スポンサーリンク

大磯プリンスホテル

湘南の海沿いに立つ大磯プリンスホテルが昨年リニューアルした。

もともと大磯プリンスホテルは、併設された大磯ロングビーチが魅力のリゾートホテル。カップルや家族向けの旅行にお勧めできるホテルだ。

この記事では大磯プリンスホテルの魅力を解説し、どこよりもお得に泊まる方法をお伝えします。夏休みのプランをまだ立てていないあなたには興味を持っていただけるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

大磯プリンスホテルリニューアル


大磯プリンスホテルは昨年「大人の通年リゾート」として大幅リニューアル。太平洋を望む南国リゾートとして生まれ変わりました。


新施設「THERMAL SPA S.WAVE」がすごすぎる


今回のリニューアルは、新施設「THERMAL SPA S.WAVE」が目玉になっています。


温泉フロアとスパフロア2つのエリアがあるTHERMAL SPA S.WAVE。一体どんなところなのでしょうか。


温泉フロアでは自家源泉の「大磯温泉」を楽しめ、スパフロアではインフィニティプールや温度の異なる4種のサウナ、ジェットバスなどが設置されています。


3階 温泉フロア
内風呂 / 露天風呂 / プライベートスパ「FUJI」「OSHIMA」


温泉


温泉フロアの超おすすめ施設がプライベートスパ。

プライベートスパ

  FUJI OSHIMA
定員/おとな6名 定員/おとな3名
1日 ¥100,000 ¥50,000
1時間 ¥8,000 ¥5,000
3時間 ¥18,000 -


通常の利用料金の外に上記の利用料が加わりますが、FUJIの3時間コースは、18,000円で、ラウンジと2名さままで受けられるトリートメントルームが付属しています。正面に広がる太平洋のほか、トリートメントルームからは富士山も望むことができます。


ただの個室露天風呂ではないのです。( ー`дー´)キリッ


4階 スパフロア
インフィニティプール / ジェットバス / エクスペリエンスシャワー / パノラミックサウナ / フィンランドサウナ / テピダリウム / 岩盤浴 / アイスルーム / クールバス / サーマルテラス / フジテラス / ファイヤープレイス / バー / トリートメントルーム


スパ


そして一つ上のフロアにはスパフロアがあります。


水平線に溶け込むようにデザインされたインフィニティプールだけでなく、湘南の風を感じながら目の前に広がる太平洋を一望できるジェットバスもあり、リラックスできる環境が整っています。


ただし、4階スパフロアには中学生未満のお子様は入場できません。家族旅行のときは、あらかじめお含みのうえご利用ください。夏場であれば、インフィニティプールはお子様たちにとっては魅力的でしょうが、ここは、大人のリゾートと割り切って、お子さんは上手に隣にある大磯ロングビーチに誘導しましょう。


大磯ロングビーチで遊ぶ


海水浴の人気が低迷すると反比例して人気急上昇中なのがプール遊びです。大人に話題なインスタ映えに象徴されるナイトプールだけが人気なのではありません。海と違い、べとつかない、安全なプールは子供たちも大好きな遊び場といえるでしょう。

大磯ロングビーチ

スパと違い大声で騒げる大磯ロングビーチは、子供だけでなく大人でも、もちろん楽しめます。太平洋にダイブするような気分を味わえるスライダーは、一度滑れば何度でもトライしてみたくなります。大磯プリンスホテルの人気もまた急上昇である理由が分かる気がします。


かつて(って明治時代?)避暑地ランキング第1位に輝いたこともある大磯。大磯プリンスホテルリニューアルによって都心から近いリゾート地として再び注目を集めることになりそうです。東京からは、伊豆、箱根よりも近く、アクセスも車だけなく、湘南新宿ラインで新宿駅から約1時間10分と便利です。


もちろん、大磯駅からも、路線バスで約13分、またはタクシーで7分(約¥1,400)ということですから週末リゾートのプランを考えている方には大磯プリンスホテルはおススメなホテルです。




大磯プリンスホテル宿泊特典


上記で紹介した「THERMAL SPA S.WAVE」と「大磯ロングビーチ」はホテルに宿泊しなくても利用することはできますが、もちろん宿泊者には特典があります。

「THERMAL SPA S.WAVE」が無料!?


まず、「THERMAL SPA S.WAVE」ですが、通常の利用料金(入場のみ)は以下の通りです。

一般
おとな ¥4,500 / 小学生 ¥2,000 / 未就学児 無料

SEIBU PRINCE CLUB会員
おとな ¥3,800 / 小学生 ¥1,500

SEIBU PRINCE CLUB会員だと、20%以上割引されるのは嬉しいですね。SEIBU PRINCE CLUB会員は無料で登録することができますから、大磯プリンスホテルに宿泊しないで「THERMAL SPA S.WAVE」のみを利用したいと思われる方も登録はマストです( `ー´)ノ


しかし、大磯プリンスホテルに宿泊している方は、通常一人4500円もするこの施設の利用が、ご宿泊者さま特典で無料になります。 ※別途おとなのみ入湯税¥150が必要です。


チェックイン前・チェックアウト後の利用だと、おとな ¥2,000 / 小学生 ¥1,000必要ですが、これも、とある裏技で無料にすることができるかもしれません。とある裏技とは、SEIBU PRINCE CLUBカード セゾンを所有して無料レイトチェックアウトを受ける方法や、SEIBU PRINCE CLUBカード セゾンゴールドを所有して、3アワーズフリープログラムの適用を受けることです。


【参考】

SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン|旅好きが持たない理由なし

SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン、今年発行したカードの一枚です。年会費無料なのに、旅好きに見逃せない特典があるSEIBU PRINCE CLUBカードセゾン、あなたはもうお持ちですか?カップは7月に家族旅行で大津プリンスホテルに宿泊しましたが、SEIBU PRINCE CLUBカードセゾンを持っていたおかげで無料でレイトチェックアウトを受けることができました。年会費無料のクレジットカードなのに、持っているだけでレイトチェックアウトを受...



カップルで利用するとき、チェックアウトが12:00と14:00では全然違いますよね?


チェックアウトが14時まで延長されていたら、2日目も午前中いっぱいはゆっくり寛げますから(^^)


「大磯ロングビーチ」が半額!?


大磯ロングビーチの利用額も、宿泊しない人は以下の料金になります。


一般
1日券
おとな ¥4,000 / 中・高生 ¥2,800 / 小学生 ¥2,200 / 未就学児(3歳以上) \1,000(7月は無料)

2時から割引券
おとな ¥2,400 / 中・高生 ¥1,800 / 小学生 ¥1,200 / 未就学児(3歳以上) \600(7月は無料)

SEIBU PRINCE CLUB会員
おとな ¥3,800 / 中・高生 ¥2,100 / 小学生 ¥1,700 / 未就学児(3歳以上) \850(7月は無料)


大磯プリンスホテル宿泊者は、大磯ロングビーチ入場料金が半額、さらに、幼児は無料になりますが、宿泊プランにはプール料金込みのものもありますから、予約をするときは、よく検討してください。





大磯プリンスホテルに激安!7,000円相当で泊まる裏ワザ


プリンスポイント宿泊券7000で予約


リニューアルした大磯プリンスホテル、通常2人でオーシャンニューの部屋に宿泊しようとすると、日程にもよりますが、比較的安い平日でも13,000円~5,000円ほどかかります。


しかし、ある方法を使えば実質7,000円相当のポイントで宿泊することが可能です。


その方法は、プリンスポイントを7,000pt貯めて、ツインご宿泊券7000【2名さま】に交換してから予約をするという手順を踏むのです。


プリンス宿泊券7000


大磯プリンスホテルは大人気ですので、宿泊券7000で予約できる日は下記以外とされていますが、例えば、月曜日に休みを取って、日・月の一泊二日なら可能ですよね?


【除外日】2018年1/1~2、4/28~5/5、7/14~8/25、12/29~31および休前日、湘南国際マラソン開催前日当日、メンテナンスクローズ日



先ほど紹介した大磯ロングビーチの営業時期である7月7日~9月17日の期間は残念ながらほとんど除外期間となされていますが、8月26日以降ならチャンスもあります。


その場合には、大磯ロングビーチの利用も宿泊者半額の特典よりも、こちらもプリンスポイントの交換商品であるプール入場券1000(1名さま)を使うと、よりお得に利用できます。


プール利用券1000


ただ、カップは、大磯プリンスホテルなら、「THERMAL SPA S.WAVE」でリラクゼーションを目的とした宿泊をお勧めしますので、大磯ロングビーチの利用は、必ずしもこだわる必要はないと思います。逆に言えば、「THERMAL SPA S.WAVE」ができる前までは、大磯プリンスホテルは大磯ロングビーチと切り離せないホテルだったと考えます。


プリンスポイント7,000ポイントを軽く貯める方法


大磯プリンスホテルにお得に泊まる方法がプリンスポイントを7,000ポイント貯めることだということがお分かりいただけたと思いますが、では、その7,000プリンスポイント、どのように貯めれば良いのでしょうか?


プリンスポイントは、通常プリンスグループでの利用額によって貯めることができますが、108円の利用ごとに1ポイントと、7,000ポイント貯めるには、756,000円もの利用が必要になります。


でも、すぐたまというポイントサイトでネットマイル14000netmile貯めれば、それだけでプリンスポイント7,000ポイントに交換できるってご存知でしたか?


例えば、すぐたまでは、年会費無料のエムアイカードを申し込み、入会翌月末までに1000円以上カード利用するだけで18,000netmileがプレゼントされるキャンペーンを開催しています。


すぐたま


18,000netmileは、プリンスポイント9,000ポイントに交換できますから、これだけで、宿泊券7000とプール入場券1000×2枚を申し込むこともできます。


ポイントサイトを上手に利用することで、最少経費で贅沢なひとときを過ごすことができるってこと、うまく伝わりましたでしょうか?


すぐたまに登録してみようと思われるかたは、当ブログからご登録いただけると嬉しく思います。


すぐたま 期間限定 ここから登録で600mile(300円相当)GET!


すぐたま登録についても、ちょっと上手に条件クリアすれば、それだけでネットマイル3,000mileがプレゼントされますから、余裕があれば挑戦してみてください。


プリンスポイント目的ですぐたま登録は、陸マイラーの間でも人気急上昇中です。あなたも乗り遅れずトライしてみてください(^^;


裏技の裏技|プリンスポイントを貯めるネットマイルに交換できるポイントサイト


さて、上記のようにすぐたまで貯めたネットマイルをプリンスポイントに交換したうえでプリンスホテル宿泊券をもらうと、どの旅行サイトで予約するよりも安く(というよりも無料!?)予約することができます。


しかし、世の中は広い。すぐたま(ネットマイル)⇒プリンスポイント⇒プリンスホテル宿泊券のポイント交換よりも、更にお得に泊まる方法があるのです。


それは、ネットマイルをすぐたまで貯めるのではなく、同じ案件で、より多くのポイントを稼げるポイントサイトで稼いだポイントをネットマイルに交換するという方法です。例えば同じカードを申し込むのでも得られるポイントが異なることがあります。


ネットマイルに等価交換できるポイントサイトを具体的に上げれば、モッピーとGetMoney!(げっとま)の2つがおススメです。


上記のエムアイカードの案件のようにすぐたまで大量ポイントを獲得できる案件ももちろんありますが、申し込むカードによってはモップ―やGetMoney!(げっとま)の方がお得です。


カップのおススメは、すぐたまに登録のうえ、さらにモッピーとGetMoney!(げっとま)にも登録してポイントを荒稼ぎしたうえですぐたま(ネットマイル)にポイントを集約することです。


そして、プリンスホテル宿泊券に必要な分だけネットマイルをプリンスポイントに移行して、プリンスホテル宿泊券をGetしましょう。


繰り返しますが、今回紹介した大磯プリンスホテルにも、たったの7,000円分相当のポイントで宿泊できるのです。


残念ながら夏休み期間は、そのほとんどがプリンスホテル宿泊券による予約の除外期間になっていますが、昨年新しく誕生したスパのおかげで大磯プリンスホテルは秋でも冬でも楽しめるホテルに変貌を遂げました。


スパが宿泊者なら無料で利用できるも、プリンスポイントでの宿泊客が爆発的に増える前までと考えるのが妥当であると考えます。


興味がある方は、すぐにも、モッピー、GetMoney!(げっとま)、すぐたま(ネットマイル)に登録して誰よりもお得にプリンスホテルに宿泊してくださいね。


モッピー登録するなら下記バナーから
モッピー


GetMoney!(げっとま)登録するなら下記バナーから
お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!


すぐたま登録するなら下記バナーから
無料ですぐ貯まる!ポイントサイトすぐたま

スポンサーリンク



飛行機旅行格安・身近に|ハピタスからのソラチカルートでライフチェンジング

4月は札幌に遊びに行きました。学生時代の友人に会って、飲むだけのために・・・。そして5月は沖縄に遊びに行きます。主たる目的は日頃の仕事のストレスから解放されて、リゾート気分を味わうこと。友人と二人で行きますのでいつもの節約旅行ではありません。マリオットオキナワリゾート&スパとダブルツリーヒルトンに宿泊して全力でリラックスすることを目的としています。一介のサラリーマンが毎月のように旅行しているのって...

初心者だからできるANAマイル錬金術で国際線ビジネスクラスに乗る方法

ANAマイレージクラブで国際線ビジネスクラスに搭乗するには何マイル必要でしょうか。 直行便で考えると、 東南アジアなら55,000マイル~63,000マイル 北米なら75,000マイル~90,000マイル 欧州なら80,000マイル~95,000マイル シーズンによって必要マイル数が異なります。 でも、とりあえず10万マイルあれば、好きなところに行けると思いませんか? 本日は、初心に...