップキャンペーンが始まっています。過去毎年のように実施されていたキャンペーンですが、2017年はちょっと抜けてませんでした?リクルートポイントとPontaポイントの相互交換が始まって以来、Ponta⇒JMBのレートアップキャンペーンはなくなってしまうのかと心配していましたが・・・...


ポイントへの交換だとこのように二重にレートアップキャンペーンを利用できるからか、昨年のキャンペーンはボーナスポイントが他のポイントやマイルに交換できない限定ポイントになってしまったのは残念でした。


今年は更に、交換先をdポイントではなく、ドコモ口座への交換と条件を変更してきました。

ドコモ口座交換25%増量キャンペーン

キャンペーン期間
2018年8月6日 (月) ~ 2018年9月6日 (木)
注意事項
上記の期間は予告なく変更となる場合があります。変更の際は、本ページにてご案内させていただきます。
ドットマネー by Amebaをご利用の方かつ、ドコモ口座をお持ちのお客様が対象です。
ドコモ口座について
期間中、提携サービスからの交換の有無に関わらず、ドコモ口座へ交換された方が対象となります。
増量分のポイントは、3営業日以内(土日・祝日を除く)に通常交換分と共にお受け取り頂けます。
キャンペーン対象外となる場合
対象期間外に条件をクリアした場合。
同一ユーザでのドットマネー複数アカウントでの交換を行った場合。
不正なアクセスでの交換行為を行った場合。
上記以外での本キャンペーンにおける不正とみなされる行為が発覚した場合。
上記の場合、キャンペーン対象外となりますのでご了承下さい。
キャンペーン運営に関して
本キャンペーンの運営は、株式会社ドットマネーが行います。


昨年のキャンペーンも増量分は限定ポイントという扱いでしたが、基本となる交換分は通常のdポイントでした。


通常ポイントは、他のポイントへの交換も可能ですから先の例のように、JALマイルへの交換で二重にレートアップキャンペーンを活用することも可能になります。


10,000ポイント⇒dポイント10,000ポイント(通常ポイント) + dポイント2,500ポイント(限定ポイント)


この場合、通常ポイントの10,000ポイントについては更にJALマイルへの交換をレートアップキャンペーン時に行うことによって、二重にボーナスポイントをもらうこともできて、ポイント遊びとしては面白いですね。


でも、2018年のレートアップは、交換先がdポイントでなく、ドコモ口座が対象になりますので、それ以降のポイント遊びができなくなります。


そういう意味では、昨年よりも更に残念なキャンペーンというのがカップの正直な気持ちです。


ドコモ口座25%増量キャンペーンの残念なところ


以下の4つの点でカップはdポイントへの交換よりもドコモ口座への交換による25%増量を残念に思いました。


  1. 対象者がdocomoユーザーに限られる

  2. 交換元になるポイントは、ドットマネーのみ

  3. 増量キャンペーン期間中の交換申請上限は80,000マネーとなる

  4. 交換後のドコモ口座の残高の使い道にうまみがない


1番目のdocomoユーザーに限られるというのは、以前のキャンペーンでも、もともとdocomoの意志としては、docomoユーザーに限られるということだったのかもしれませんので、仕方ないでしょう。


2番目の交換元のポイントをドットマネーに限定したのも、思惑があるのかもしれません。(今思えば、2016年の一部のポイントからdポイントに、ドコモ回線を有していなくても交換できたのは、制度設計上のミスだったのかもしれません。今回はルートを単純化したので、そういうミスは起こりにくいですね。)


3番目の上限の設定については、最近のレートアップキャンペーンの流行りみたいですね。きっと常識では考えられない大量のポイントを保有している人が増えてきたことにより、対策が必要になったからでしょう。残念に思う方もいらっしゃるとは思いますが、慈善事業ではありませんので受け入れざるを得ないでしょう。


4番目の25%増量されたドコモ口座の残高ですが、うまい使い道を知らないだけかもしれません。ドコモ口座Visaプリペイドを使っている方なら、ドコモ口座Visaプリペイド 10%還元キャンペーンなどを狙ってみてもいいかもしれませんが、先月同様のキャンペーンが開催されていましたが、7%還元と目減りしていましたし、今度10%還元キャンペーンが実施されることを過度に期待してもいいのか疑問があります。

(参考)

ドコモ口座VIsaプリペイド7%キャンペーン


そういう意味では、今回のキャンペーン、ポイント遊びとしては面白味が少ないのかなと思いました。


【実践例】ドットマネーからドコモ口座へ8万ポイント交換


ポイント遊びとして面白味が少ない・・・とは思いましたが、25%増量キャンペーンはやはり魅力。


活用できるポイント残高があり、ドコモ口座を持っている方が参加することを否定するものではありません。


そして、現在カップは、docomo回線を契約しており、ドコモ口座を持っています。


ということで、カップも、先ほどドットマネーから8万ポイントをドコモ口座へ交換してしまいました( `ー´)ノ

ドットマネーからど主口座へ8万円交換


8万円分のポイントが10万円に♪


他の銀行口座に払出しても手数料216円(みずほ銀行なら108円)で済みますから、差し引き19,784円の小遣い稼ぎ。この19,784円については、ちょっと無駄遣いしてもいいかも!


マイルに限らずポイント遊びって、ホント、楽しいですね。

スポンサーリンク



飛行機旅行格安・身近に|ハピタスからのソラチカルートでライフチェンジング

4月は札幌に遊びに行きました。学生時代の友人に会って、飲むだけのために・・・。そして5月は沖縄に遊びに行きます。主たる目的は日頃の仕事のストレスから解放されて、リゾート気分を味わうこと。友人と二人で行きますのでいつもの節約旅行ではありません。マリオットオキナワリゾート&スパとダブルツリーヒルトンに宿泊して全力でリラックスすることを目的としています。一介のサラリーマンが毎月のように旅行しているのって...

初心者だからできるANAマイル錬金術で国際線ビジネスクラスに乗る方法

ANAマイレージクラブで国際線ビジネスクラスに搭乗するには何マイル必要でしょうか。 直行便で考えると、 東南アジアなら55,000マイル~63,000マイル 北米なら75,000マイル~90,000マイル 欧州なら80,000マイル~95,000マイル シーズンによって必要マイル数が異なります。 でも、とりあえず10万マイルあれば、好きなところに行けると思いませんか? 本日は、初心に...