スポンサーリンク

ヒルトンガーデンインクアラルンプール

2018年SFC修行の一環としてANA機でクアラルンプールを往復しました。SFC修行と言ってもカップにとっては年数回の貴重な海外旅行の機会ですから、時間がないと言っても現地で一泊は宿泊します。

予約したホテルは、ヒルトンガーデンインクアラルンプール。ヒルトンに格安で泊まれるという話 でお話ししたセール利用の予約です。

本日はヒルトンガーデンインクアラルンプールに宿泊したときの様子と今回の宿泊によって得られたヒルトンポイントについての情報を提供します。

スポンサーリンク

ヒルトンガーデンインクアラルンプール宿泊体験記


【KLモノレール】チャウ・キットから徒歩約5分


クアラルンプール国際空港から市内へはエアポートバスを利用しました。KLセントラルという主要駅まで10リンギット(約270円)。


そこからは、KLモノレールを利用します。


KLモノレール


チャウ・キットの駅からはクアラルンプールの象徴的な建物であるペトロナスツインタワーを見ることもできます。


ペトロナスツインタワー


ヒルトンガーデンインクアラルンプールには、チャウ・キットから南へ徒歩約5分というところでしょうか。時刻にして午前9時。さすがにこの時刻でアーリーチェックインは難しいかな・・・と思い、フロントに尋ねると、「本日は満室ですのでチェックインは3時からになります。」との案内です。


満室というのは言い過ぎではと思いましたが、案内通り出直すことを伝え、荷物だけ預けて市内観光に出かけます。


下手に部屋を用意してもらって寝落ちなどしてしまってはもったいないので、かえって良かったかもしれませんね。


その後観光して、少し早めにホテルに戻ったのが午後2時頃だったでしょうか。チェックイン時に「ご希望のお部屋は?」と聞かれてカップは、「どの部屋でもOKです。」と答えました。思えばこの回答が誤りのはじまりです。


ヒルトンガーデンインクアラルンプールは、東側の部屋からならペトロナスツインタワーを望むことができるみたいですから、本当は、遠慮せずペトロナスツインタワーを見ることができる部屋とリクエストすればよかったと後悔しています。


カップが案内された部屋は10階のの西側の部屋です。ヒルトンのダイヤモンドメンバーですから、何も言わなくてももうちょっと高層階に案内されると思っていたので正直残念に感じました。西側の部屋の窓からは、モノレールが見れますが、面白味のある景色ではありません。


カップのように帰国してから愚痴るようではみっともないので、読者様がもしヒルトンガーデンインクアラルンプールに宿泊する機会がありましたら、例え上級会員でなくても「ペトロナスツインタワーの見える部屋」とリクエストしてみましょう(^o^)/


コスパにこだわるならお勧め!なヒルトンガーデンインクアラルンプール


さて、部屋のリクエストは上手くできなかったカップですが、ヒルトンガーデンインクアラルンプールの宿泊について文句はありません。


その理由は・・・・


ヒルトンガーデンインクアラルンプールの宿泊料金


ご覧の通り宿泊料金が4,359円と激安だからです。その他に宿泊税10リンギット(約280円)必要でしたが合わせても5千円未満です。


カップは、ヒルトンダイヤモンドメンバーですので、素泊まりの予約をしても朝食を頂けますし、部屋からペトロナスツインタワーが見えないといって文句を言える立場ではないかなと思います。リクエストしなかったのは自分の責任ですし・・・。


ちなみに、カップが宿泊した部屋は、こんな感じです。

ヒルトンガーデンインクアラルンプールの部屋①


TVも十分の大きさですし、

ヒルトンガーデンインクアラルンプールの部屋②


バスルームも清潔です。

ヒルトンガーデンインクアラルンプールの部屋③


あえて注文をつけようとするならバスタブがないのが残念ということくらいですが、4,359円の部屋なのだから仕方ありません(^^;

ヒルトンガーデンインクアラルンプールの部屋④


マレーシアということで、BFタイプの電源プラグも持っていきましたが、部屋には1か所マルチタイプのコンセントもありましたから助かりました。(ベッド脇のコンセントでは変換プラグが必要でしたが、変換プラグなしで利用できるコンセントも部屋に1つありました。)


コンセント① コンセント②


朝食も種類が多く、スタッフさんのサービスも良かったです(^^;


ヒルトンガーデンインクアラルンプールのレストラン


朝食


ヒルトンダイヤモンドメンバーなら4,556ポイント獲得


今回宿泊したヒルトンガーデンインクアラルンプールは、1泊4,359円で宿泊できましたが、帰国後付与されたポイント数をみて驚きました。


ヒルトンポイント


なんと、4,359円で宿泊して獲得できたヒルトンポイントは、4,556ポイントです。


ヒルトンポイントは1ptあたり0.3円~0.6円と言われていますが、上手な使い方をすれば1pt1円以上で使うことも可能です。


もし、1pt1円で利用できれば、今回の宿泊は100%ポイントバック案件ということになりますよね?


もちろん、1pt1円で使う方法は限られるのですが、例えば、ダブルツリー・バイ・クアラルンプールにポイント利用で宿泊すると10,000ptで宿泊できます。料金は、もちろん宿泊日によって異なるのですが、多くの場合1万円程度必要であることから考えると、ヒルトンポイントも1pt1円以上の価値で利用できる方法はあるといえるでしょう。


ただ、ヒルトンポイントの利用については、1ptあたりの価値をあまり追及すると利用しづらくなるリスクがあるかもしれません。例え1pt0.3円での利用であっても、将来の改悪リスクも考慮すれば、使えるときに使ってしまう方が賢明かもとも考えています。


いずれにしても、4,359円の宿泊で4,556ポイント獲得した今回のヒルトンガーデンインクアラルンプールは当たりだったと言えるのではないでしょうか。


ヒルトンポイント、まだまだ貯め方も使い方も勉強中ですが、マイル同様、面白味を感じています。カップは、ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパン【HPCJ】にも入会していますから海外だけでなく、国内のヒルトンについても、いろいろ研究していこうと思います( `ー´)ノ

スポンサーリンク



飛行機旅行格安・身近に|ハピタスからのソラチカルートでライフチェンジング

4月は札幌に遊びに行きました。学生時代の友人に会って、飲むだけのために・・・。そして5月は沖縄に遊びに行きます。主たる目的は日頃の仕事のストレスから解放されて、リゾート気分を味わうこと。友人と二人で行きますのでいつもの節約旅行ではありません。マリオットオキナワリゾート&スパとダブルツリーヒルトンに宿泊して全力でリラックスすることを目的としています。一介のサラリーマンが毎月のように旅行しているのって...

初心者だからできるANAマイル錬金術で国際線ビジネスクラスに乗る方法

ANAマイレージクラブで国際線ビジネスクラスに搭乗するには何マイル必要でしょうか。 直行便で考えると、 東南アジアなら55,000マイル~63,000マイル 北米なら75,000マイル~90,000マイル 欧州なら80,000マイル~95,000マイル シーズンによって必要マイル数が異なります。 でも、とりあえず10万マイルあれば、好きなところに行けると思いませんか? 本日は、初心に...

 カテゴリ
 タグ