スポンサーリンク

希望の灯ははまだ消えてないと信じる女性

2018年1月に陸マイラーをおそった衝撃的ニュース。

それは、ソラチカルートの閉鎖。

ポイントサイトで貯めたポイントを90%の高還元率でANAマイルに交換できるソラチカルートも2018年4月以降は、メトロポイントへの交換停止により、終了しました。

陸マイラーにとってソラチカカードは、もう無用の長物と化したのでしょうか。

カップはあえて "否" と声をあげたい。

スポンサーリンク

ソラチカカードが今後も重要な理由


メトロポイントからANAマイルへの交換ルート


初めにはっきり申し上げたいことは、2018年4月以降もソラチカカードを有する方は、メトロポイント⇒ANAマイルの交換を90%のレートで行えるということです。


従来よりソラチカルートを活用されている方の中には、すでにメトロポイントを毎月2万ポイントANAマイルに交換するために、有効期限いっぱいいっぱいの48万ポイントの意向を完了している陸マイラーもいます。


4月以降加算されたメトロポイントの有効期限は、2020年3月ですから、貯めた48万ポイントは、2年間でANA432,000マイルに交換できるということになります。(もちろん2年間制度改悪がないという前提ですが・・・)


PeX、ドットマネー、ネットマイルを経由した他のポイントサイトからメトロポイントへの集約ルートは閉じられましたが、現在移行済のメトロポイントをANAマイルに交換する上でソラチカカードは、なお重要なカードであることは変わりません( ー`дー´)キリッ


LINEポイントからメトロポイントへの交換ルート


また、他サイトのポイントをメトロポイントへ移行するルートがすべて閉鎖されたわけでもありません。


今、ANA陸マイラーの間でもっとも話題になっている新ソラチカルートとは、


LINEポイント⇒メトロポイント⇒ANAマイル です。


従来型のソラチカルートに比べ、LINEポイント⇒メトロポイントの段階でポイント数が90%に目減りしてしまいますから、上記のルートでのANAマイル交換レートは結果的には81%になります。


81%のレートは確かに従来型の90%に比べれば残念なレートですが、ANAマイル1マイルの価値を考えれば、錬金術であることには変わりません。


マイルの価値を1マイル5円、10円で計算しようというわけではありません。


仮にANAカードのゴールド以上をお持ちの方であれば、5万マイルを7万5千スカイコインに交換できますから、1マイル1.5円で計算してみましょう。


10万円分のLINEポイントが、ANA81,000マイルになり、それをスカイコインに交換すれば121,500コインになります。


今の時代、ポイント交換の作業をするだけで、10万円分のポイントを、12万円分以上の価値あるポイント(コイン)に交換できるといえば、これを錬金術と言わずになんといえばよいのでしょうか。


ソラチカルートは、まだ、確実に生きているとカップは断言します。


とはいっても、ソラチカルートの起点となるLIENポイントを爆発的に貯めなければ、ソラチカカードの存在意義は半減します。次にLIENポイントを大量に貯める方法を伝授しましょう。


LINEポイントを恐ろしいほど貯める方法


Gポイントに注目


それは、Gポイントというポイントサイトに注目することです。


Gポイントは、LINEポイントに交換するには手数料が必要になりますから、一見、Gポイント⇒LINEポイントの交換でポイント価値が目減りするように思えます。


しかし、Gポイントのサービスを利用することによって、その手数料はポイントバックされますからGポイントからLINEポイントへの交換手数料は、実質無料といえるとカップは考えます。


手数料を実質無料にするGポイント利用の条件は、決して高くありませんし、カップのようにある方法を使えば、意識してGポイントを使わなくても、いつでもポイント交換手数料実質無料にすることができます。


その方法は、以前の記事でご確認ください。


Gポイントの交換手数料を無料にする方法

ソラチカルート改悪のニュースがANA陸マイラーの間で流れたのが1月9日。改悪後のANAマイルの貯め方についての課題はANA陸マイラー共通の議論になりました。カップが選ぶ方法は、とりあえず既存のポイントを3月末までにメトロポイントにポイント交換。その後は、LINEポイントに集約してメトロポイントへ交換するというもの。ソラチカルート改悪後の準備編|どっちの交換ルートにするの?2018年1月9日、陸マイ...


2018年4月以降もソラチカルートを活用したいと考えるあなたにGポイントの登録はマストです。


忘れないうちに登録しておきましょう。


Gポイントに登録するなら下記バナーからお願いします。
Gポイント


モッピーにも注目


今後のANA陸マイラーは、GポイントとLINEポイントを使うのが主流になりそうな予感がします。


しかし、陸マイラーはときに、ポイントを稼ぐことに貪欲にならなければなりません。


クレジットカードの発行やFX口座の開設などでマイルに交換するために大量のポイントを獲得する必要がありますが、その選択肢がGポイントのみになると少し心もとないと感じrます。


あまり多くのポイントサイトを使うことに対してカップは決して積極的な考えではありませんが、それでもいくつかのサイトは登録した方が良いと思います。


その一つが、陸マイラー向けの企画をバンバン出しているモッピーです。


ANAマイラーだけでなく、JALマイラーにとっても企画盛りだくさんのモッピーへの登録は忘れてはいけません。

JALマイル直結!モッピールートで目指すJALファーストクラス

陸マイラーの皆様にとっての目標ってなんですか?JGC修行?SFC修行?2018年SFC修行をしているカップが言うのもアレですが、上級会員を目指すのにマイルは必要ありません。マイラーの目標は、国際線ファーストクラス、ビジネスクラスであって欲しいと願うカップです。...


JALでもANAでも、陸でマイルを貯めるなら、モッピー登録は避けては通れません。


モッピーに登録を勧める理由は、これから述べますが、まずは、登録の手続きをお願いします。
モッピー


ご登録、ありがとうございます。


では、さっそくモッピーが陸マイラーに必要な理由についてお話しさせていただきます。


それは、新ソラチカルートと呼ばれるGポイント⇒LINEポイント⇒ANAマイルの起点になるGポイントヘモッピーポイントは等価交換することができるからです。


Gポイント⇒LINEポイント⇒ANAマイル の交換ルートに比べ、ひと手間増えますが、モッピー⇒Gポイント⇒LINEポイント⇒ANAマイル のルートを活用すれば、ソラチカルートをもっともっと有効に使えるものとカップは考えます。


ちょびリッチにも注目


同じ理由でおススメしたいポイントサイトがちょびリッチです。


2018年4月から、ちょびリッチのポイントも、Gポイントへの等価交換のルートを開通しました。


ちょびリッチ⇒Gポイント


これは、ポイントサイトの運営において、陸マイラーは主要な顧客層として認識されている現在、ちょびリッチ側の陸マイラー向けの戦略といえるのですが、カップは、むしろ、他のポイントサイトからもGポイントが今後の陸マイラーのキーとなるポイントサイトと認識されていることの証明であると印象を受けました。


やっぱり、陸マイラーにとって、Gポイントへの登録は、避けることはできませんね。


再度のお願になりますが、Gポイントに登録するなら下記バナーからお願いします。
Gポイント


そして、そのGポイントに目をつけた、ちょびリッチも、まだ登録されていない方がいらっしゃいましたらこれを契機にご登録くださいませ(*^_^*)


サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ


これで、あなたもANAマイルを貯めるための準備ができました。あとは、大量ポイントを獲得できるポイントサイトの広告をうまく攻略していけば、一年で10万マイル貯めることも夢ではありません。


いやいや、夢でないことは当たり前、年間10万マイル以上貯められることは約束されたようなものだとカップは、考えます。


もちろん、ソラチカカードは必須ですよ!!!


これを最初につくっておくことも忘れないでくださいね。








よくある失敗に、最初にソラチカカードをつくらずに、ポイントサイト経由で大量ポイントを獲得することができるクレジットカードばかりつくり、カードの多重申し込み者としてマークされ、いざポイントが貯まったのでソラチカルートを使おうと思っても、ソラチカカードの審査に落ちてしまうというものがあります。


陸マイラー失敗アルアルの典型ですからくれぐれもご用心ください。


ソラチカカードは、ANA陸マイラーになろうと決めたとき、初めにつくっておくべきクレジットカードであることを重ねて申し上げます。








まとめ|ソラチカルートは封鎖ではなく改悪されただけ


2018年4月以降、ソラチカルートは確かに3月までと比べてお得さは色褪せました。


しかし、Gポイント⇒LINEポイント⇒メトロポイント のルートを活用することで渋滞のようにポイントサイトを利用したマイルを貯める陸マイラーにとってはまだまだ効率的にANAマイルを量産する方法として生きています。


キーを握るのはLINEポイントでしょうか。


LINEポイント自体が最強のポイントサイトになることによって、ソラチカルートは輝きを取り戻すことも考えられます。

スポンサーリンク



飛行機旅行格安・身近に|ハピタスからのソラチカルートでライフチェンジング

4月は札幌に遊びに行きました。学生時代の友人に会って、飲むだけのために・・・。そして5月は沖縄に遊びに行きます。主たる目的は日頃の仕事のストレスから解放されて、リゾート気分を味わうこと。友人と二人で行きますのでいつもの節約旅行ではありません。マリオットオキナワリゾート&スパとダブルツリーヒルトンに宿泊して全力でリラックスすることを目的としています。一介のサラリーマンが毎月のように旅行しているのって...

初心者だからできるANAマイル錬金術で国際線ビジネスクラスに乗る方法

ANAマイレージクラブで国際線ビジネスクラスに搭乗するには何マイル必要でしょうか。 直行便で考えると、 東南アジアなら55,000マイル~63,000マイル 北米なら75,000マイル~90,000マイル 欧州なら80,000マイル~95,000マイル シーズンによって必要マイル数が異なります。 でも、とりあえず10万マイルあれば、好きなところに行けると思いませんか? 本日は、初心に...