スポンサーリンク

ホテルリリーフ札幌すすきの


札幌のビジネスホテルに1960円で宿泊することができました。

ホテルリリーフ札幌すすきの、カプセルホテルではありませんよ(^^)

なぜ、こんなに安い価格で宿泊できたかというと、一休のおかげです。


詳しくは、札幌すすきの格安ホテルを予約 をご覧ください。


一休はときどきすごいクーポンを無料で発行してくれますから、登録だけでもしておきましょう。


もちろん、ホテル宿泊予約時に利用できるクーポンは一休のみではありません。


楽天トラベルでも、お得なクーポンはありますからホテル宿泊予約時は要チェックですよ。


楽天トラベルお得なクーポン祭!

楽天トラベルクーポン祭り

スポンサーリンク

ホテルリリーフ札幌すすきの


お部屋紹介


今回宿泊したホテルリリーフ札幌すすきのは、宿泊する日によって価格が変動します。実際どれくらいの金額で泊まれるのでしょう。


楽天トラベルで検索すると、一人で宿泊するときは安いときで4000円というところでしょうか。



カップが予約した一休でもそれは同じです。あとは、割引クーポンによって宿泊するサイトを選ぶというのが賢い方法ではないでしょうか。


で、ホテルリリーフ札幌宿泊ですが、お部屋の様子は次の通り。

ホテルリリーフ札幌すすきの②

ホテルリリーフ札幌すすきの③

ホテルリリーフ札幌すすきの④

ホテルリリーフ札幌すすきの⑤

部屋はコンパクトですが、必要最低限のものはそろっていますし、ベッドのマットレスも快適。一人で宿泊するのに不満はありませんでした。


大浴場紹介


ホテルリリーフ札幌すすきのの大きな特長として大浴場があげられます。


1回にある大浴場はひとつであり、時間帯によって男女入替制になっています。女性の方はちょっと利用しにくいのではないかなと思いましたが、女性利用の時間帯は入室にパスコードが必要であり、一定の配慮はされています。(でも、嫌がる人多いと思うけど。カップの考え過ぎかな(;'∀'))


ビジネスホテルの大浴場にしては広さもあり、カップは午後6時の一番風呂を狙い、快適に過ごしました。

ホテルリリーフ札幌すすきの⑥

ホテルリリーフ札幌すすきの⑦

ホテルリリーフ札幌すすきの⑧


そして湯上り後は、同じフロアにあるロビーでウエルカムドリンクを頂きます。


ホテルリリーフ札幌すすきの⑨


ホテルリリーフ札幌すすきの、カップにとって、満足な宿泊なりました。宿泊料金が一休の割引クーポンで1,960円で済んだのが大きいですね(^^♪


『すすり』のすぐそば


もう一つこのホテルが気に入った理由は、近くにあるラーメン屋さん『すすり』さん。札幌ラーメンではありませんが、

すすり


千原ジュニアさんの行きつけのお店らしいです。


行きつけの定義はしりませんけど(^^;


あっさり系のラーメン。カップも気に入りました。


すすり②

すすり③

次回は塩にも挑戦したいと思います(^.^)


格安ホテル予約は楽天トラベルやじゃらんネットだけでなく、一休も忘れてはいけませんね。どういうタイミングでクーポンをいただけるのかは分かりませんけど、何かしらの法則を見つければますます利用しやすくなりますね(^^♪


札幌すすきの格安ホテルを予約

エアアジアのバーゲンが魅力で札幌に行くことになりました。往きはマイラーらしく特典航空券ですが、帰りはエアアジアの格安チケットです。ここ数年毎年4月に札幌に出かけるのが通例になっていますがマイルを貯めているからこそいつでも気軽に旅行ができるのです。ときにはLCCも利用しつつ、お財布に優しい旅行プランを目指します。...


【北海道ラーメン探訪】無化調の「淡麗中華そば」が話題沸騰中! 札幌『すすり』は和え玉も激ウマな人気店 | ロケットニュース24

福島県「喜多方ラーメン」、福岡県「博多ラーメン」に並び、日本の三大ラーメンのひとつとされる北海道「札幌ラーメン」。中太縮れ麺に、豚骨ベースのこってりした味噌ス …

スポンサーリンク



飛行機旅行格安・身近に|ハピタスからのソラチカルートでライフチェンジング

4月は札幌に遊びに行きました。学生時代の友人に会って、飲むだけのために・・・。そして5月は沖縄に遊びに行きます。主たる目的は日頃の仕事のストレスから解放されて、リゾート気分を味わうこと。友人と二人で行きますのでいつもの節約旅行ではありません。マリオットオキナワリゾート&スパとダブルツリーヒルトンに宿泊して全力でリラックスすることを目的としています。一介のサラリーマンが毎月のように旅行しているのって...

初心者だからできるANAマイル錬金術で国際線ビジネスクラスに乗る方法

ANAマイレージクラブで国際線ビジネスクラスに搭乗するには何マイル必要でしょうか。 直行便で考えると、 東南アジアなら55,000マイル~63,000マイル 北米なら75,000マイル~90,000マイル 欧州なら80,000マイル~95,000マイル シーズンによって必要マイル数が異なります。 でも、とりあえず10万マイルあれば、好きなところに行けると思いませんか? 本日は、初心に...

 カテゴリ
 タグ